リカバリしたときの復旧のお話し(最終回)

(8)Internet Explorer(IE)の復旧
IE 8のお気に入り等はエクスポート機能によりUSBメモリにバックアップしていたので、インポート機能により復旧しました。

IE 8を起動します。
d0181824_15283539.jpg
①メニューバーの[ファイル]をクリックし出てきたメニューの中の[インポートおよびエクスポート]をクリック

d0181824_15341734.jpg
②インポート/エクスポート設定画面で[ファイルからインポート]を選択し、[次へ]をクリック

d0181824_1538291.jpg
③インポートする項目にチェックを入れて[次へ]をクリック
d0181824_154238100.jpg
④どこからどこへインポートするか聞いてきますので、USBメモリからインポートするよう[参照]をクリックして指定します。指示に従ってすべて設定します。

d0181824_15491462.jpg⑤最後に[インポート]をクリックして復旧終了です。


(9)筆ぐるめ(年賀状ソフト)の住所録の復旧
私は年賀状ソフトとして、「筆ぐるめ」を使っています。
住所録は毎年年賀状を書き終えるとバックアップを取るようにしています。
今回は修理に出す前にUSBメモリにバックアップをとりましたので、そのデータを使って復旧することにしました。
「筆ぐるめ」を起動し、住所録の画面を出します。
d0181824_16251234.jpg
①メニューバーの[ファイル]をクリックし、出てきたリストの中の[バックアップ住所録を戻す]をクリック。

d0181824_17154285.jpg
②ファイルの場所をリムーバブルディスク(USBメモリ)に指定し、筆ぐるめ住所録を選択して[開く]をクリック。

d0181824_16512386.jpg
しかし出てきたのは左のエラーメッセージでした。
筆ぐるめが強制終了してしまいました。
何度もトライしてもダメでした。

ハードディスクの故障の影響かここに出ていたのです。
昨年末にバックアップした住所録で復旧することが出来ましたが、
こんなところに落とし穴がありました。

【まとめ】
新しいパソコンはバックアップ機能が充実しています。
しかし、バックアップを実行しておかなければ何の役にも立ちません。
万が一に備えて大切なデーターは定期的にバックアップを取るように習慣付けたいものです。
また、保存したフォルダとファイルの名前を忘れてしまっても復旧はできません。しっかり記録しておくようにしましょう。

今回はWindows 7で説明しましたが他も考え方は同じです。お役に立てば幸いです。

by pc-otasukeman | 2011-03-10 17:58 | Comments(4)

Commented by ★元気ばば★ at 2011-03-12 08:32 x
筆ぐるめが強制終了してしまい何度もトライしてもダメでした。

それなのに・・・・・バックアップした住所録で復旧することが出来ました。
できないのにどうやってできたのですか?
Commented by パソコンお助けマン at 2011-03-12 09:23 x
★元気ばば さん
ハードディスクの異常は2月11日に発生。筆ぐるめ住所録は異常を抱えた状態の2月13日にバックアップしたものです。このバックアップデータが壊れていたということです。筆ぐるめの住所録は昨年末にもバックアップをとってあったので、それで復旧したのです。
バックアップの大切さをお知らせしたかったのです。
Commented by hisako-baaba at 2011-03-13 13:56
しばらくご無沙汰してましたら、地震の被害もなく、パソコンも元気に稼動、ほっとしました。
Commented by パソコンお助けマン at 2011-03-13 15:44 x
★ hisako-baaba さん
ありがとうございました。
パソコンもリカバリにより、購入時の元気に戻りました。また、困り事がありましたら、ご相談ください。
名前
URL
削除用パスワード

<< 震災地の皆様にお見舞い申し上げます    リカバリしたときの復旧のお話し(③) >>