ライブメールをOffice Outlook 2013へ移行する(その4)

ページへページへページへ

【その4:受信済・送信済メールをOutlook 2013に移す】
最後は送受信メールの移転です。
移転の前に不要なメールは削除しておくと良いでしょう。
ライブメールでは公私2つのメールアカウントを使っています。双方の移転を実行してみます。
Outlook 2013 を開き、受信トレイを開きます。受信メッセージはまだありません。
「大川(guest)」が私用、「お助けマン(guest)」がブログ用です。
メニューバーの[ファイル]をクリックします。
d0181824_14113206.jpg

アカウント情報が開きます。
[アカウント設定]ボタンをクリックし、更に[アカウント設定]をクリックします。
d0181824_14041741.jpg

アカウント設定画面が出ます。[データーファイル]タブをクリックして開きます。
最初に「大川(guest)」をクリックして選択し、[既定に設定]をクリックします。
d0181824_14064329.jpg

注意メッセージが出ます。[OK]をクリックします。
d0181824_14072198.jpg

既定のマークが移ったのを確認して[閉じる]をクリックして準備ができました。
d0181824_14082808.jpg

Windows ライブメールを開き、受信トレイを開きます。テストメールが受信トレイにあります。
「大川(guest)」➡「Tg.commufa(・・)」、「お助けマン(guest)」➡「yahoo.co(・・)」に対応します。。
メニューバーの[ファイル]をクリックします。
d0181824_14384303.jpg

[電子メールのエクスポート]をクリックし、[電子メールメッセージ]をクリックします。
d0181824_14401604.jpg

プログラムの選択画面で[Microsoft Exchange]を選択して[次へ]をクリックします。
d0181824_14512878.jpg

[OK]をクリックします。
d0181824_14515994.jpg

[選択されたフォルダー]にチェックを入れ、
Tg.Commufa(・・)の受信トレイ、フォルダー、送信済みアイテムを選択し、[OK]をクリックします。
(Ctrlキーを押しながらフォルダをクリックすると複数選択できます)
重要:一つのアカウントだけ選択すること
d0181824_14533425.jpg

Outlook 2013にエクスポートされました。[完了]をクリックして終了です。
d0181824_15145117.jpg

Outlook 2013を起動します。受信トレイ、フォルダー、受信済アイテムがそっくり移りました。
重要:エクスポートされたメッセージは既定のデーターファイルに入る仕組みになっています。
ステップ③とステップ⑩は対応したアカウントでなければなりません。
また、途中エラーが発生した時はステップ⑥からやり直してください。ただし、正常に移った分は2重になりますので、削除が必要です。
d0181824_15163853.jpg


「yahoo.co(・・)」➡「お助けマン(guest)」についてもステップ②~⑫を実行します。
ステップ
d0181824_15263336.jpg

ステップ
d0181824_15270901.jpg

ステップ
d0181824_15274090.jpg



by PC-otasukeman | 2017-12-04 16:33 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< ユーチューブの埋め込みコードの...    ライブメールをOffice O... >>