<   2011年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

無料ウイルス対策ソフト(MSE)について

お助けマン推奨の、
Microsoft Security Essentials(MSE)のトップページが変わりましたね。そして、親切・丁寧な説明も追加されましたね。
MSEはマイクロソフト社が無料で提供しているセキュリティ対策ソフトです。
Windows Updateとも連動しており、信頼できるものです。
まだ導入されていない方は是非ご検討ください。

【マイクロソフト社のホームページ】
Microsoft Security Essentialsトップページ
こんな内容です。(画像をクリックすると拡大されます)
d0181824_13391992.jpgd0181824_1339498.jpgd0181824_13401338.jpgd0181824_13403311.jpg

Microsoft Security Essentialsで、セキュリティ対策の悩みを解決しよう!
こんな内容です。
d0181824_1345146.jpg


【ブロ友パソコン相談室のMSE関連記事】
Windowsのセキュリティ対策について(4月29日追加)
Microsoft Security Essentialsインストール手順書
MSEインストール手順書(XP詳細編)
MSEインストール後の操作手順書

by pc-otasukeman | 2011-04-28 15:27 | Comments(7)

画像アップテクニック・第7回 画像の配置(まとめ)

今回のテーマ投稿はご理解頂けたでしょうか。
仕上げとして投稿者サイドと閲覧者サイドでどう注意すれば良いかまとめてみました。

【投稿者サイドの注意事項】
①改行タグを適宜挿入する
 画像を左配置や右配置で挿入する時は、画像の区切りや文章の区切りに改行タグ<br clear=all>を挿入すること。
例えば、左配置で画像を挿入し、その右余白に説明文を入れる場合は説明文の最後に改行タグを挿入します。そうすると、表示文字サイズを変更しても次の文章は必ず新しい行の1桁目からスタートします。
また並んでいる画像の途中で行を変える場合も改行タブを挿入しないと次の行に移すことはできません。

なお、中央配置の場合は画像と文章の配置関係は変わりませんので改行タグの挿入は必要ありません。
ワードの「テキスト(文字列)の折り返し」をご存知の方は中央配置が「上下」、左右配置は「外周」をイメージして頂ければ理解できると思います。

②複数の画像を横に並べるときは行幅に注意すること
 複数の画像を横に並べて表示する場合、画像の左端から右端までの横幅が本文行幅を超えないこと。
「ブロ友パソコン相談室」の本文行幅は520ピクセル、画像間の余白は10ピクセルです。
2枚の画像を横幅一杯に配置する場合は1枚の横幅は255ピクセルになります。
合計が1ピクセルでもオーバーすると、自動改行処理でおかしくなってしまいます。
本文行幅を調べるには互換表示をオフにして、2枚の画像の横幅を増やしていき、2枚目の画像が次の行に移る寸前の幅が行幅一杯ですから、2枚の画像幅を足して2で割れば1枚の画像幅が求まります。
画像間余白はスキンの設定により変わります。設定値が判らない場合でもこの方法で画像の横幅を決めることができます。なお、本文行幅より少ない場合は右端のラインが揃わないという問題がありますが画像が消えることはありません。

③半角英数記号の文字列は行幅に収まる桁数にすること
 半角英数記号の文字列が行幅を越えると、右にはみ出した部分が消える場合があります。文字列の横幅は表示文字サイズの設定により変化しますので、消えては困る文字列は表示文字サイズの設定を「最大」にして確認する必要があります。
 
次の2つの文字列(赤字)がどのように見えるか、表示文字サイズを「中」と「最大」に切り替えて観察してください。また、IE8の方は互換表示を「オン」と「オフ」にして、それぞれ観察してください。特に最後の?マークに注目してください。(拡大レベルは100%に)
文字列Aは23桁の数字と最後に?マークを入力、
文字列Bは24桁の数字と最後に?マークを入力、
文字列Cは70桁の数字と最後に?マークを入力しています。
d0181824_7264626.jpg文字列A
12345678901234567890123?
文字列B
123456789012345678901234?
文字列C
1234567890123456789012345678901234567890123456789012345678901234567890?

自動改行の処理の違いによって見え方が違うことが判ると思います。
互換表示オフの場合も最大行幅を超える部分は消えてしまいます。表示文字サイズを「最大」にすると?マークは見えなくなります。

④重要なブログは表示画面を厳密にチェックすること
 不特定多数を対象に提供する重要なブログは表示に影響する全項目を検証すること。
特に画像や文字が消えてしまうと大変なことになりますので、行幅管理をしっかり行う必要があります。
個人商店や有名なサイトでも、設定を変えて見ると、文字が見えなかったり、レイアウトが崩れたりして発信者の意図が伝わらないるケースが散見されています。

【閲覧者サイドの注意事項】
 究極的な対策は投稿者のパソコンと同じ仕様、同じ設定にすることですが、それは不可能です。
そこで、少なくとも皆さんが出来る設定は合わせておきたいものです。
このブログをご覧になっている方は次のように設定しておくことをご提案いたします。

①表示文字のサイズは「中」に設定する
<設定方法>
メニューバーにある[表示]または[ページ]をクリック。出てきたメニューの中の[文字のサイズ]をポイントし、更に出てきたリストの[中]をクリック。
d0181824_6171938.jpgd0181824_617525.jpg

②Internet Explorer 8をお使いの方は互換表示を「オフ」に設定する
<設定方法>
メニューバーにある[ツール]または[ページ]をクリック。出てきたメニューの中の[互換表示]にチェックが入っているときはクリックしてチェックを外します。
d0181824_6212121.jpgd0181824_62154100.jpg

IE8をお使いの方はアドレスバーの右横にある[互換表示]ボタンをクリックすれば「オン」「オフ」反転します。ボタンが押された表示のときは互換表示オンです。
なお、互換表示ボタンが表示されないサイトもあります。
d0181824_6143994.jpg


③Internet Explorer 8をインストールする
IE6。IE7のバージョンを使っている方はIE8にバージョンアップしてください。
改行処理についてはIE6とIE7は同じようです。
話題の「YouTube」を見るにもIE8が必要です。この機会にIE8へのバージョンアップをお奨めします。
なお、Windows XPをお使いの方、SP2以前のバージョンではIE8をインストールできません。先にWindows Update等でSP3をインストールしてください。
皆さんの中でまだSP3になっていない方、メインメモリが256MBの方がおりましたら、コメントでお知らせください。ご要求があればご支援いたします。

以上で今回の投稿は完了です。
画像の挿入テクニックはブロ友の皆さんにとって必要なものです。
楽しいブログを書いたり読んだりするために、今回のシリーズはお役に立つと思います。
しっかり勉強していただき、パソコンライフを楽しんで頂ければ幸いです。

4月29日から5月1日までお休みさせていただきます。 
 

by pc-otasukeman | 2011-04-27 17:05 | Comments(6)

画像アップテクニック・第6回 画像の配置(注意事項)

 ブログに写真やイラスト、動画、テキストボックスを挿入すると、投稿者(書く方)も閲覧者(見る方)も楽しくなります。
しかし、投稿者の苦心作も閲覧者が見たときに、画像や文字が消えてしまったり、配置がおかしくなったりすると、台無しになってしまいます。そればかりか、閲覧者を困惑させてしまいます。
「柚子の画像のミステリ」でもお話ししましたが、原因は投稿者と閲覧者のパソコンの違いによるものなのです。
画像の配置を勉強した機会にこの問題をもう一度整理してみました。
原因と対応策を理解して頂きお役立てください。

【画面の表示に影響するパソコンの仕様と設定】
投稿者のパソコンと閲覧者のパソコンの違いが発生する項目を挙げてみました。
①ディスプレイの違い
 (ブラウン管画面、液晶画面、画面の縦横比3:4、同9:16等)
 (ブログ本文の画像や文章の配置には影響なし)
②画面の解像度の違い
 (1366×768ピクセル、1024×768ピクセル等)
 (ブログ本文の画像や文章の配置には影響なし)
③基本ソフト(OS)の違い
 (Windows、Mac等)
 (ブログ本文の画像や文章の配置には影響なし)
④インストールされている文字フォントの違い
 (MS明朝、MSゴシック、Verdana 等)
 (エキサイトブログはVerdana(ヴァーダナ)を使用しています。Verdanaがインストールされていないと既定のフォントに変わってしまいます)
 (文字間隔の違いで1行当たりの文字数に影響する)
⑤ブラウザの違い
 (Internet Explorer(IE)、Google Chrome、Safari、Firefox等)
 (ソースの処理仕様によって変わります。特に自動改行処理は影響が大きい)
⑥ブラウザのバージョンの違い
 (IE6、IE8 等)
 (ソースの処理仕様によって変わります。特に自動改行処理は影響が大きい) 
⑦互換表示の設定の違い
 (IE8にある機能で、互換表示をオンにするとIE6の表示に切り替わる)
 (自動改行処理の決まり事が違うので影響が大きい)
⑧表示文字サイズの設定の違い
 (表示する文字のサイズを「最大」「中」等から選択し設定する)
 (1行当たりの文字数が変わるので影響が大きい)
⑨画面の拡大レベルの指定の違い
 (画面全体を「100%」、「125%」、「150%」等から設定する)
 (ブログ表示部全体の拡大・縮小なので画像や文章の配置には基本的には影響なし)

以上の項目の中で一番問題になるのが⑦互換表示と⑧表示文字サイズの設定です。
前回説明しました「自動改行の決まり事」が直接影響するからです。

では、投稿者と閲覧者の双方から見て画面がどう影響されるか具体的に見てみましょう。

【投稿者サイドから】
今、私は互換表示を「オフ」、表示文字のサイズを「中」、拡大レベルを「100%」に設定して、次の配置をイメージして投稿記事を書いています。
d0181824_724232.jpg
ミルク姫(猫)の写真を上の段に2枚、下の段の左側に1枚を配置。そして右余白に画像タグの説明文を挿入する構図です。

入力を終えプレビュー画面で配置を確認して[送信]をクリックしました。
それが下の記事です。
皆さんのパソコンにはミルクの画像と説明文がどのように表示されていますか?
私のイメージと同じ配置でしょうか?

d0181824_2136843.jpgd0181824_21365714.jpgd0181824_2137572.jpg画像タグ①[#IMAGE|,,,4/24/|left|255|192#]
画像タグ②[#IMAGE|,,,4/24/|left|255|192#]
画像タグ③[#IMAGE|,,,4/24/|left|255|192#]
【説明】
画像タグは一部省略してあります。
横幅のピクセル数「255」に注目してください。
アップロードした画像の横幅は800ピクセルですが、ブログの表示は255ピクセルに書き換えています。


【プレビュー画面】
送信前に確認したプレビュー画面と投稿者のパソコンの仕様と設定です。
d0181824_11301770.jpg①縦横比=9:16
②1366×768ピクセル
③Windows 7
④Verdanaフォント有
⑤Internet Explorer 8
⑥8.0.7601.17514
⑦互換表示:オフ
⑧表示文字サイズ:中
⑨拡大レベル:100%
(ソースコードをコメント欄のトップに示してあります)

【閲覧者サイドから】
上の投稿画面を閲覧者のパソコンでどのように見えるでしょうか。
私のWindows 7パソコンとWindows XPパソコンで閲覧して見ました。

【Windows 7パソコン】
d0181824_15431196.jpg(1)投稿のパソコンと同じ設定で見た画面です。
⑦互換表示:「オフ」
⑧表示文字サイズ:「中」
当然、プレビュー画面と同じくなります。

d0181824_15501426.jpg(2)互換表示をオフのまま、表示文字サイズを「最大」に設定した画面です。
説明文の配置が大きく崩れています。自動改行の処理で英数文字列である画像タグが次の行に移されています。

d0181824_15534595.jpg(3)互換表示をオンに設定し、表示文字サイズを「中」に戻した画面です。
3枚目の写真と画像タグの一部が消えています。自動改行処理により、行をはみ出た部分が表示されないからです。


【Windows XPパソコン】
ブラウザはWindows 7と同じInternet Exploerer 8です。
互換表示を「オフ」に設定、表示文字サイズを「中」に設定した画面です。
横にパソコンの仕様と設定を示しておきます。
d0181824_1691744.jpg①縦:横比=3:4
②1024×768ピクセル
③Windows XP
④Verdanaフォント有
⑤Internet Explorer 8
⑥8.0.6001.18702
⑦互換表示:オフ
⑧表示文字サイズ:中
⑨拡大レベル:100%

ブログ本文の画像と文章の配置はWindows 7と全く同じです。設定を変更しても画面の変化はWin7と同じですから、他の例は割愛します。


【原因と対策】
閲覧者サイドから見ると原因はすぐ判りました。単純な原因でした。2枚の写真の後に改行タグ(<br clear=all>)の挿入を忘れたからです。
改行タグを挿入して対策すると次のようになります。
文字の大きさが変わる関係で説明文の配置は変わりますが、画像が消えたり、説明文が消えたりすることはなくなります。お試しください。

d0181824_2136843.jpgd0181824_21365714.jpg
d0181824_2137572.jpg画像タグ①[#IMAGE|,,,4/24/24/|left|255|192#]
画像タグ②[#IMAGE|,,,4/24/24/|left|255|192#]
画像タグ③[#IMAGE|,,,4/24/24/|left|255|192#]
【説明】
画像タグは一部省略してあります。
横幅のピクセル数「255」に注目してください。
アップロードした画像の横幅は800ピクセルですが、ブログの表示は255ピクセルに書き換えています。


(対策後のソースコードをコメント欄の2番目に示してあります)

今日はここ迄、続きます。

by pc-otasukeman | 2011-04-26 09:14 | Comments(2)

画像アップテクニック・第5回 画像の配置(後編その2)

【テクニック(3)画像の横にテキスト(文字)を配置する】

画像の説明をするときによく使う配置です。「左」配置と「右」配置の例です。

【文章が多いときは画像を小さく】
d0181824_7165991.jpg説明
左の画像は本文、ロゴ、メモ帳に挿入する画像の横幅を設定する画面です。相談室の設定値です。

【文章が少なく、画像が中心の場合】d0181824_7211898.jpg



 見事なさくら
   花びら?
    花房?

【ポイント】
①説明文は左配置・右配置に関わらず画像タグの後に入力する。
 改行や改行タグを忘れずに挿入する。
②画像の大きさは画像タグの表示サイズを書き変え、プレビューで確認しながら調整する。
 (アップロードの画像の大きさは横800ピクセルがよい)
③テキスト(文字)エリアを意識して改行やスペースを使って文字を配置する。
 (桜の画像の説明文は改行とスペースで配置を調整しています)
④閲覧者の表示文字サイズはいろいろです。
 (表示文字サイズを「中」にして作成し、「最大」でチェックすれば完璧!)

【自動改行処理について】
ブログの投稿記事は画像、ひらがな・漢字文字、カタカナ文字、英数記号文字で構成されています。
入力をしていく中で、改行したい位置で[Enter]キーを押し、行を改めたいときにり改行タグを挿入して記事を作っていきます。
そんな操作の中で、意識しなくても行幅を超えると自動的に改行してくれる機能があります。これが自動改行機能です。
ワードの入力で意識しなくても行幅一杯になると次の行に移る機能です。
文字サイズを変更しても、自動的に改行位置を変更してくれる機能です。
ブログにおいても自動改行機能があります。その自動改行には決まり事があるのです。
互換表示の設定や表示文字サイズの設定により、ブログの画面が異なるのはこの決まり事によるものなのです。これを理解すればもやもやも解決するでしょう。
お助けマンが発見した決まり事をお知らせしますので、参考にしてください。

【自動改行の決まり事】
(1)漢字、ひらがな、カタカナ等の日本語は1文字単位で自動改行する。
(2)英数記号文字は文字列単位(文字のかたまり)で自動改行する。
   文字列の途中が行末にかかる場合は文字列全体が次の行に移ります。
(3)英数記号の文字列が行幅を超えるときは、はみ出した部分は表示からカットされます。
   文字列の途中で分割されることはありません。
   なお、互換表示がオフの時は最大行幅を越える場合のみはみ出し部分がカットされます。

次の画像と記事は上の画像のソースコードとその説明文です。
互換表示をオン・オフし、文字サイズをいろいろ変えて表示画面を観察してください。
画像タグから最後の・・「フル入力しています」までは改行なしで入力してあります。
上記の決まり事で解析してみてください。

d0181824_11133842.jpg左は横幅300ピクセルの画像を「左」指定で挿入しています。ABCDEFGHIJKLMNOPQ??画像タグ((((#IMAGE|d0181824_11133842.jpg|201104/21/24/|left|300|114#))))はカッコを削除してフル入力しています。


【英数文字列が設定によってゴチャゴチャになっていることがわかります。記事の中に英数文字列を挿入するときは特に注意が必要なことが分かります、】

【基本的なことを理解するといろいろと応用ができます】
下の画像配置はその1例です。

 左半分
d0181824_2285216.jpg 中央
d0181824_2217484.jpg 右半分
d0181824_22224343.jpg 幹
d0181824_22133793.jpg 幹と枝
d0181824_22155238.jpg 花房
d0181824_22162948.jpg


今日はここまで、
さらに続きます。お楽しみに。
次回投稿は来週の月曜日の予定です。


   

by pc-otasukeman | 2011-04-21 09:05 | Comments(6)

画像アップテクニック・第4回 画像の配置(後編)

画像の左ないし右側に説明文を入れたり、小さな画像を沢山挿入したり、いろいろとやりたいことがあると思います。
4月13日に投稿した下のサンプル画像配置をベースにお話しを進めましょう。

【サンプル画像配置】
①全景(前から、後から)
d0181824_215079.jpgd0181824_21512012.jpg

②左・中央・右・幹・幹と枝・花ひら
d0181824_2285216.jpgd0181824_2217484.jpgd0181824_22224343.jpgd0181824_22133793.jpgd0181824_22155238.jpgd0181824_22162948.jpg


【まず、次のことを確認してください】
(パソコンの表示の拡大レベルを「100%」に、表示の文字サイズを「中」に設定してください)
①上の各画像をクリックして、出てきた別画面の画像が大きくなりましたか?
②出てきた画像の大きさは横幅800ピクセルないし500ピクセルになりましたか?
( 小さい画像の左から3つ目だけ横幅が500ピクセルです)
 (ディスプレイの横幅から推測してください)
③IE8をお使いの方、互換表示をオンにしてもオフにしても画像配置は変わりませんか?
④画像がきちんと整列して配置して見えますか?

d0181824_1055569.jpg右の画像は私のWindows 7パソコンで見た画面です。
花びらの画像をクリックして別画面を出した状態です。
(ディスプレイの横幅は1366ピクセル)

別画面は位置と大きさを変えています。


どなたもこの画面のように見えると思います。
配置が崩れて見える方はコメントでお知らせください。

【画像配置テクニックのご紹介】
上の画像は次のことに注意して挿入しました。
①画像をクリックして出る別画面は見やすい範囲で大きくする。
②小さな画像はバランスの取れた枚数を挿入する。見える範囲の大きさとする。
③左右の余白に注意し整然とした配置にする。
④横幅1366ピクセルと横幅1024ピクセルのパソコンで見える大きさにする。
⑤Internet Explorer 8の互換表示の設定がオンでもオフでも崩れないようにする。

【テクニック(1)アップロードの画像は横幅800ピクセルに加工する】
ブログ掲載用の写真は横幅800ピクセルに加工してアップロードする。
ブログの画像をクリックして出る別画像として丁度よい大きさであり。1024ピクセルのパソコンでも画面内に収まる大きさです。ほとんどの画像はファイルサイズが500KBに収まりますが、絵柄によっては500KBを超えるものがあります。この場合自動縮小されてしまいますが、私はやむなしとしています。小さい画像の左から3枚目の画像がそうです。
ただし、説明用のパソコンの画面は原寸大でアップロードしています。
Windows 7パソコンは横幅1366ピクセル、Windows XPパソコンは横幅1024ピクセルの大きさです。

【テクニック(2)複数の画像を本文幅一杯に横に並べる】
画像を挿入できる本文欄の横幅はスキンによって決まっています。
相談室の場合は520ピクセルです。
複数の画像を並べたとき、画像の横幅と画像間余白の合計値が520ピクセルになるように画像の横幅を決めます。画像間余白は相談室は10ピクセルですから画像の枚数によって画像の横幅は決まります。上の画像で説明しましょう。

[桜全景画像2枚の場合]
画像間余白が1個ですから、
520-10=510となり、2枚の各写真の横幅は510÷2=255ピクセルとなります。

[小さな画像6枚の場合]
画像間余白が5個ですから、
520-50=470となり、6枚の各写真の横幅は470÷6=78余り2となります。
6枚の写真の横幅を78ピクセルにすれば、収まりますが、2ピクセルの隙間ができてしまいます。
整然と並べるために、2枚の画像だけ横幅を79ピクセルに補正します。
こうすれば、78×4+79×2+10×5=520ピクセルとなり、横幅一杯になります。
両サイドの縦のラインを2枚画像とぴったり合わせることができて整然と見えることになります。

[注意]
横幅の合計が1ピクセルでもオーバーすると画像の配置が崩れてしまいます。
互換表示がオフの場合ははみ出した画像は次の行に移りますし、互換表示がオンの場合はオーバーした部分が表示から外れて見えなくなります。

横幅が決まったところで、次の手順で投稿記事に入力します。
①投稿画面を開く。
②画像を挿入するところにカーソルを置く。
③画像配置「左」を選択して画像アップロードを実行する。
④アップロードされた横幅800ピクセルの画像タグが挿入されます。
横幅800となっていますが、表示は自動的に横幅400になります。
ここで、表示サイズを計算で求めた横幅に書き換えます。縦サイズも縦横比が同じになるように書き換えます。

[アップロードで挿入されたタグ]
赤の部分が表示サイズを指定するエリアです。
[#IMAGE|d0181824_215079.jpg|201104/13/24/|left|800|600#]

[表示サイズを手直ししたタグ]
[#IMAGE|d0181824_215079.jpg|201104/13/24/|left|255|192#]

⑤続けて2枚目以降の画像を改行せずに挿入します。(全て画像配置は「左」を選択)
⑥最後に改行タグ<br clear=all>を入れれば完了です。

完成したソースコードは次のようになります。
d0181824_6532324.jpg



【ポイント】
画像の場合は表示幅をオーバーしたとき次のように処理されます。
互換表示:オフ・・・・自動改行
互換表示:オン・・・・改行せずはみ出た部分は表示されない。
画像が見えない理由の多くは改行処理がうまくいかず、はみ出しているためです。

表示幅や画像間余白のピクセル数については別途説明します。

今日はここまでにします。
次回は画像とテキスト(文字)の関係を説明します。

by pc-otasukeman | 2011-04-20 09:57 | Comments(2)

画像アップテクニック・第4回「 画像の配置(前編)」

ブログアップ用画像の準備ができたところから説明をします。
下の画像はテーマ投稿用に加工した画像を保存したフォルダです。(参考)
d0181824_95281.jpg

いよいよ最後は、画像のアップロードと配置です。(以下、エキサイトブログで説明します)

【ブログに表示できる画像の大きさを確認する】
まず、ご自分のブログで表示できる画像サイズを調べましょう。
①マイブログにログイン
②[設定]をクリック
③左側のマイブログ情報にある[スキン変更]をクリック
④現在使用中のスキンにある[編集]をクリック
⑤下の画像が出ますので、本文の横幅を記録してください。
「ブロ友パソコン相談室」は「本文500」に設定されています。
(今回は確認のみにします。確認したらマイブログメインに戻ってください)
d0181824_7235142.jpg


【本文500の意味】
「本文500」は本文欄に表示できる画像の最大横幅を示しています。
この数値を以下「本文設定値」と呼ぶことにします。
ちなみに、上の画像そのものの横幅は500ピクセルです。相談室の最大横幅です。
(表示の拡大レベルを100%に設定するとディスプレイと1:1の関係で見ることができます)

【配置指定の「中央」「左」「右」の意味】
投稿画面にある[参照]をクリックすると下のような画面が表示されますね。画像とテキスト(文字)の配置は図で示されている通りです。どの配置にするか、ここで選択します。
d0181824_16191676.jpg
ここで、大切な決まり事が二つあります。
ひとつは、
「中央」設定のときは横幅の最大値は「本文設定値」そのものになりますが、「左」および「右」設定のときは横幅の最大値は「本文設定値」より100ピクセル少ない値となること。
(これはテキスト(文字)エリアを確保するためだと思います)
二つ目は、
アップロードされた画像の横幅が最大値より大きい場合は自動的にそれぞれの最大値に縮小されて表示されることです。(表示の自動縮小)

【表示画像の自動縮小機能】
表示画像の自動縮小の機能は、「本文設定値」よりも大きな画像をアップロードしておけば、必ず表示画像は最大値の大きさで表示されるという便利な機能です。
画像サイズを意識しなくても、画像を加工しなくても、撮影した写真をそのままアップロードすれば最大値の大きさで画像を表示することができるのです。初心者にはありがたい機能です。

ただ、注意することは画像をクリックして別画面に出てくる画像の大きさです。
オリジナル画像のファイルサイズが500KBを超えると、アップロードする時に「本文設定値」の横幅に自動的に縮小されますから、別画面の大きさは「本文設定値」より大きな画面にはなりません。
同じ操作をしていてもある画面は大きくなり、ある画面は変わらないということがあります。
これは画像のファイルサイズが500KBを超えるか否かが原因です。

ここに掲載されている画像は全て横幅1366ピクセルの画像をアップロードしています。
上の画像は配置指定が「中央」であり、横幅は500ピクセルになります。
下の画像は「左」指定と「右」指定です
d0181824_16191676.jpg「左」指定
横幅400ピクセル

d0181824_16191676.jpg「右」指定
横幅400ピクセル


上の画像をクリックして出てくる別画面の大きさは全て横幅1366ピクセルの大きさになります。
別画面の画像の大きさはアップロードした画像の大きさになるという仕組みがありますから、理解できると思います。

皆さんのパソコンのディスプレイは横幅1366ピクセルか1024ピクセルだと思います。
画面の拡大レベルを100%にすると、横幅1366ピクセルのパソコンでは別画面の画像を見るとディスプレイ一杯になり、1024ピクセルのパソコンで見るとははみ出して見える筈です。
少しくどい説明になりましたが、ピクセルの考え方もご理解いただけたと思います。

ちょっと長くなりますので、今日はここまで。
続きは小さな画像の挿入です。テクニック満載です。ご期待ください。

by pc-otasukeman | 2011-04-19 16:36 | Comments(9)

第4回は今夜投稿させていただきます。

昨日(4月18日)はお助けマン67歳の誕生日でした。
予期せぬ楽しく・嬉しいサプライズがあり、ブログアップができませんでした。お許しください。
第4回は今夜投稿させていただきます。

by pc-otasukeman | 2011-04-19 07:28 | Comments(4)

画像アップテクニック・第3回「画像のサイズ変更」

今回のテーマは少し難しいように思われますが、じっくり読んで頂ければ理解できると思います。
画像を挿入する楽しみが増すことを期待します。

【基本的な事柄】
「ピクセル」・・・画像を構成する点のことでしたね。
画像の大きさはこのピクセルで表されます。

私のデジカメは次の大きさの写真が撮れます。
800万画素のカメラ:横3456ピクセル×縦2304ピクセル(縦横比=2:3)
300万画素のカメラ:横2048ピクセル×縦1536ピクセル(縦横比=3:4)

パソコンのディスプレイのサイズもピクセルで表されます。
私のパソコンは次のサイズに設定してあります。
Win 7パソコン:横1366ピクセル×縦768ピクセル(縦横比=9:16)
Win XPパソコン:横1024ピクセル×縦768ピクセル(縦横比=3:4)

画像のピクセルとディスプレイのピクセルは1:1の関係にあることを頭に入れてください。
縦768ピクセルのディスプレイに対して800万画素のデジカメの写真は3倍、300万画素のデジカメは2倍の大きさですから、ディスプレから大きくはみ出してしまう理屈が理解できると思います。

そこで、必要になるのが画像のサイズ変更なのです。
このサイズ変更の仕組みとやり方を理解していただくのが今回のテーマの目的です。

【画像のサイズを確認する】
画像のサイズを実際に確認してみましょう。
①写真が保存されているフォルダを開きます。
②調べたい写真をクリックして選択します。
(クリックで開く方はポイントだけしてください)
③写真のサイズと大きさが表示されます。
左が300万画素の写真、右が800万画素の写真の大きさを表示したものです。

d0181824_12171992.jpgd0181824_1218353.jpg

注:画像のサイズを表すのに、ファイルの容量(単位:バイト)と写真の大きさ(単位:ピクセル)の2つの方法があります。ここではピクセルで表す方を「大きさ」と呼称しています。

下の画像はWin 7のディスプレイの画面をプリントスクリーンでコピーして、ペイントに貼り付けてJPEGファイルとして保存した画像の大きさを確認したものです。
画像の大きさはディスプレイの大きさと同じであり、1:1の関係にあることが分かります。
d0181824_12243654.jpg


【画像のサイズ変更】
画像サイズを変更するには画像加工・編集ソフトの「画像のサイズ変更」ツールを使います。
画像加工・編集ソフトはいろいろなものがありますが、ここでは皆さんのパソコンにインストールされている「Microsoft Office Picture Manager」を使って説明します。
(Windows 7パソコンで説明しますがWindows XPも同様です)

【写真加工ソフトの起動】
d0181824_13551728.jpg①ブログに挿入する写真が入っているフォルダを開く
②写真のアイコンを右クリックし出てきたリストの中の[プログラムから開く]をポイント
③出てきたリストの中の[Microsoft Office Picture Manager]をクリック

Picture Managerが起動して写真が表示されます。
d0181824_13584296.jpg


d0181824_1334911.jpg④メニューバーの[画像の編集]をクリックすると右側に作業メニューがでますので、その中の[サイズ変更]をクリックします。


【サイズ変更】
開いた写真の大きさは横3456ピクセル×縦2304ピクセルです。この写真をブログに挿入できる大きさに加工します。私は横幅800ピクセルの画像をアップロード用の画像に使っています。理由は写真のファイルサイズが500KB以下に収まるからです。
d0181824_13513464.jpg⑤サイズ変更の画面にはサイズ変更の設定として、「定義済のサイズ」、「ユーザー設定のサイズ」、「拡大または縮小率」の3通りあります。横幅800ピクセルは定義済のサイズの中に「ドキュメント小」がありますので、それを選択します。
⑧サイズの設定の概要欄の「新しいサイズ」が800×600ピクセルになっていることを確認して[OK]をクリックします。

d0181824_14115646.jpg⑨横幅800ピクセルの画像が出てきますので、この画像を[名前を付けて保存]します。
保存先はデスクトップに作ったフォルダ「ブログアップ画像」ですね。


注意:今回ブログに挿入した説明用の画像は全てディスプレイの表示をプリントスクリーンでコピーした画像です。画像サイズは横1366×縦768ピクセルでアップロードしています。
クリックして出てくる画面が大きくなりますが小さい文字が多いのであえて縮小はしませんでした。
(これもテクニックのひとつです)

次回は第4回「画像の配置」です。
大きな画像、小さな画像、左寄せ、右寄せ、中央・・・
ブログの内容によって画像に変化をつけると投稿者も閲覧者も楽しくなります。
ちょっとしたノウハウもありますので、楽しみにしてください。
第4回は18日投稿予定です。

by pc-otasukeman | 2011-04-16 15:16 | Comments(6)

画像アップテクニック・第2回「写真のトリミング」

撮影した写真を縦横のサイズを調整したり、邪魔な部分をカットしたり、一部部分を取り出したりすると見栄えが良く、想いがこもったブログ画像になります。
これらの加工は画像加工・編集ソフトの「トリミング」ツールで実現することができます。
画像加工・編集ソフトはいろいろなものがありますが、ここでは皆さんのパソコンにインストールされている「Microsoft Office Picture Manager」を使って説明します。
(Windows 7パソコンで説明しますがWindows XPも同様です)

【写真加工ソフトの起動】
私は写真を加工するときは次の手順で進めています。
d0181824_13551728.jpg①ブログに挿入する写真が入っているフォルダを開く
②写真のアイコンを右クリックし出てきたリストの中の[プログラムから開く]をポイント
③出てきたリストの中の[Microsoft Office Picture Manager]をクリック

Picture Managerが起動して写真が表示されます。
d0181824_13584296.jpg


d0181824_1402054.jpg④メニューバーの[画像の編集]をクリックすると右側に作業メニューがでますので、その中の[トリミング]をクリックします。


【トリミング】
撮影した写真は右側にログハウスが写っています。ログハウスをカットして桜の木だけの写真を作って見ましょう。
d0181824_1435130.jpg⑤トリミングツール画面には、トリミングの設定、トリミングハンドル、画像サイズが表示されています。
⑥トリミングの設定で縦横比を設定します。私はいつも3:4に設定しています。(詳細は第4回で説明します)
⑦画像の周囲8箇所に黒いトリミングハンドルがありますので、それをドラッグして写真の輪郭線を決めます。ここでは右の家をカットします。
⑧輪郭が決まったら[OK]をクリックします。

d0181824_14184412.jpg⑨トリミングされた画像が出てきますので、この画像を[名前を付けて保存]します。
保存先のフォルダは当然、デスクトップに作った「ブログアップ画像」ですね。

画像サイズがどう変わったか画像サイズ欄を見ると分かります。
このトリミングによって横3456ピクセル、縦2304ピクセルの画像が横2574ピクセル、縦1931ピクセルの画像になりました。
トリミングにより簡単に新しい構図の写真をつくることができるのです。

【完成写真】
下の写真はオリジナルの写真とトリミングで作った2枚の写真です。
d0181824_16312025.jpgオリジナル


d0181824_16323248.jpg桜の全景

d0181824_16333819.jpg電柱をカットした右側の桜


【写真(JPEGファイル)を開くときに常にPicture Managerを起動する設定】
フォルダにある写真をダブルクリックして開くときに起動するプログラムを設定する方法です。
d0181824_1785497.jpg①写真のアイコンを右クリック
②出てきたリストの中の[プログラムから開く]をポイント
③出てきたリストの[既定のプログラムの選択]をクリック

d0181824_17111162.jpg④「ファイルを開くプログラムの選択」の画面が出るので、
 Microsoft Office Picture Managerをクリックして選択
⑤「この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックをいれる。
⑥[ok]をクリック

これで写真をダブルクリックで開くと常にPicture managerが起動されるようになります。
他の画像加工ソフトでも設定できます。

次回は第3回「画像のサイズ変更」です。(次の次は画像の配置)

by pc-otasukeman | 2011-04-15 17:19 | Comments(4)

画像アップテクニック・第1回「準備作業」

私たちのブログには写真やイラストが必ず挿入されていますね。
ブログを訪問して画像を見ると楽しくなります。
旅の写真、ペットの写真、花の写真、イベントの写真、時にはパソコンのトラブル画面・・・いろいろです。思わず写真に見入り、びっくりしたり、感激したり、癒されたり、時には写真技術に関心したり。
画像には投稿者の想いが込められているからでしょうね。
画像は大切な役割を担っていると思っています。
今回から4回にわたり、
お助けマンが使っている画像アップテクニックをご紹介します。皆様のブログ作りにお役に立てば幸いです。
投稿内容は次の通りです。
第1回 準備作業
第2回 写真のトリミング
第3回 画像のサイズ変更
第4回 画像の配置

第1回「準備作業」
 私は撮影した写真は撮影月のフォルダにどんどん取り込んでいます。このフォルダの中はグチャクチャ状態です。ミルク姫の写真、桜の写真、花の写真などが混在しています。
その中からブログに挿入する写真を選んで、加工していますが、
いつも困ることは画像のアップロードの際、加工した画像をどこに保存したか忘れてしまうことです。そこで最近では、準備として「ブログアップ画像」と題してデスクトップに新しいフォルダを作成してそこに保存するようにしています。

【お助けマンのWin 7パソコンのフォルダ紹介】
 次の3つの画像は私のマイピクチャ、ブログアップ画像、デスクトップの各フォルダの中身です。
フォルダ作りの参考にしてください。
d0181824_222156.jpgd0181824_2220462.jpgd0181824_224250.jpg


【デスクトップにフォルダを作る】
準備作業としてデスクトップに「ブログアップ画像」フォルダを作ります。
手順を示しておきますので、初心者の方は試してください。

d0181824_22455100.jpg①アイコンの無い部分で右クリック。
②出てきたリストの中の[新規作成]をポイント
③更に出てきたリストの中の[フォルダ]をクリックすれば「新しいフォルダ」が作成されます。フォルダの名前を「ブログアップ画像」と付ければ準備完了です。
トリミングやサイズを加工した画像はこのフォルダに保存して、ここから画像をアップロードします。この準備作業は私にとって大切なステップです。

by pc-otasukeman | 2011-04-14 22:54 | Comments(6)