<   2011年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ブログにリンクを貼る

19日に確定申告した所得税還付金がもう振り込まれていました。
e-Taxの4大メリット『還付金がスピーディー』を実感しました。
僅かな金額、納め過ぎの税金と言えども、この時期の臨時収入はお年玉のようです。
それにしてもエコポイント交換の『松坂牛』まだ届きません。こちらの方は郵送で手続きしたのですが・・・・・。

さて、今日はブログにリンクを貼るお話しです。
エキサイトブログの『リンク(青丸図柄)』ボタンを使ったことがない方は是非試してみてください。
参照したい(して欲しい)ブログやホームページにリンクを貼る大変便利な機能です。

【こんな時に使います】
『1月28日の「コントロールパネルについて」の記事を良く読んで、パソコンのトラブル時に備えてください』
という記事を書いた時、1月28日のブログが直ぐに参照できれば便利ですよね。
「コントロールパネルについて」にリンクを貼り付けてあります。そこをクリックしてみてください。1月28日のページが表示されます。これが「リンクを貼る」ということです。

【リンクの貼り付け手順】
①投稿画面を出し、入力をします。
d0181824_149227.jpg
②リンクを貼り付けたい文言(ここでは「コントロールパネルについて」)をドラッグ操作で範囲選択します。
ドラッグ操作:カギカッコの前にマウスポインタを置き左ボタンを押したままトジカッコまでマウスを動かし離す。
うまく選択できないときはカギカッコの前でクリックし、カーソルが出たらシフトキーを押しながら右矢印(→)キーを押して選択範囲をトジカッコまで広げてください。

d0181824_14181742.jpg
③ツールバーの[リンク]ボタンをクリックします。

d0181824_14214726.jpg
④注意文言(左の青い帯バー)がでたら、それに従ってクリックします。
(パソコンによっては④と⑤は出ないこともあります)

d0181824_14235749.jpg
⑤[スクリプト・・]をクリックします。
注意文言と「スクリプト・・」は一旦消えてしまいます。

d0181824_1426153.jpg
⑥もう一度[リンク]ボタンをクリックしますと、リンク先のアドレスを入力する小窓がでますので、リンク先のURL(http://・・・)を正しく入力して[OKボタン]をクリックします。


d0181824_14281888.jpg
⑦リンクタグが付加されます。


文言にアンダーライン(下線)を付けたり色を変えることもできます。それぞれ工夫してください。
私はアンダーラインを引いてリンクが貼ってあることがわかるようにしています。

d0181824_15241978.jpg
⑧プレビュー画面で確認します。

⑨送信した後に正しくリンクされているか確認してください。

【注意事項】
ここで注意が必要なのはリンク先のURLです。
ブログの場合、URLは次の2通りあります。、
トップページ:http://sukettopc.exblog.jp/
個別ページ:http://sukettopc.exblog.jp/12773449/
個別ページにリンクを貼るときには個別ページのURLが必要ですが、
私は次の手順でリンクを貼り付けています。

①参照したいブログを開く

d0181824_1524129.jpg
②スクロールして参照するブログのタイトルを出す
③タイトル部分をクリック


d0181824_1573096.jpg
④目的のページが出たら、アドレスバーを右クリックして[コピー]します。


d0181824_1584256.jpg
⑤投稿画面のリンク先のURL入力欄を出し、右クリックして[貼り付け]ます。


(投稿画面が消えてしまう恐れがありますので、URLのコピーは事前に行った方が良いようです)
リンク先URLの誤りやトップページと個別ページの誤りが散見されます。
十分注意したいものです。(お気に入りへの登録も同じ注意が必要です)



ピンポーン・・宅急便です!松坂牛今届きました! こちらは2ヶ月かかりました。

by pc-otasukeman | 2011-01-31 15:47 | Comments(13)

寒さに弱いパソコン

1月24日の「黒い画面に白い文字」の原因はメモリの動作不良でした。『メモリを交換して修復した』との喜びのお知らせがありました。リカバリに至らず本当によかったです。

症状の中で一つだけ疑問に思ったことがあり、当該パソコンの動作温度を調べてみました。10~35℃になっていたのです。
電子機器は5~35℃とばかり思っていた私には驚きでした。
EPSONのNT7500は寒さに弱いということです。
私の愛用の2台は5~35℃でした。皆さんのパソコンは大丈夫でしょうか。

【ここで、皆さんへのアドバイスです。】
昨年の夏は猛暑に見舞われパソコンの熱中症が流行りましたが、今冬は寒さが厳しく、パソコンの凍傷に気を付けましょうということです。
「黒い画面に白い文字」の症状が出ましたら、いったん電源を切り、パソコンを暖かくしてから、電源を入れてみてください。もしかしたら直るかもしれません。

電子機器の開発評価で一番最初の関門が温湿度試験でした。高低温室に立てこもり暑さ寒さと戦った開発時代のことを思い出しました。
明日日曜日はお休みします。
(28日の「コントロールパネルのお話し」はじっくりお読みください)

by pc-otasukeman | 2011-01-29 23:29 | Comments(2)

コントロールパネルのお話し

今回はMicrosoft Windowsのコントロールパネルのお話をしましょう。

 コントロールパネルは基本的な「システム設定と制御」を操作したり閲覧したりするものです。例えば、ハードウェアの追加、プログラムのアンインストールと修復、ユーザーアカウントの設定、セキュリティの監視、ハードやソフトの状態表示など、コントロールパネルを開いて操作したり見たりすることが出来ます。
パソコンのトラブル診断と修復作業には不可欠なものです。
コントロールパネルをご自分で開いて使えるよう、基本的な操作を習得して頂きたいと思います。

【クラシック表示とカテゴリ表示】
 コントロールパネルは[スタート]ボタンをクリックし、スタートメニューの中にある[コントロールパネル]をクリックすると開くことができます。
 「クラシック表示」と「カテゴリ表示」の2つの表示スタイルがあり、XPより古い機種は「クラシック表示」、XP、Vista、セブンは両者を切り替えて表示出来るようになっています。
ブロ友パソコン相談室ではクラシック表示にてご指導させて頂きますので、出来ればクラシック表示に切り替えてお帰りください。
(画像はクリックすると大きくなります)

【クラシック表示への切り替え】
(1)Windows XP(バージョンSP3)
d0181824_1632193.jpg
①左はカテゴリ表示です。
左欄の[クラシック表示に切り替える]をクリックします。

d0181824_1654241.jpg
②クラシック表示に切り替わりましたら、表示方法を[アイコン]に指定してください。


(2)Windows 7
d0181824_168723.jpg
①左はカテゴリ表示です。右上にある表示方法で[カテゴリ]をクリックするとメニューが出ますのでその中の[大きいアイコン]をクリックします。

d0181824_1685127.jpg
②クラシック表示に切り替わります。


【活用事例1】
では早速使ってみましょう。
あなたのパソコンのCPU、メモリ、基本ソフトなどの「システム」を見てみましょう。問診の際良く使います。

(1)Windows XP(SP3)
①コントロールパネルの[システム]アイコンをクリック

d0181824_16113967.jpg
②システムのプロパティ画面が現れ、OSのバージョンやCPU、メモリ容量を確認できます。

XPをお持ちの方へ、
XPのバージョンがService Pack 3になっていない方はWindows Updateによりバージョンアップをしてください。またメモリ容量が256MBに満たない方はメモリ増設を考えてください。パソコンを安全かつ安定に使い続けるために必要です。


(2)Windows 7 
①コントロールパネルの[システム]アイコンをクリック
d0181824_16215451.jpg
②コンピューターの基本的な情報が表示されます。


Vistaをお持ちの方へ
同じように操作してください。
メモリ容量が1GBの方はメモリ増設をご検討ください。


【活用事例2】
セキュリティの状態をチェックする。
Windows Update、ウイルス対策ソフト等、パソコンの安全状態をチェックするときに使います。
(1)Windows XP(SP3)
①コントロールパネルの[セキュリティセンター]アイコンをクリック
d0181824_16233684.jpg
②Windows セキュリティセンターの画面が現れます。

ファイアウオール、自動更新、ウイルス対策が有効になっていることを確認。
危険な状態になっている方は対策が必要です。

(2)Windows 7 
①コントロールパネルの[アクションセンター]アイコンをクリック
d0181824_16255426.jpg
②アクションセンターの画面で[セキュリティ]のバーをクリックするとファイアウオール、Windows Update(自動更新)、ウイルス対策の状態が表示されます。

有効になっていることを確認してください。
危険な状態になっている方は対策が必要です。

【関連事項】
(1)ウイルス対策ソフト
私のパソコンのウイルス対策ソフトはMicrosoft社が無料で提供している「Microsoft Security Essentials(MSE)」です。
MSEについては)Windowsのセキュリティ対策についてを参考にしてください。
関連資料をお助けマン資料室に登録してあります。

(2)メモリ増設
私のXPパソコンのメモリは購入時256MB(メガバイト)でした。動きが悪くなり512MBのメモリを増設したところ、サクサクと動くようになりました。今も快適です。
メモリ増設については次の投稿を参考にしてください。
増設メモリ型番決定から購入までの手順書
メモリ増設手順書

(3)XPのバージョンアップ
XPの方でバージョンがService Pack 3になっていない方は次の投稿記事をお読みになり、至急バージョンアップをしてください。
急告!XPパソコンをお使いの方へ  

by pc-otasukeman | 2011-01-28 11:54 | Comments(2)

メールのテキスト形式とリッチテキスト(HTML)形式について

【相談内容】
 ヴィスタでメールを作成すると、いつもリッチテキスト形式になって、先方に文字化けで届いた。
テキスト形式に変えようとすると、「このメッセージをHTML方式から、テキスト方式に変更すると、すべての現在の書式情報は、失われます」という怖い表示が出るんです。
何の意味か解らないけど、あえて変更してテキストで送りなおして届いたけど、何の書式情報が失われたのか解りませんし、メールの作成画面を新たに出してみると、やはり、もとのままリッチテキストになっています。なんででしょう?

【回答】
 リッチテキスト(HTML)形式のメールは文字に色を付けたりフォントを変えたり画像を配置したりしてインパクトのある楽しいメールを送ることが出来ます。しかし、受信者の利用環境によっては正しく表示できないことがあります。またデータ量も多くなり受信に支障をきたすことがあります。その為、現状では文字だけのテキスト形式を使うのが一般的なマナーとなっています。相手も了承している場合を除き、テキスト形式のメールを使うようにしましょう。

【テキスト形式に設定する】
 新しいメールを作成する時、開いた画面がテキスト形式になっていますか?次の手順で確認してください。HTML形式になっていたらテキスト形式に変更してください。
①メールソフト(Outlook Express、Windowsメール等)を起動します。
以下の説明はOutlook Expressの場合です。考え方はWindowsメール等も同じです。
②メニューバーの[ツール]をクリック
d0181824_23305782.jpg
③出てきたメニューの[オプション]をクリック

d0181824_23335165.jpg④[送信]タブをクリック。メール送信の形式が[テキスト形式]になっていますか?
HTML形式になっていたら[テキスト形式]をクリックして[OK]をクリックしてください。


【リッチテキスト(HTML)形式に変更するには】
HTML形式に変更する場合はメール作成画面を出して、リッチテキストに変更してください。
d0181824_10525813.jpg①メニューバーの[書式]をクリック
②出てきたリストの[リッチテキスト(HTML)]をクリックします。
書式ツールバーのあるメール作成画面に変わります。


 なお、リッチテキスト形式で書き込み、途中でテキスト形式に変更することも出来ますが、当然のことですが、文字の色やフォント等の書式情報や画像情報は使えませんので、
「このメッセージをHTML方式から、テキスト方式に変更すると、すべての現在の書式情報は、失われます」との警告が出ることになります。理屈が判れば怖いことはありません。[OK]をクリックして文字(テキスト)だけのメールに変更してください。

 世間にはいろいろな環境の受信相手がおります。せっかく送ったメールが読めないということにならないように、この機会にご自分のパソコンと相手の方の受信環境を確認してください。

by pc-otasukeman | 2011-01-27 11:29 | Comments(8)

音楽用CDとデータ用CD

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg
Windows 10 を入手する(7月29日が迫っています。こちらをご覧ください)


【相談内容】
好きな歌を集めてオリジナルCDを作りたい。
市販されているCD-Rには音楽用とデータ用があるが、音楽用CD-Rを使わないと支障があるのでしょうか。値段も音楽用の方が少し高いのですが。

【回答】
基本的に、音楽用CDもデータ用CDも同じです。音楽用であることを示す識別コードを持っているかいないかの違いだけです。
そして音楽用CD-Rの値段が少し高いのは「私的録音録画補償金制度」により補償金が上乗せされているからです。指定された録音機材は識別コードがないと書き込みできませんが、パソコンのCDドライバはこの制度の適用外ですからデータ用CD-Rでも書き込みすることができます。
Windows Media Player で書き込む場合はオーディオCDを作るのかデータCDを作るのか設定が必要です。[オーディオCD]にチェックが入っていることを確認し、必ず空のCDをセットして行ってください。
CDの書き込みによってはCDラジカセとの相性が合わず、聴くことが出来ない場合があります。
その場合はいろいろなラジカセで確認して原因を追求してください。
なお、余計なことですが、補償金は著作者(作曲家や作詞家等)に還元され、創作活動の励みになりますので、その気持ちがあれば音楽用CD-Rをお買い求めください。

【ここからは参考になるお話しです】
原理・原則・基本に立ち返り考えてみましょう。
ディジタル録音は「1」「0」の世界です。パソコンのCDドライバで扱う音源はデジタルですから、読み込みと書き込みでは音質の変化はありません。
音質はアナログからディジタルに変換するときとディジタルからアナログに変換し再生するときに決まるものです。

(1)CDメーカーのお話し(ある対談記事より抜粋)
 データ用とオーディオ用の違いは、音楽著作権使用に関する補償金のコードが書かれているか否かの違いのみです。当社では基本的な設計でデータ用、音楽用は分けていません。標準速の書き込みからカバーしているので、分ける必要はないのです。設計は共通です。
ただし、音楽用途ということで、オーディオ評論家の先生方に音を聴いてもらっており、原音に忠実であるとの評価をいただいております。またユーザーがCD-Rを粗雑に扱っても記録面に傷が付かないようにセラミックコート加工を施しています。
私どもの評価としては、記録信号の精度がどうか、ジッターがどうか……といったことには非常に注目して製品開発、生産、品質管理も行なっています。しかし、こうしたパラメータとは別に、これだから音がいいという結果に結びつく要素については、よくわからないのが実際のところです。そのため、データの記録をより高精度で行なえるよう努力してはいますが、特別に音に対してのみの対策しているわけではありません。


(2)コンパクトディスク(CD)のお話し
 コンパクトディスク(CD)はプログラム、音楽、文書、写真等をデジタルデータ(1/0)として保存する媒体です。パソコンには必ずCDドライバーが装備されており、読み書きできるようになっています。
CDには、CD-ROM、CD-R、CD-RWの3種類があり、目的により使い分けられます。
①CD-ROM(シーディーロム)
Compact Disc Read Only Memoryの略です。読み取りだけができるもので、コンピュータやゲーム機などで取り扱うデータが記録されているコンパクトディスクのことです。

②CD-R(シーディーアール)
Compact Disc Recordableの略です。書き込みができるもので、一度書き込まれたデータは書き換えも消去もできませんが、容量の許す限り 追加ができるコンパクトディスクです。
ただし、オーディオCDに使う場合は追加はできません。

③CD-RW(シーディーアールダブル)
Compact Disc-ReWritableの略です。データの消去が可能で、書き換えができる コンパクトディスクです。
ただし、オーディオCDに使う場合は追加はできません。

CDが出現するまでは「W」はWrite(ライト、書く、書き込み)、「R」はRead(リード、読む、読み取り)と読み、メモリへの書き込み/読み出しの意味で使っていました。
従って「CD-ROM」は理解できたものの、「CD-R」と「CD-RW」には困惑したものでした。というのは「R」と「W」はRecordable(書き込み可能)、ReWritable(書き換え可能)というように従来とは全く違う単語になっているからです。

パソコン用語は常に変わっていきます。略号だけでは理解できなくなり、シニアの私にはつらいところです。

【お知らせ】
毎日多くの方に訪問頂きありがとうございます。
皆様のご期待に応えるべく『毎日1件のアドバイスを』を目標にしておりますが、なかなか時間がとれません。コメントへの回答は随時させていただきますが、テーマ投稿については時々抜けることがありますこと、ご容赦ください。

by pc-otasukeman | 2011-01-26 09:24 | Comments(5)

黒い画面に白い文字

2日間、缶詰状態で人生修行をしてきました。
48時間振りにブログを開くと79歳のhisako-baabaさんからの相談がありました。

【ご相談内容】
去年、復活したエプソンのノートPC(XP)が昨日から電源入れるとじきに真っ黒い画面になり、・・・・・動きません
(詳細は21日のコメントとhisako-baabaさんのブログを参照)

【回答】
「黒い画面に白い文字」
電源を入れたらこんな画面が出たらビックリオドオドです。
まだ、経験の無い方もあるかと思いますが、今日は黒い画面についてお話をします。

【黒い画面はどんな時に出るの?】
パソコンに電源を入れると、まずメモリやハードディスクなどのハードウエアをチェックします。そして異常が無ければ基本ソフト(Windows XP、Vista、セブン等)をメモリに展開して、そこからパソコンの起動が始まります。「Windowsを起動中」の表示がそのタイミングです。そしてここから画面に色が付きます。
黒い画面は基本ソフトが起動するまでの表示ということです。
ハードディスクが壊れていたり、基本ソフトが見つからなかったり、また、hisako-baabaさんのように基本ソフトを起動するためのファイルが壊れていたり見つからない場合は、その先は進めませんからストップしてしまいます。
なお、後で修復できるエラーが見つかった時は警告画面を出し、F1キーやエンターキー等の操作で続けることができるようになっています。
いずれの場合も当然黒い画面になってしまいます。
黒い画面が出た時は対処が必要です。内容はしっかり記録しておいてください。できれば写真に撮ってください。パソコン診断には大変有効な情報となります。

【エラーになる原因】
(1)メモリやハードディスクの故障と破損
電子部品、機械部品はある頻度で故障しますし、取り扱いによっては破損や損傷します。この場合は部品交換やユニット交換が必要です。
(2)ファイルやデータの破損及び喪失
メモリ素子の破損、プログラムの暴走やコンピューターウイルスによる異変です。
この場合が厄介なのです。

【対応策】
エラーが発生してもデーターを元に戻すことが出来れば修復することができます。
ただ、どこが悪く、どう直すかを見極めるには専門かつ熟練の技術が必要です。
パソコンの信頼性が高ければ専門家に委ねればよいのですが、残念ながらコンピューターウイルスや多種多様なプログラムの存在で、黒画面が出る頻度は非常に高いのが現状です。そこで、ユーザーが容易に元に戻せる【リカバリ(購入時の状態に戻す)】技術が必要なのです。リカバリのやり方は取り扱い説明書に詳細に記述されているのはこのためです。
ただ、購入時に戻すということは
①蓄積されたデーターのバックアップと復元
②購入後にインストールしたソフトの再インストール
③プリンタ等、購入後に追加したハードの再セットアップ
④ソフトの最新バージョンへのアップデート
⑤インターネットやメールの再設定
など大変な作業が伴います。
これらを承知であれば、ご自分の手でリカバリに挑戦してみては如何でしょうか。

【リカバリCDや取り扱い説明書を紛失した方へ】
リカバリCDやDVDを紛失した場合はメーカーから購入することが可能な場合があります。メーカーに問い合わせてください。
取り扱い説明書はメーカーのホームページからダウンロードできます。
パソコンのメーカー、型式、製造番号を元に検索して見てください。
hisako-baabaさんの場合
リカバリCDは手元にあったようですが、取説は引越しのとき紛失したとのことでした。
メーカー:EPSON
型式:TN7500
製造番号:231010404
の情報をもとに検索し、製品仕様、ダウンロード、ユーザーズマニュアルと絞っていくことにより目的の取説(ユーザーズマニュアル)を入手することができました。(下記参照)

【hisako-baabaさんへのお知らせコーナー】
下記により取説(マニュアル)をダウンロードしてください
d0181824_14222392.jpgEPSONのNT2700のマニュアルダウンロードページ
(クリック)
を開く

②製造番号を入力して検索をクリック

d0181824_14261098.jpg③NT2700ユーザーズマニュアルをクリック

マニュアルをデスクトップにダウンロードしてください。説明に従いマニュアルを開いてください。
第5章のソフトウエアの再インストールがリカバリの操作です。
d0181824_14312079.jpg

by pc-otasukeman | 2011-01-24 10:54 | Comments(7)

お知らせ

毎日、ブロ友パソコン相談室にお立ち寄り頂きありがとうございます。
都合により本日から23日までテーマ投稿はお休みさせていただきます。
パソコン環境のないところに行くため、コメントを読むことも出来ませんのでご了承ください。

さて、昨日の投稿を読んだ方より、早速メールで相談がありました。
当然のようにトラブルの画面がメールに添付されていました。

問題は直ぐに解決しお答えすることができました。
パソコンにお詳しい方でなかっただけに速い効果に大変満足しております。
今後も親切・丁寧な説明に徹したいと思っています。
皆様のお立ち寄りをお待ちしております。

by pc-otasukeman | 2011-01-21 23:51 | Comments(4)

パソコン画面をお助けマンに届けよう

この『ブロ友パソコン相談室』は、
①パソコンがおかしい
②パソコンのここがわからない
③パソコンでこんなことをしたい
等の相談ごとをコメント欄、メール、及び皆様のブログの投稿を通じてお知らせ頂き、結果をコメント欄、メール、そして相談室の投稿を通じてお答えするシステムです。
的確なアドバイスをするためにはパソコンの状態を正確にお知らせ頂く事が一番大切です。
相談時の問診の際、皆様にお願いしたいことがありますのでいくつか投稿させていただきます。
第1回は「パソコン画面をお助けマンに届けよう」です。
トラブルの相談を受けた時、私は相談者のパソコン画面を思い浮かべながら原因を推定し、解決策を探します。パソコン画面が手元に届けば、より的確なアドバイスができますので、下記の手順でパソコン画面を保存して届けてください。百聞は一見にしかずであり、現場写真には情報が一杯つまっていますから。
ただし、下記の方法はパソコンの画面が黒い状態では使えません。黒い画面の時は写真に撮って届けてください。

【パソコン画面を保存する手順】
①届けたい画面が表示されている状態でプリントスクリーンキーを押す。
プリントスクリーンキーとは「PRTSC」「Prtsc」「Prt Sc」などと刻印がされたキーです。単独で押すパソコンと「Fn」キーと同時に押すパソコンがあります。
このキーが押されると画面がパソコンに保存されます。(画面の変化はありません)

②[スタート]-[すべてのプログラム]から[ペイント]を起動する。
ペイントは一般に[アクセサリ]というフォルダーに入っています。
d0181824_2221146.jpg
Windows 7

d0181824_22221831.jpg
Windows XP

③ペイントの画面が出ましたら、[貼り付け]ボタンを直ぐにクリックする。
XPの方はメニューバーの[編集]をクリックし出てきたメニューの[貼り付け]をクリックする。
d0181824_22273817.jpg
Windows 7

d0181824_22301873.jpg
Windows XP

④[名前を付けて保存]をクリックする。
(「名前を付けて保存」の画面がでます。)
d0181824_22444243.jpgwindows 7

d0181824_22342969.jpg
Windows XP

⑤ファイル名を入力する。

⑥ファイルの種類を[JPEG]に変更する。
(下向きの黒三角をクリックするとリストが出てきます)

⑦保存する場所を[デスクトップ]に指定して[保存]ボタンをクリックする。
d0181824_2246487.jpg
Windows 7

d0181824_2324715.jpg
windows XP

ここではデスクトップに保存しましたが、写真を保存する場所を決めている方はそこでも構いません。
以上の操作で届けたいパソコンの画面がJPEG形式でデスクトップに保存されます。

【保存した画像をお助けマンに届ける】
ご自分のブログをお持ちの方は、写真と同じようにブログに投稿してください。
コメントで知らせて頂ければ、ブログにお邪魔して画像を戴きに参ります。
ブログをお持ちでない方はメールに添付して送信してください。
相談室の右にある赤い郵便ポストをクリックしてメールを開きメールの[挿入]-[添付ファイル]等の方法で送信してください。
メールアドレスは『sukettopc@yahoo.co.jp』です。

お助けマン資料室に登録しておきますので、問診時に活用してください。

by pc-otasukeman | 2011-01-20 23:14 | Comments(5)

eーTaxで確定申告

今日はeーTaxによる確定申告を実施しました。
年金収入しかないお助けマン。パソコンライフの一大イベントです。

e-Taxのメリットである、
①税務署に出向かずに確定申告
②添付書類の提出省略
③還付金がスピーデー
④最高5,000円の税額控除
の文句に誘われ3年前から始めました。

企業年金から定率で引かれる源泉徴収税の還付金が楽しみで、今年も早目に実施してしまいました。
年金、健康保険、介護保険、生命保険・・・確定申告に必要な情報はエクセルで記録してありましたので1時間足らずで手続きは完了しました。

確かに便利です。
しかし、毎年思うのですが、パソコンの不慣れな方が果たして出来るのだろうかということです。
ICカードリーダーの購入から各種ソフトのインストール、複雑な登録手順、聞きなれない用語等々、大変な思いをして実施したことを思い出しました。

年金収入者のためのe-Taxなるものが出来ると良いのですが。・・・・

皆様は確定申告はどのようにされていますか?

by pc-otasukeman | 2011-01-19 22:37 | Comments(8)

【横:縦】=【16:9】と【4:3】

今日はパソコンとテレビの画面(ディスプレイ)のお話です。

テレビ放送のディジタル化により、テレビの画面はハイビジョン仕様に移行しています。
ハイビジョン画面の一番の特徴は横と縦の比率が【16:9】ということです。
今までのテレビが【4:3】ですから横長の画面になりました。
ハイビジョンテレビで古い映像を見ると両サイドが映りませんよね。映っている部分の横:縦が【4:3】ですから、違いは理解できると思います。

我が家のテレビの画面仕様は次の通りです。
(1)20インチハイビジョンテレビ
【画面サイズ】 横443.6mm×縦249,4mm(横:縦=16:9)
【画素数】   横1366(水平)×縦768(垂直)(横:縦=16:9)

(2)40インチフルハイビジョンテレビ
【画面サイズ】 横884mm×縦498mm(横:縦=16:9)
【画素数】   横1920(水平)×縦1080(垂直)(横:縦=16:9)
いずれも【16:9】です。
なお、ハイビジョンとフルハイビジョンの違いは画素数の違いです。

さて、これに対してパソコンのディスプレイを調べてみました。
お助けマン愛用のパソコンは次の通りです。
(1)Windows 7 (2009年12月購入)
【画面サイズ】 横345mm×縦194mm(横:縦=16:9)・・・・15.6インチワイド
【画素数】   横1366ドット×縦768ドット(横:縦=16:9)

(2)Windows XP(2005年6月購入)
【画面サイズ】 横304.8mm×縦228.6mm(横:縦=4:3)・・・15インチ
【画素数】   横1024ドット×縦768ドット(横:縦=4:3)

Vista以降のパソコンの画面が横長になっていますが、テレビの地デジ化に合わせて、パソコンもハイビジョン仕様に移行しているのです。
外出の帰りに家電量販店のパソコンコーナーを覗いてきました。
全機種ハイビジョン仕様の画面でした。(考えれば当たり前のことですよね)

ブロ友の皆さんは横:縦の比率【16:9】【4:3】の違いをしっかり認識しておきたいものです。なぜなら、テレビは7月にほぼ切り替わりますが、パソコンはまだまだ混在するからです。
同じブログでも次のように違って見えます。(拡大レベル:100%)
d0181824_1803591.jpg
XPの画面
d0181824_1811657.jpgセブンの画面

by pc-otasukeman | 2011-01-18 18:23 | Comments(4)