2018年 01月 04日 ( 1 )

Exif(エグジフ)データのお話

ページへページへページへ

画像ファイルのトラブルが散見されています。
いずれもExifを理解すれば解決する問題です。

Exif(エグジフ)とはデジタルカメラの画像を保存するために使われる画像のフォーマットです。
カメラの機種や画像の撮影情報が画像に埋め込まれています。
実際にどんな情報か見てみましょう。
下の画像はWindows10のエクスプローラで開いたものです。
エキサイトブログのAさん、Bさん、Cさんのブログから「名前を付けて保存」した写真が入っています。
d0181824_13484228.jpg

Cさんの初詣の写真を調べてみましょう。
Cさんの写真ファイルを右クリックし、出てきたリストの[プロパティ]をクリックします。
d0181824_13454797.jpg

Cさんのプロパティ画面が出てきますので、[詳細]タブをクリックして開きます。
ここに表示されたのがExifデータです。
どんな情報が入っているか見てみましょう。
まず、撮影日時が分かります。
2018年1月1日16時13分に撮った写真です。この時間はカメラや携帯に内蔵されたカレンダー時計の時刻です。
イメージでは写真のサイズ等が分かります。
d0181824_13322995.jpg

さらに、カメラの製造元やモデル名の他撮影条件が細かく記録されていることが分かります。
d0181824_13324211.jpg

EXIFバージョンも入っていますね。
d0181824_14190025.jpg

次が問題です。GPSによって計測された緯度・経度・高度が記録されています。
この写真はスマホかタブレットで撮ったのでしょう。この情報から撮影場所を容易に特定することができます。
自宅で撮った写真であれば、住所が分かってしまいます。くわばら、くわばらですね。
次の「ファイル」は自分の情報ですから問題ありません。
d0181824_13330389.jpg


Exifデーターに記録される内容は機器によって、Exifバージョンによって日々変化しています。
Facebook や Twitter などでは自動的にExif情報が削除されますが、残念ながらエキサイトブログでは削除されません。
思わぬトラブルに巻き込まれぬよう注意したいものです。

【Exif データの削除方法】
Exifデータを削除する専用ソフトが沢山あるようですが、ここでは専用ソフトを使わない方法をご紹介します。

【画像ファイルのプロパティ画面で削除する】
プロパティ画面の下の方にある[プロパティや個人情報を削除]をクリックします。
d0181824_14543086.jpg

プロパティの削除画面が出ますので、[可能なすべてのプロパティを削除してコピーを作成]を選択し[OK]をクリックします。
d0181824_14550005.jpg

撮影日時やGPS情報などが削除されたコピーができます。
この画像ならアップロードしても安心です。
d0181824_14573482.jpg


【画像加工ソフトで削除する】
名前を付けて保存するときに削除します。
【JTrimの場合】
加工が終わり名前を付けて保存します。
[ファイル]-[名前を付けて保存]をクリックbr>
d0181824_15440077.jpg

保存場所と名前をつけます。
[設定]をクリックします。
d0181824_15441107.jpg

保存オプションの画面が出ますので、
[Exifデータを保持する]のチェックを外し、必要に応じて[この設定を保存する]にチェックを入れて、[OK]をクリックする。
d0181824_15441910.jpg

保存場所と名前を確認して[保存]をクリックする。
d0181824_15443242.jpg


【PhotoScapeの場合】
加工が終わり名前を付けて保存します。
[保存]をクリックします。
d0181824_16111540.jpg

保存の画面が出ます。
[Exif情報を保持]のチェックを外し、[名前をつけて保存]をクリックします。
d0181824_16112389.jpg

名前をつけて保存の画面がでますので、保存場所と名前を決めて[保存]をクリックします。
d0181824_16113367.jpg

携帯で写真を撮ってブログに掲載している方は今すぐにチェックしてください。

by PC-otasukeman | 2018-01-04 16:56 | Comments(15)