2011年 03月 15日 ( 1 )

災い転じて福となす

不幸な出来事があっても、機転をきかせてそれにめげずに幸せを掴む事というような意味のことわざ。
「身に振りかかった災いをうまく活用して幸福に変えなさい」と理解しています。
日本は大昔から地震・津波・台風等の災いをバネにして強くなってきました。
今回の未曾有の災いもそうなると信じております。
被害は甚大ですが、早くも被災者の口から「復興」の言葉が聞かれるようになりました。。時間がかかると思いますが、前向きに受け止め頑張って頂きたいと願うばかりです。私たちも出来ることから支援したいものです。
さて、今日のタイトルですが、実は11日の投稿で準備していたものです。
リカバリを余儀なくされたハードディスク障害。
パソコンライフでは最大の災いです。
バックアップとリカバリ、そして復旧作業の3点セットは体験したくてもできるものではありません。私は貴重な体験のチャンスと捉え、まさに「災い転じて福となす」との思いで対処しました。
その結果、新しい発見もあり、知識と技術を更に深めることができました。
次の2点は「災い転じて福となす」に相応しいものです。
①「ファイル」、「フォルダ」、「バックアップ」、「リカバリ」、「システムの復元」、「復旧」、等、コンピューター用語の基本的な意味(定義)をしっかり理解することが如何に大切かを再確認できたこと。
②Windows Live Mail 2011と出会ったこと。

皆様にもご紹介していきたいと思っておりますので、お待ちください。

by pc-otasukeman | 2011-03-15 15:33 | Comments(2)