Cドライブを丸ごとバックアップする(W8.1 編)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Windows 10 が気に入らなかったときに元通り復元できるよう、Cドライブを丸ごとバックアップしておきましょう。
Windows 10 をインストールする直前に実行します。

【Windows 8.1 Update のパソコンの場合】
【Cドライブの容量を調べる】
すべてのプログラムやデーターは「Cドライブ」というところに保存されています。
次の手順でCドライブの容量を調べます。
タスクバーにある[エクスプローラー]アイコンをクリックするとPC内のフォルダーが表示されます。
Cドライブは[Windows 8.1 (C:)]のことです。これを右クリックすると、リストが出てきますので、[プロパティ]をクリックします。
d0181824_10073206.jpg

「Windows 8.1(C)のプロパティ」が出ます。
この中の使用領域 (66.5GB)を記録してください。
d0181824_10074225.jpg

Cドライブの丸ごとバックアップとは66.5GBのデーターをそっくり外付けハードディスク(HDD)に保存するということです。

【バックアップを取る】
Cドライブの使用領域(66.5GB)以上のデータを保存できる外付けHDDをパソコンに装着します。
Windows ボタンを右クリックして、[コントロールパネル]をクリックします。
d0181824_17360466.jpg

コントロールパネルが開いたら、[ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存]をクリックします。
:表示方法は「カテゴリ」です。
d0181824_10403098.jpg

ファイル履歴の画面が出ますので、画面左下の[システムイメージバックアップ]をクリックします。
d0181824_17430840.jpg

システムイメージの作成画面がでますので、バックアップの保存先として外付けHDDを指定します
ここでは[ローカルディスク(G)]が外付けHDDです。指定したら[次へ]をクリックします。
d0181824_17484436.jpg

チェックボックスは初期状態のまま、バックアップの容量と外付けHDDの空きを確認して[次へ]をクリックします。
d0181824_17534707.jpg

内容を確認して[バックアップの開始]をクリックします。
d0181824_17552220.jpg

バックアップの保存が開始します。パソコンの性能、使用領域によって時間が違いますが、私のパソコンでは約15分かかりました。
d0181824_17570644.jpg

システム修復ディスクを作成をしますかとの画面が出たら[いいえ]をクリックします。
システム修復ディスクはWindows が起動出来なくなった時に使うものです。
購入時に作成しておくべきですが、まだ作成していない方はこちらを参考にして作成しておくことをお勧めします。
d0181824_15415476.jpg


[閉じる]をクリックして終了です。
d0181824_17583355.jpg

外付けHDDに保存されたフォルダーです。
d0181824_18004673.jpg


【Windows 7 の場合】
こちらをご覧ください。

【Cドライブを丸ごと復元】
検証してからお知らせします。
日経PC21の記事を掲載しておきますので、参照してください。
d0181824_11023363.jpg

by PC-otasukeman | 2015-07-25 11:11 | Comments(2)

Commented by ne at 2017-09-16 15:33 x
ありがとうございます。
Commented by PC-otasukeman at 2017-09-17 10:57
★ ne さん
お役に立ったということでしょうか。嬉しいです。
名前
URL
削除用パスワード

<< Windows 10 互換性の...    Windows 10 総力特集... >>