<   2010年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧

HTML 具体例(2/2)追加

この投稿は前回投稿したブログ画面(ソースコード)をコピーして、新しい投稿画面に貼り付けたものです。
前回のソースコードと合わせて、じっくり見てください。
HTMLを少しでも理解していただければ幸いです。

HTMLの体験的な事例です。(エキサイトブログ)
10月28日のHTMLと29日を読んでからお読みください。
タグの詳細を知らなくても、原理・原則・基本を理解すれば、次のような遊びができました。
皆様もいろいろとトライして見てください。
(下記のソースコードは次回お知らせします)

この記事はエキサイトブログのマイブログにログインし、投稿画面で入力したものです。
(【HTML不使用】にはチェックが入っていませんのでHTMLで入力しています)

【事例1】文字の色を変える
次の赤字は「選択範囲をカラー化」の[赤ボタン】をクリックして付けたものです。
この文字は赤です。

表示色はr(red)、g(green)、b(blue)の3色の配合で作られています。
その配合割合を示したのがカラーコードです。
rgb(255,0,0)が赤、rgb(0,255,0)が緑、rgb(0,0,255)が青であり、各色は0~255の256通りの指定ができます。
rgb(255,255,255)が白、rgb(0,0,0)が黒です。光の三原色の原理ですね。

次の②、③、④は①のソースコードのカラーコードを直接変更して色を変えています。
この文字は緑です。
この文字は青です。
この文字は黒です。

【事例2】文字のフォントを変える
次の文字は「選択範囲を普通文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
この文字は普通文字です。

次の文字は「選択範囲を太文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
この文字は太文字です。

フォントサイズは「font size="5"」のように数字で指定します。2が普通文字、数字が大きくなると文字も大きくなります。
次の⑦、⑧、⑨はフォントサイズを3,5,7に直接変更して変えたものです。
フォントサイズ3
フォントサイズ5
フォントサイズ7

【事例3】リンク先URLを変える
次のリンクは【リンク】ボタンをクリックして貼ったものです。
ブロ友パソコン相談室

次のリンク先はすべて手入力したものです。
お助けマン資料室

【事例4】タグを見つけて貼り付ける
以前元気ばばさんのブログで紹介されたミルク姫のYouTubeのタグ(埋め込みコード)があったので貼り付けてみました。3つありますが、上がオリジナル、下の2つが画像サイズを変更したものです。
⑫オリジナル(画像の大きさ640×385ピクセル)


⑬画像の大きさをブログサイズ500×300ピクセルに変更したもの


⑭サイズをさらに説明用画像に小さく変更したもの
以上

by pc-otasukeman | 2010-10-31 23:40 | Comments(2)

ソースコードです

先程投稿したもののソースコードです。
エキサイトブログの投稿画面の入力中の表示状態です。
(HTML不使用にチェックを入れて送信しました)

HTMLの体験的な事例です。(エキサイトブログ)
10月28日のHTMLと29日を読んでからお読みください。
タグの詳細を知らなくても、原理・原則・基本を理解すれば、次のような遊びができました。
皆様もいろいろとトライして見てください。
(下記のソースコードは次回お知らせします)

この記事はエキサイトブログのマイブログにログインし、投稿画面で入力したものです。
(【HTML不使用】にはチェックが入っていませんのでHTMLで入力しています)

【事例1】文字の色を変える
次の赤字は「選択範囲をカラー化」の[赤ボタン】をクリックして付けたものです。
①<span style="color:rgb(255,0,0);">この文字は赤です。</span>

表示色はr(red)、g(green)、b(blue)の3色の配合で作られています。
その配合割合を示したのがカラーコードです。
rgb(255,0,0)が赤、rgb(0,255,0)が緑、rgb(0,0,255)が青であり、各色は0~255の256通りの指定ができます。
rgb(255,255,255)が白、rgb(0,0,0)が黒です。光の三原色の原理ですね。

次の②、③、④は①のソースコードのカラーコードを直接変更して色を変えています。
②<span style="color:rgb(0,255,0);">この文字は緑です。</span>
③<span style="color:rgb(0,0,255);">この文字は青です。</span>
④<span style="color:rgb(0,0,0);">この文字は黒です。</span>

【事例2】文字のフォントを変える
次の文字は「選択範囲を普通文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
⑤<font size="2">この文字は普通文字です。</font>

次の文字は「選択範囲を太文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
⑥<span style="line-height: 1.2;"><font size="5">この文字は太文字です。</font></span>

フォントサイズは「font size="5"」のように数字で指定します。2が普通文字、数字が大きくなると文字も大きくなります。
次の⑦、⑧、⑨はフォントサイズを3,5,7に直接変更して変えたものです。
⑦<font size="3">フォントサイズ3</font>
⑧<font size="5">フォントサイズ5</font>
⑨<font size="7">フォントサイズ7</font>

【事例3】リンク先URLを変える
次のリンクは【リンク】ボタンをクリックして貼ったものです。
⑩<a href="http://sukettopc.exblog.jp/" target="_blank">ブロ友パソコン相談室</a>

次のリンク先はすべて手入力したものです。
⑪<a href="http://sukettopc2.exblog.jp/" target="_blank">お助けマン資料室</a>

【事例4】タグを見つけて貼り付ける
以前元気ばばさんのブログで紹介されたミルク姫のYouTubeのタグ(埋め込みコード)があったので貼り付けてみました。3つありますが、上がオリジナル、下の2つが画像サイズを変更したものです。
⑫オリジナル(画像の大きさ640×385ピクセル)
<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="640" height="385"></embed></object>

⑬画像の大きさをブログサイズ500×300ピクセルに変更したもの
<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="500" height="300"></embed></object>

⑭サイズをさらに説明用画像に小さく変更したもの
<object width="640" height="385"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP"></param><param name="allowFullScreen" value="true"></param><param name="allowscriptaccess" value="always"></param><embed src="http://www.youtube.com/v/lrCl8QUPkQ4?fs=1&hl=ja_JP" type="application/x-shockwave-flash" allowscriptaccess="always" allowfullscreen="true" width="170" height="102"></embed></object>以上

by pc-otasukeman | 2010-10-31 23:30 | Comments(0)

HTML 具体例(2/2)

HTMLの体験的な事例です。(エキサイトブログ)
10月29日と30日の記事を読んでからお読みください。
タグの詳細を知らなくても、原理・原則・基本を理解すれば、次のような遊びができました。
皆様もいろいろとトライして見てください。
(下記のソースコードは次回お知らせします)

この記事はエキサイトブログのマイブログにログインし、投稿画面で入力したものです。
(【HTML不使用】にはチェックが入っていませんのでHTMLで入力しています)

【事例1】文字の色を変える
次の赤字は「選択範囲をカラー化」の[赤ボタン】をクリックして付けたものです。
この文字は赤です。

表示色はr(red)、g(green)、b(blue)の3色の配合で作られています。
その配合割合を示したのがカラーコードです。
rgb(255,0,0)が赤、rgb(0,255,0)が緑、rgb(0,0,255)が青であり、各色は0~255の256通りの指定ができます。
rgb(255,255,255)が白、rgb(0,0,0)が黒です。光の三原色の原理ですね。

次の②、③、④は①のソースコードのカラーコードを直接変更して色を変えています。
この文字は緑です。
この文字は青です。
この文字は黒です。

【事例2】文字のフォントを変える
次の文字は「選択範囲を普通文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
この文字は普通文字です。

次の文字は「選択範囲を太文字」のボタンをクリックしてフォントを変えたものです。
この文字は太文字です。

フォントサイズは「font size="5"」のように数字で指定します。2が普通文字、数字が大きくなると文字も大きくなります。
次の⑦、⑧、⑨はフォントサイズを3,5,7に直接変更して変えたものです。
フォントサイズ3
フォントサイズ5
フォントサイズ7

【事例3】リンク先URLを変える
次のリンクは【リンク】ボタンをクリックして貼ったものです。
ブロ友パソコン相談室

次のリンク先はすべて手入力したものです。
お助けマン資料室

【事例4】タグを見つけて貼り付ける
以前元気ばばさんのブログで紹介されたミルク姫のYouTubeのタグ(埋め込みコード)があったので貼り付けてみました。3つありますが、上がオリジナル、下の2つが画像サイズを変更したものです。
⑫オリジナル(画像の大きさ640×385ピクセル)


⑬画像の大きさをブログサイズ500×300ピクセルに変更したもの


⑭サイズをさらに説明用画像に小さく変更したもの
以上

by pc-otasukeman | 2010-10-31 23:17 | Comments(0)

HTML 具体例(1/2)

初めて見る方は昨日の投稿記事を読んでからお読みください。

HTML 具体例1

文字の色を変える。
(1)下の「具体例1」の文字はツールボタンで赤に変えました
具体例1
(2)下の「具体例1」の文字の色は(1)のタグをコピーして貼り付け、色コードを(0、255、0)に変更して緑に変えました。
具体例1


ソースコードでは次のようになります。
(注:下の<>はタグに判断されないように全角に変えてあります)

文字の色を変える。
(1)下の「具体例1」の文字はツールボタンで赤に変えました
<span style="color:rgb(255,0,0);">具体例1</span>
(2)下の「具体例1」の文字の色は(1)のタグをコピーして貼り付け、色コードを(0、255、0)に変更して緑に変えました。
<span style="color:rgb(0,255,0);">具体例1</span>


このようにソースコードでは、直接コピーして張り付けたり、文字を変更することが出来るのです。
なお、rgb(255,0,0)は色コードです。

次回は別の事例をいくつか紹介します。(次回は月曜日投稿の予定です)

by pc-otasukeman | 2010-10-30 00:46 | Comments(4)

コンピューター言語 『HTML』とは(1/2)(改定)

改定版です
今回はコンピューター言語の一つ、『HTML』についてお話します。

d0181824_18455048.jpgd0181824_18471071.jpg左の画像はエキサイトブログの記事編集画面とスキン変更画面です。
いずれも『HTML』の文字が見えますが、HTMLの技術が使われています。(画像をクリックすると拡大します)

実は『HTML』とはブロ友の皆さんの身近にあるコンピューター言語なのです。
『HTML』を理解すればブログ投稿やメール作成に深みが出ると思いますので、じっくりお読みになりパソコンライフにお役立てください。

『HTML』とは
 Hyper Text Markup Language(ハイパー・テキスト・マークアップ・ランゲージ)の頭文字をとったものです。
Language(ランゲージ:言語)とあるように、HTMLはコンピュータ言語の一つなのです。
コンピュータ言語は目的によって、
①プログラミング言語
(コンピュータに対する一連の動作の指示(プログラム)を記述する言語、)
②ハードウエア記述言語(回路の設計、構成を記述する言語)
③データー記述言語(コンピュータで扱うデーターを記述する言語)
に分けられます。
HTMLは③のデーター記述言語に属するものです。
ここでいうデータとは文字・画像・リスト・表などのことあり、高度な表現力のあるドキュメントを作るために開発された言語がHTMLということです。
画像・リスト・表等をふんだんに使うホームページやブログ、そしてEメールに最適な言語なのです。(いや、このために開発された言語というべきですね)

【HTMLの語源】
理解を早めるために、HTMLの語源のお話しをします。
まず最初の2文字『HT』です。
Hyper Text (ハイパーテキスト)は「テキストを超えた(ハイパー)テキスト」という意味です。テキストを超える象徴的なものに他の文書やホームページを参照する機能がありますが、それを『ハイパーリンク』と呼んでいるのもその語源からだと思います。

次に3文字目の『M』です。
Markup(マークアップ)は出版業界で著者、編集者、印刷者の間で指示を伝える方法として、原稿に線を引いたり、マーキングしたり、付箋をつけたりしていますが、それを意味しています。
文章の構造(段落など)や見栄え(フォントサイズなど)に関する指定を文章とともにテキストファイルに記述する(マークアップする)ことと同じですから。

最後の『L』はLanguage(ランゲージ:言語)です。これは説明するまでもありませんね。

【マークアップについて】
 文章に対する指定事項を記述することを『マークアップ』 と呼び、記述するための文字列を『タグ (tag)』 と呼んでいます。
実例で説明します。
上の左側の画像を見てください。エキサイトブログの記事編集画面です。
入力欄はHTMLの言葉で書かれています。ソースコードと言われるものです。
通常の表示状態を見るときは[プレビュー]をクリックするのはご承知の通りです。
1行目に、
<span style="color:rgb(255,0,0);">XPパソコンをお使いの方へ</span>
の記述があります。
この中で< >部分がタグです。タグは半角の<>で囲まれています。
:文中の<>はタグと判断されないように全角で表記しています)
前後にタグがついていますが、このタグで「XPパソコンをお使いの方へ」という文章を赤字にすることを指定しています。

【ソースコードについて】
コンピューター言語は「言語仕様」が国際的に決められております。言語仕様に従って書かれたものがソースコードです。HTMLにも言語仕様が決められており、仕様に則って記述しなければなりません。ソースコードは追加・変更・削除することができます。タグを追加したり、削除したり、あるいは内容を変更することもできます。
皆さんは文字は直接入力し、色を変えたり、フォントを変えたりするのはツールをクリックしていると思いますが、タグを直接入力しても同じ結果が得られることを知っておいてください。

【参考文献】
 HTMLについてはホームページを検索しますといろいろな指導書が出てきます。
またHTMLのタグの一覧もありますので、新しいタグを発見し、ご自分のブログに使ったら楽しいと思います。

ごく簡単なHTMLの説明
HTMLクイックリファレンス

【次回予告】
次回はエキサイトブログでタグの実例を紹介します。

by pc-otasukeman | 2010-10-29 13:19 | Comments(7)

急告!XPパソコンをお使いの方へ

XPパソコンをお使いの方へ
昨日届いたメールマガジン に「パソコンお役立ち情報」がありました。

(1)XP・SP2以前(SP2も含みます)のサポートは既に打ち切られている。
(2)XPのサポート終了は2014年4月8日(アメリカ時間)です。
  (但し、サポート対象はSP3適用のXPと、64bit版XPです)
(3)みなさんのパソコンは大丈夫ですか?


という趣旨の記事です。

「サポート打ち切り」とは、新型のコンピューターウイルスが発見され、OSの弱点(脆弱性)や不具合が見つかっても更新プログラム(修正プログラム)は提供しませんという意味です。
パソコンの安全性は「Windows Update」と「ウイルス対策ソフト」の2本立てで守られていますが、SP2以前のバージョンはそれができないということです。
(SP2は既にサポートを終了しています)
Windows Updateを自動更新に設定していれば、SP3がインストールされていると思いますが、もう一度ご自分のパソコンのバージョンを次の手順で確認してください。

①[スタート]ボタンクリックし、スタートメニューの[マイコンピュータ]を右クリック

②出てきたリストの[プロパティ]をクリック

d0181824_110392.jpg③システムのプロパティ画面の[全般]タブを開き、システムが『Service Pack 3』になっていることを確認してください。(左:画像をクリックすると拡大画面が出ます)


【注意】
SP3になっていなかったら、次のホームページをお読みになり、至急SP3をインストールしてください。

(1)Windows の一部のバージョンのサポートは終了します

(2)Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールする方法

【追記】
こんな質問がありました。

XPのサポートがなくなったら、使っていくうえでどのような支障が出るのでしょうか?

【回答】
サポートがなくなったら、たとえOSに不具合が見つかってもWindows Update では修正してくれないということです。

具体的にはXPの弱点を狙ったウイルスが発生しても、
更新プログラムがサポートされませんので、無防備になってしまいます。
(ウイルス対策ソフトも同時にサポートが終了すると思います)
SP3になっていれば2014年までは安泰ですが、それより古いバージョンであれば、
サポート終了後に発生したウイルスの脅威にさらされることになります。

サポートが切れてもウイルスの脅威以外は何も変わりはありません。
ワードやエクセルでオフラインで使うのであれば、問題はありません。

以上

by pc-otasukeman | 2010-10-28 10:50 | Comments(0)

Bさんからの相談にお答えします

【相談内容】
以前 元気ばばさんにブログのスキンをオリジナルにする方法を教えて頂きました。
そのときした操作はいろいろなパソコン言語?をいじることでした。
その時始めて パソコンはそういう命令で動いていることを知りました。
パソコン言語(コンピューター言語)について 教えていただければうれしいです。

【お答え】
コンピューター言語は目的によって、
①プログラミング言語(コンピュータに対する一連の動作の指示を記述する言語)
②ハードウエア記述言語(回路の設計、構成を記述する言語)
③データー記述言語(コンピュータにおいて扱うデータを記述する言語)
に分けられます。Bさんが元気ばばさんに教わったのは③のデーター記述言語の一つである『HTML』というコンピューター言語です。
ブロ友の皆さんにもお役に立つと思いますので今回は『HTML』に絞って勉強したいと思います。

【HTMLは日頃使っている言語です】
d0181824_22403924.jpg左の画像はメールソフトOutlook Express(OE)の送信オプションの設定の画面です。(クリックすると拡大します)
([OEを起動]-[ツール](メニューバーにあります)-[オプション]ー[送信]タブクリック)<メール送信の形式>のところに『HTML』の文字が見えます。

d0181824_2243248.jpgd0181824_22443687.jpgまた、左の画像はエキサイトブログの投稿文の編集画面とスキン編集画面です。
([マイブログにログイン]し、[投稿]あるいは[編集]をクリック。[設定]-『スキン変更]-現在使用中のスキン[編集]をクリック)いずれも『HTML』の文字を見つけることができます。

実は『HTML』はブロ友の皆さんの身近にあり、便利に使っているものなのです。
まずはご自分で『HTML』の文字探しをして見てください。
(次回に続く・・・新しい発見もあります)

by pc-otasukeman | 2010-10-27 23:22 | Comments(4)

MSEインストール後の操作手順書

内容を大幅に見直しました。(10月27日13時)
MSE(Microsoft Security Essentials)のインストールが完了しましたら下記の手順で操作をしてください。(画像をクリックすると拡大画面になります)

①パソコンを再起動(電源オフし再度電源オン)してください。
(新たなソフトをインストールした後は再起動する習慣を!)
d0181824_039154.jpg②デスクトップにMSEのショートカットアイコンが出来ますので、ダブルクリックして起動します。

d0181824_042595.jpg③左の画面が出ます。ホームタブが開きます。
・「リアルタイム保護がオン」、「ウイルスとスパイウエアの定義が最新です」であることを確認してください。リアルタイム保護がオフの場合は手順⑨にて、オンに設定してください。
また、定義が最新でない場合は手順⑥にて最新にしてください。
・ウイルスやスパイウエアに感染していないかをチェックし駆除するのが「スキャン」です。
 早目にフルスキャン(全てのファイルをチェックする)を実行してください。フルスキャンにチェックを入れて[今すぐスキャン]をクリックすればチェックを開始します。ファイルの数が多いほど時間がかかります。私のパソコンでは4時間かかりました。時間の余裕のある時に実行してください。
なお、新しいウイルスが発生し、発見される前に侵入されると感染してしまいます。
インフルエンザが流行し、ワクチンが開発されて予防注射をしないと感染するのと同じです。
感染した場合はスキャンでしか駆除できませんので、定期的にフルスキャンを実行することをお奨めします。私は1ヶ月に1回は実行するよう心がけています。

d0181824_12553984.jpg⑤左はスキャンを終了したときの画面です。ウイルスが検出されなかった例ですが、ウイルスが検出された場合は処置内容が表示されると思います。

d0181824_0425730.jpg⑥左は[更新]タブを開いた状態です。
ウイルスとスパイウエアのいわゆる手配書を「定義(または定義ファイル)」と呼んでいます。新しいウイルスやスパイウエアが発見されるとマイクロソフト社が定義を作ります。パソコンはこの定義をダウンロードしなければ新しいウイルスは検出することができません。定義をダウンロードして取り込むことを「更新」と呼んでいます。更新は自動的に行われますが、更新が遅れたり、緊急を要するときは手動で行うことが必要です。[今すぐ更新]をクリックすれば、最新の定義がダウンロードされます。
暫くパソコンを使っていなかったときやコンピューターウイルスのニュースが流れたときは電源を入れたときは、まず更新を実行してください。

d0181824_0434725.jpg⑦左は履歴タブを開いた状態です。検出された項目や処置の履歴が表示されますので、内容を確認してください。私のパソコンは過去に感染歴がないので、空白の状態になっています。

d0181824_0443398.jpg⑧左は設定タブを開き、「スキャンスケジュール」の設定画面です。
「曜日」、「時刻」、「スキャンの種類」を設定し、「スキャンを実行する」にチェックを入れて
おけば、自動的にスキャンが実行されます。私は毎日、12時にクイックスキャンを実行するように設定しています。設定を変えたときは[変更の保存]をクリックしてください。
なお、電源が入っていないと実行されませんので、パソコンを使う時間帯に設定してください。
公共施設のパソコンは毎日12時頃スキャンを実行するよう設定するようです。


d0181824_13111828.jpg⑨左は設定タブを開き、「リアルタイム保護」を設定をする画面です。
「リアルタイム保護を有効にする」にチェックが入ってなければ、インターネットから入ってくるウイルスはチェックされません。必ずチェックを入れてください。

以上です。

by pc-otasukeman | 2010-10-27 00:56 | Comments(0)

MSEインストール手順書(XP詳細編)

予告 次回はMSEの使い方を説明します。(26日夜投稿予定)

ウイルス対策ソフト
Microsoft Security Essentials(MSE)インストール手順書(XP詳細編)(Vistaおよびセブンもほぼ同じ手順です)
MSEはMicrosoft社が無料提供するウイルス対策ソフトです。
MSEがインストールできないという方、これを読んでトライしてください。

【参考記事】
(1)Microsoft Security Essentialsインストール手順書
(2)Windowsのセキュリティ対策について
(3)ウイルス対策ソフトその後

【MSEインストール手順書(XP編)】 
①下記アドレスのホームページを開く
http://www.microsoft.com/security_essentials/ を開く

b0190726_17212049.jpg②左の画面が出たら[今すぐダウンロード]をクリック
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます) 


b0190726_17321835.jpg③言語が日本語であることを確認し、該当するオペレーティングシステム(OS)(XPの場合は[Windows XP(32ビット)])をクリックします。


b0190726_18365984.jpg注意 セキュリティ保護のためにダウンロードがブロックされた場合は帯状にコメントが出ますので、そのコメントの帯の部分をクリックします。出てきたメニューの[ファイルのダウンロード]をクリックします。手順②の画面に戻りますので再度手順②から実行してください。


b0190726_17393341.jpg④[実行]をクリック


b0190726_17451981.jpg⑤ダウンロードが始まる。


b0190726_1748196.jpg⑥[実行する]をクリック


b0190726_17492481.jpg⑦[次へ]をクリック


⑧[同意します]をクリック


⑨[検証]をクリック(パソコンが正規のものか検証します)
このステップは出ない場合もあります。


b0190726_1752414.jpg⑩検証の結果OKの場合左の画面がでるので[インストール]をクリック
(正規品でない場合はインストールできません)


⑪インストールが始まり、終了すると次の画面が出ます。


b0190726_175830100.jpg⑫[完了]をクリックしてインストールを終了する。


b0190726_1919949.jpgb0190726_1831031.jpg⑬インストールが終了すると、引き続き定義ファイルが更新され、ウイルススキャン(ウイルス等の脅威の有無をチェック)が自動的に実行される。パソコンに保存されているファイルによっては長時間かかることがあるので、次の手順⑭の画面が出るまでじっくり待つ。
下の画面はスキャン終了時です。ウイルス等の脅威は発見されなかったの例です。


b0190726_19261258.jpg⑭ホームタブ
スキャンが終了した今の状態が表示される。
これでMSEのインストールとスキャンを完了しました。
閉じて終了してください。


注意:手順⑬以降でおかしな状態になりましたら、パソコンを再起動してください)

 以上    

by pc-otasukeman | 2010-10-24 22:22 | Comments(14)

MSEのインストール手順の詳細編25日投稿します

23日と24日は充電日です。
MSEのインストール手順書の詳細編を25日に投稿します。
Aさんへ
インストールをトライして駄目でしたら25日までお待ちください。

by pc-otasukeman | 2010-10-23 22:31 | Comments(0)