<   2011年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

PCの引越しのお話し(引越しツールを使う(2/2))

PCの引越しのお話し(引越しツールを使う(1/2))の続きです。

こん包データがUSBメモリに入っています。
d0181824_10453777.jpg

USBメモリをトラックに例えると、こん包データが積まれたトラックが7パソコンに横付けされた状態です。
これからトラックから荷物を下ろして、指定の場所で開こんします。
パソコンを一人で使う場合は場所が決まっていますが、ユーザアカウントを設定して複数人で使っている場合は開こんするユーザでログオンする必要があります。
お助けマンは「テスト用3」というアカウントを設定して、そこにXPのデータを引っ越すことにします。

【開こん】
①「テスト用3」にログオンします。
一人でお使いの方はこの操作は必要ありません。

②「PC引越ナビ】を起動します。
既に次の画面が出ている場合はこの操作は不要です。
ステップ⑤に進みます。
d0181824_15231388.jpg

電源を再投入した場合と、ユーザーの切り替えを行ったときは、[スタート]-[すべてのプログラム]-[PC引越ナビ]とクリックして起動します。

③使用許諾書に同意し、注意事項、機能説明の次に「引っ越し方式の選択」画面がでますので、下の方にある矢印をクリックします。
d0181824_11574067.jpg

④[引っ越し荷物の開こん]にチェックを入れて、[次へ]をクリックします。
d0181824_123410.jpg

⑤「引っ越し荷物開こん」の画面が出ます。
こん包データが入ったUSBメモリを装着してチェックを入れます。
d0181824_12112380.jpg

⑥こん包データが入っている場所を確認してチェックを入れます。
d0181824_1217345.jpg
USBメモリが既に指定されています。

⑦[開こんスタート!]をクリックします。
d0181824_12213236.jpg

⑧開こんが始まります。
d0181824_12243682.jpg

⑨こん包データの中にメールアカウントが含まれている場合は本人確認のため、ユーザー名(メールアカウント)とパスワードの要求があります。プロバイダの登録内容通知書等で正しく入力します。
注意:インターネットに接続していないときはこの画面はでません。接続エラーが出た場合は閉じてください。
d0181824_1227535.jpgd0181824_12292921.jpg

⑩これで開こんが終了です。開こん内容を確認して[次へ]をクリックします。
d0181824_1230332.jpg

⑪終了画面です。読んでから[終了]をクリックします。
d0181824_1231940.jpg

⑫再起動の要求が出ますので、[再起動]をクリックします。

【引越の確認】
さて、引っ越し後の部屋を見てみましょう。
①「テスト用3」にログオンします。
②インターネットを起動します。
トップ画面、お気に入り等 XPで設定されていたものが移されています。成功です。
d0181824_1343020.jpg


③次にメールを起動します。
XPはOutlook Expressでしたが7パソコンはWindows live メールです。
始めて起動しましたので、初期設定のステップがはいります。
注意:ユーザ名(メールアカウント)とパスワードが要求されたら入力します。
3つのメールアカウント、アドレス帳、メール送受信データも移行されています。成功です。
d0181824_13102072.jpgd0181824_1311188.jpgd0181824_13115937.jpg


④XPのマイドキュメントのフォルダやファイルもすべて移行されていました。

以上で引っ越しは終りです。

この投稿は引越ツールの概要を理解して頂くことが目的です。
簡単操作で引っ越しが出来ると感じて頂ければ幸です。
なお、引越ツールは様々です。
それぞれの取扱説明書や操作画面に従ってください。
東芝の「PC引越ナビ」しか検証できませんでしたが各社とも同様なレベルにあると思っています。
非常に長い記事になりましたが、感想をお寄せ頂ければ嬉しいです。

by PC-otasukeman | 2011-08-30 14:20 | Comments(9)

PCの引越しのお話し(引越しツールを使う(1/2))

「引越ツール」を検証してみました。
簡単で便利で活用範囲が広いことが判りました。
パソコン苦手、機械苦手な方にも使いこなせると思います。
お助けマン渾身の投稿です。パソコン買い換え時等にお役立てください。
長い記事になりますが、
「引越ツールは便利だ!」を感じてください

【引越ツールとは】
引越しツールはデータや設定をこん包して、移送して、開こんする手順を簡略化することができるアプリケーションソフトです。
Windows 7のパソコンに付属していますし、市販もされています。
 ● 東芝:・・「PC引越ナビ」(インストール済)
 ● 富士通・・「PC乗換ガイド」(インストール済)
 ● SONY・・「VAIOお引越サポート」(インストール済)
 ● NEC・・・「ファイナルパソコンデータ引越し」(インストール未)
        (近くのパソコンショップで調べました)
インターネットのお気に入り、メールのアカウント、メールのアドレス帳、メールの送受信データ等厄介なデータも簡単に引っ越しができるツールです。

【PC引越ナビによる引っ越しの実況】
ここではお助けマン愛用のWindows XPとWindows 7を使って引っ越しをしてみましょう。
引越しツールは「PC引越ナビ」を使います。
こん包データを移送する方式は3通りあります。
(1)USBメモリに入れて移動する。
(2)2台のパソコンをLANケーブルで接続して転送する。
(3)2台のパソコンをネットワーク(LAN)に接続して転送する。
お助けマンは(1)の方式をお奨めします.
(2)の方式もパソコンの知識のある方には便利です。
実況は(1)の方式で行います。
【ご注意】
引越ツールはバージョンによって変わります。皆さんが行うときはご自分のパソコンの取扱説明書や画面をよく見て進めてください


【パソコンのバージョン確認】
引越ツールを利用できるパソコンには制約があります。
「PC引越ナビ」は、
Windows XP(Service Pack 3(SP3))/Windows Vista/windows 7に対応とありました。
Windows XPをお使いの方でInternet Explorer 8ないし9にバージョンアップされていない方はSP3ではない可能性があります。
次の投稿記事を参考にして確認してください。
急告!XPパソコンをお使いの方へ

【準備するもの】
【USBメモリ】
こん包セット(荷造りセット)やこん包データを運ぶために使います。
USBメモリで移送する方式では、容量が大きいほど効率が良いでしょう。
4GB、8GB、16GB、32GBが市販されています。(価格は2千円~8千円程度)
LANケーブルで転送する方式では512MBあれば十分です。

【LANケーブル】
2台のパソコンをLANケーブルで接続するには、昔は「クロスケーブル」が必要でした。
皆さんがインターネット機器に接続しているのは「ストレートケーブル」と言うものです。
使い間違えると通信できませんでした。信号線のピン配置が違うからです。
近年では技術の進歩でどちらのケーブルも同じように使えるようになりました。
ただ、古いパソコンには「クロスケーブル」でないと通信できないものがあるようです。
お助けマンのXPパソコンは2005年に購入したものですが、ストレート、クロスどちらのケーブルも通信できました。
クロスケーブルは1mで280円位で市販されていますので、ご心配であれば準備しておくと良いでしょう。なお、クロスケーブルは需要が少なく売り場の隅の方に陳列されていますので、しっかり探してください。
下の写真はUSBメモリとクロスケーブルです。(いずれの画像もクリックすると拡大します)
d0181824_14463579.jpgd0181824_10143831.jpg


【プロバイダ発行の登録内容通知書】
メールの移行のときメールアカウントとメールパスワードが要求されるケースがあります。
あらかじめ手元に準備します。

【パソコンの準備】
2台のパソコンを横に並べます。
引越の途中で電源が切れたり画面が消えたりしないよう、電源コードで接続し、スリーブ設定をしている場合は解除しておきます。
また、アプリケーションプログラムを起動しているときはすべて閉じます。
LANケーブルで移送する場合は2台のパソコンをLANケーブルで接続します。(上の写真)
パソコン管理者のパスワードが要求される場合があります。初期設定でパスワードを設定していない方はパスワードをあらかじめ設定してください。

【引っ越し開始】
①「PC引越ナビ」を起動します。
d0181824_1321050.jpg
[スタート]-[すべてのプログラム]をクリックし、リストの中の[PC引越ナビ]をクリックします。
注:すべてのプログラムの中にない場合はインストールされていませんので、インストールが必要です。

②「PC引越ナビ」が起動します。使用許諾の画面が出ますので[同意する]にチェックを入れて[次へ]をクリックします。
d0181824_13211248.jpgd0181824_13153595.jpg

③注意事項の画面がでます。
読んでから[次へ]をクリックします。

④機能説明の画面がでます。
読んでから[次へ]をクリックします。

⑤引っ越し方式の選択画面がでます。
 ここでこん包データを移送する方式を選択します。
[USBメモリで引っ越し]にチェックを入れて[次へ]をクリックします。
d0181824_13592394.jpg


⑥引っ越しの準備の画面に移ります。
 「こん包プログラム」をUSBメモリにコピーするステップです。
USBメモリが引越トラックです。「こん包セット」をトラックに積み込むステップです。
準備したUSBメモリをパソコンに装着して画面の指示に従って操作を進めます。
(メモリの場所は既に指定されていますのでチェックだけ入れます)
最後に[コピースタート!]をクリックします。
コピーが終了しましたら[次へ]をクリックします。
d0181824_1413493.jpgd0181824_144158.jpgd0181824_1416273.jpgd0181824_1481116.jpg

⑦引っ越しの荷造りの画面に移ります。
USBメモリを抜いて引っ越し元のXPパソコンに装着し、チェックを入れてXPのパソコンに移ります。
d0181824_14145915.jpg

⑧USB(トラック)の中からこん包セットを開きます。
[スタート]-[マイコンピューター]-[リムーバブルディスク]と開いていくと、「こん包セット」というフォルダがあります。そのフォルダを開くとトラックのアイコンが出ます。
このアイコンをダブルクリックします。
d0181824_1521881.jpgd0181824_12332416.jpgd0181824_15225362.jpgd0181824_15262650.jpg

⑨こん包プログラムが起動します。
注意事項を読んで[次へ]をクリックします。d0181824_15413447.jpg

⑩機能選択画面が出ます。
こん包をお任せにするか、こん包データを指定するか選びます。
[おまかせ]にチェックして[次へ]をクリックするか、
[引っ越し項目指定]にチェックして[次へ]をクリックします。d0181824_1556018.jpg
写真データ、動画データ、メールのデータが少なければおまかせがよいでしょう。

「引っ越し項目指定」を選ぶと次の画面が出てフォルダーやファイルを指定出来ます。
指定したら[次へ]をクリックします。
d0181824_14161570.jpg左は一部のフォルダしか表示されていません。

⑪引っ越し方式指定画面が出ます。
[USBメモリを使って引っ越しします]を選択して[実行]をクリックします。
d0181824_13445829.jpg
こん包データの大きさが表示されます。
USBメモリの容量が十分大きくないと分割して送られます。

⑫こん包実行中の画面になりデーターのこん包とUSB(トラック)へコピー(積み込み)が実行されます。終了すると[次へ]のボタンが有効になりますのでクリックします。
d0181824_16282081.jpgd0181824_16284338.jpg

⑬終了画面がでます。
内容を確認して[終了]をクリックします。
d0181824_16321539.jpg

⑭USBメモリを取り外し、引っ越し先の7パソコンに装着します。
7パソコンの画面でチェックして処理を進め、[次へ]をクリックします。
d0181824_14553476.jpgd0181824_15125351.jpg

⑮引っ越し荷物の開こん画面が出ます。
これからUSBメモリの中のこん包データを開梱します。
d0181824_15231388.jpg


こん包データーはUSBの中にありますから、ここでプログラムを閉じてパソコンをオフしてもかまいません

「開こん」は次回に。

by PC-otasukeman | 2011-08-29 17:05 | Comments(0)

PCの引越しのお話し(引越しの方法Ⅰ)

パソコンの整理と準備が終りました。
さて、いよいよ引越しです。

【引越しの対象】
引越しの対象は長い間に蓄積された設定やデーターです。
整理してみましょう。
【名前をつけて保存したデーター】
(1)ワード文書、エクセル文書、パワーポイント文書 等
(2)画像(ピクチャー)
(3)動画(ビデオ)
(4)音楽(ミュージック)
(5)スキャン
  [保存場所]
  (1)マイドキュメント
  (2)デスクトップ
  (3)マイコンピュータ(ローカルディスク(C)と(D))

【Internet Explorer(インターネット)の設定】
(1)お気に入り
(2)RSSフィード
(3)インターネットオプション

【Outlook Express等のメールソフトの設定とデータ】
(1)アカウント
(2)アドレス帳
(3)送受信データ 等

【一般のアプリケーションソフトのデータ】
(1)年賀状ソフト(筆まめ、筆王等)の住所録
(2)会計ソフトのデータ
(3)その他

【引越しの方法】
引越しと言えば、梱包と輸送と開梱ですよね。
データーのバックアップを梱包、セットアップ後の復旧を開梱と考えてください。
古いパソコンでバックアップをとり、セットアップ後のパソコン(=リカバリ時のパソコン=新しいパソコン)に復旧するのです。
リカバリのときはバックアップと復旧は同じパソコンで行いましたが、引越しの場合は2台のパソコンの間で行われます。
梱包と開梱はどちらも同じですが、輸送方法が異なります。
1台の場合は輸送と言うより、一時置き場のイメージです。
手段はUSBメモリ、CD、DVD、外付けHDD等の外部メモリに限られます。
2台の場合は、転送という手段もつかえるようになります。
こう考えると理解できると思います。

引越しの方法のひとつはリカバリの時に行うバックアップと復旧です。
これについては次の投稿記事を参考にしてください。
バックアップのお話し
フォルダのお話し
フォルダのお話し
ファイルのコピーと移動
「コピー」「切り取り」「貼り付け」の基本と応用
「コピー」「切り取り」「貼り付け」の応用
リカバリしたときの復旧のお話し(②)
リカバリしたときの復旧のお話し(③)
リカバリしたときの復旧のお話し(最終回)

もうひとつは「引越しツール」を使う方法です。
最近のパソコンには「引越しツール」なるプログラムがインストールされています。
私が購入した東芝のWindows 7には「PC引越ナビ」という名前でした。
すべてのプログラムの中にありました。
富士通、SONYのパソコンにも名前は違いますが、インストールされていました。
このツールを使うと初心者でも簡単に引越しができます。

お助けマンもそのツールを使って検証してみました。
確かに手軽で便利です。
次回詳しくご紹介しますのでご期待ください。

今日はここまで、

by PC-otasukeman | 2011-08-24 21:39 | Comments(2)

PCの引越しのお話し(新しいPCのセットアップ)

【新しいパソコンの準備と設定】
引越しの前に新しいパソコンの準備と設定を行います。
以下、Windows パソコンの場合を説明します。
【手順】
①Windowsのセットアップ
取扱説明書と画面の指示に従って準備と設定を行ってください。
・国または地域の確認する
・ユーザーとコンピューターの名前を入力する
・パスワード入力する
注意:パスワードはパソコンを使う時の本人確認用です。
ご自分だけしか使わないのであれば、入力はしない方が良いでしょう。
パスワードを入力したときは必ず控えてください。

・ライセンス条項に同意する
・Windowsの保護の設定をする
・日付と時刻の設定を確認する
お決まりのセットアップを行います。

②インターネットへの接続
皆さんの古いパソコンはLANケーブルで接続していますか、それとも無線で接続していますか。
LANケーブルで接続している場合は古いパソコンのケーブルを外し、新しいパソコンに繋ぎ変えてください。
無線LANで接続している場合は新しいパソコンの設定が必要です。
私の場合は無線接続です。
セットアップの最後に「ワイヤレスネットワークへの接続」という画面が表示されましたので、ここで設定して接続しました。
無線LANに接続するには「SSID」「暗号化キー」が必要です。無線LAN親機の名前とそこに入るための鍵です。
必ずどこかに控えてあるはずです。「SSID」と「暗号化キー」が分からない方は無線LAN機器の再設定が必要になります。取扱説明書等でご確認ください。(ここでは割愛します)
セットアップが終了して表示されたデスクトップです。
d0181824_1551748.jpgクリスマス時期の製品らしいですね。


③Windows Updateを実行する
Windowsは工場出荷時の状態です。それ以降に発見されたコンピュータウイルスには無防備です。
ネットに繋がったらまず最初にWindows Updateを実行してWindowsを最新の状態にしてください。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows Update]で実行することで更新プログラム(修正プログラム)がインストールされます。

④ウイルス・コンピューターセキュリティ対策
新しいパソコンにはメーカーが推奨するウィルス対策ソフトがインストールされています。
それを使う場合は有効にしてください。
別のソフトを使う場合は既存のソフトをアンインストールしてから、インストールしてください。
有効にしたら必ずウイルス定義ファイルを更新してください。
なお、ウイルス対策ソフトはいろいろです。それぞれに応じて進めてください。
私の場合は「Microsoft Security Essentials(MSE)」をインストールしました。このソフトはお助けマンお勧め無料ソフトです。この機会にご検討ください。
詳細はこちらを参照してください。
Microsoft Security Essentialsインストール手順書

これで、新しいパソコンの準備が完了しました。

今日はここ迄

by PC-otasukeman | 2011-08-23 11:53 | Comments(0)

PCの引越しのお話し(準備作業)

今週はPCの引越しのお話しです。
新しいパソコンを購入したとき、今までのパソコンと同じように使うには、インターネットの設定、メールの設定、セキュリティの設定をし、更に文書や画像等のファイルを移動しなければなりません。
ブログ歴(パソコン歴)の長い方でも、始めての方も多いのではないでしょうか。
今回はこのような方を対象に記事をまとめてみたいと思います。回数も多くなるかと思いますが是非お読みください。

パソコンからパソコンへ設定情報やデーター移すことを
「PCの引越し」とか「PCの乗換え」と呼んでいます。
ここでは「引越し」と呼ぶことにしましょう。
最新のパソコンには引越しツールを備えている機種が多くなりました。
私のパソコンは東芝のWindows 7ですが「PC引越ナビ」というプログラムが入っていました。
富士通やSONYのパソコンにも同じようなプログラムが備えてありました。
ツールを使うと簡単に引越しができます。
ツールを使った引越しと基本操作で一つ一つ移す方法をご紹介します。

【フォルダとファイルを理解しておく】
引越しではフォルダとファイルの移動がメインとなります。
フォルダとは何か、ファイルとは何かをしっかり理解してください。
そして、それらが何処に保存されているかを把握してください。
そうすれば引越しもスムースに進めることが出来るでしょう。
次の記事を読んで理解を深めてください。
ファイルとフォルダのお話し
フォルダのお話し
ファイルのコピーと移動

【引越しの準備】
引越しでは荷物を減らすことが大切ですよね。パソコンの引越しもしかりです。
この機会に古いパソコンを整理してください。
(1)使わないフォルダーやファイルを削除する。
(2)画像や動画等のデータはCDやDVD等の外部メモリに保存する。
   これはデーターのバックアップとしても大切なことです。

今日はここまで。
次回は引越しツールを使った方法をご紹介します。

by PC-otasukeman | 2011-08-22 13:15 | Comments(4)

残暑お見舞い申し上げます

今日は少ししのぎやすいですね。
皆様のパソコンはお元気ですか。
パソコンは高温と雷が苦手です。くれぐれも油断なさらぬように!!

昨年の記事です。お時間があればお読みください。
パソコンは暑さが苦手です
パソコンも熱中症になります。高温放置は危険です、
熱中症のパソコン・・その結末
残暑・酷暑・熱中症にご注意を!!!!

雷にご注意
パソコンやネットワーク機器を雷から守る

お助けマンもテーマ投稿のネタ切れ状態です。
パソコンライフに関する
困り事、知りたい事・・・・
何でも結構です、コメントでお知らせください。

by PC-otasukeman | 2011-08-19 10:57 | Comments(6)

資料室への登録のお知らせ

お助けマン資料室の目次に下記追加しました。
ご活用ください。

【エキサイトブログを始める方へ】
エキサイトID取得
ブログを新規作成
スキン変更
第1号投稿
画像の挿入
【Comments(コメント)のお話し】
コメントの仕方
エキサイトのコメント
コメント枠の拡大
【その他】
投稿日時について
エキサイトの有料ブログの申し込み手順
エキサイトの有料ブログの解約手順

by pc-otasukeman | 2011-08-18 15:51 | Comments(0)

「アドオン」のお話し

【ご質問内容】
「アドオン」についてお二人の方からご相談がありました。
①PC立ち上げた時に「(アドオン)無効にすると立ち上がりが速くなる」と出ますが。。。
どの様にすれば良いですか?

②(アドオン)有効になっていました。
(アドオン)無効にした方がいいのですか?
立ち上がりの問題だけですか?他のデメリット メリットを教えてください。

【回答】
【アドオンとは】
「アドオン」・・・・聞きなれない言葉です。皆さんご存知のGoogle ツールバーを例にお話ししますので、まずは言葉の意味を理解してください。
アドオンとは、既存のアプリケーションソフト(プログラム)に、機能を追加するために作られた小さなソフトウェア(プログラム)のことです。アドオンを組み込むことで初期インストール時にはない機能や環境を追加できます。
アドオンには、アプリケーションソフトに付属しているものやインターネットで配布されるものなど、さまざまな形態があります。

これだけでは????ですね。
皆さんがブログを閲覧するときに起動するInternet Explorerが既存のアプリケーションソフトであり、
検索機能として追加される「Google ツールバー」や「Yahooツールバー」が小さなフトウエア、すなはちアドオンです。
また、皆さんが良く目にする「Adobe Reader」や「Flash Player」もファイルの表示や再生機能を追加するアドオンなのです。
アドオンはインターネットで数多く公開されています。
インターネットで公開されているアドオンはダウンロードしてパソコンにインストール(組み込み)します。
有名企業が配布するアドオンや、一般に広く使われているアドオンならまず問題はありません。
しかし、中にはスパイウエアもどきの悪質なアドオンもあります。

アドオンはプログラムですから、処理時間が長くなったり、異常な動作をしたりしてパソコンがおかしくなることもあります。悪質なアドオンにかかるとパソコンが動かなくなることさえあります。
面白そうだからといって手当たり次第にインストールするのは控えた方が無難です。

アドオンはプログラムですからアンインストールすることが出来ますが、機能を有効にしたり無効にしたり切り替えることもできます。
次の具体例でアドオンを理解できると思います。

【アドオンの例】
ここでは「Google ツールバー」を例に説明します。
お助けマンは昨年8月にインターネットでダウンロードして組み込んだものです。今は無効にしています。
下の画像は私のパソコンのホームページです。
d0181824_1212073.jpg
使い慣れたYahooをホームページに設定しています。
ツールバーも最小限にしています。

「Google ツールバー」はインストールしてありますが、「無効」に設定しているので表示されていません。
このツールバーを有効にする手順を説明しますが、この説明でアドオンの意味がより明確に理解できると思いますので、じっくりとお読みください。

【手順】
①メニューバーにある[ツール]をクリックし、出てきたリストの中の[アドオンの管理]をクリックします。
d0181824_12322244.jpg

②アドオンの管理の画面が出ます。
インストールされているアドオンが表示されています。
「Google Toolber」を探してクリックします。今は当然「無効」に設定されています。
クリックして選択すると下に[有効にする]のボタンが出ますので、クリックします。
d0181824_1371192.jpg

③「アドオンの有効」画面が出ますので内容を確認して[有効にする]をクリックします。
d0181824_12475567.jpg

④アドオンの管理の画面に戻ります。
有効になっていることを確認して画面を閉じます。
d0181824_1252543.jpg

⑤インターネットを閉じてから再度開いてください。
Google ツールバーが表示されるのを確認します。
d0181824_12545924.jpg


無効にするには同じ手順で[無効にする]をクリックすればできます。

以上でアドオンとは何かご理解頂けたと思います。

さてこの先が重要です。

アドオンは多種多様です。
皆さんがインストールしたアドオンを一つ一つ判断することはお助けマンは出来ません。

パソコンの動きがおかしくなったときは、
アドオンの管理にて有効/無効を切り替えで調べて見てください。
どのアドオンか悪いのかわからないときは、一つ一つ試してみることです。
アドオンなしでInternet Explorer を立ち上げる手順もあります。
次のホームページを参照していただくと更に理解が深まると思います。

Internet Explorer のアドオン

【最後に】
アドオンは有益なプログラムですが、悪質なプログラムもあります。
興味半分、面白半分でむやみにクリックしてインストールしないことです。

by pc-otasukeman | 2011-08-17 12:12 | Comments(7)

岩屋堂散歩道・こども魚すくい大会

今日も暑い1日でした。
岩屋堂散歩道で見つけた気になるポスター。
「魚つかみ大会」
d0181824_1618214.jpg
最近、我が町のイベントに興味を持ったお助けマン。
毎朝、気になっていたものです。

今日はイベント当日。
テーマ投稿を済ませて行ってきました。
いつもひっそりした岩屋堂散歩道、様子が一変していました。
朝の会場(左)と大会中の会場(右)です。
d0181824_16284393.jpgd0181824_16351259.jpg

大会本部です。魚がすくえなかった人へのお土産も準備されていました。
d0181824_16401551.jpgd0181824_16412750.jpgd0181824_16421469.jpg

地元のケーブルテレビも取材に来ていました。
正式名称は「こども魚すくい大会
手作りポスターとの微妙な差に手作りイベントを感じました。
駐車場も道路も車で一杯
d0181824_16572143.jpg
d0181824_171527.jpg


人・人・人 魚より多い!?
d0181824_1763395.jpg
d0181824_177684.jpg
d0181824_1754656.jpg
d0181824_1712294.jpg

皆さん真剣です。
d0181824_17144397.jpg
d0181824_17151877.jpg

こんなにすくえました。
d0181824_17164311.jpg

我が町の自慢がひとつ増えました。

午前中に投稿した下記も閲覧してください。
Comments(コメント)のお話し(コメント枠の拡大)

by pc-otasukeman | 2011-08-10 20:01 | Comments(8)

Comments(コメント)のお話し(コメント枠の拡大)

エキサイトブログでのお話しです。
【コメントの入力枠を広げる】
コメントを記入する枠が狭すぎませんか?
左が既定、右がCSS編集で広げた相談室のコメント枠です。
(いずれの画像もクリックすると拡大します)
d0181824_972380.jpgd0181824_1659456.jpg

今回はコメント枠を広げる方法をご紹介します。
CSS編集欄の末尾に次のタグを追加する方法です。
TEXTAREA.TXTFLD { height:13em; }

手順通りに実行してください。

【手順】
次のタグをコピーします。
   TEXTAREA.TXTFLD { height:13em; }
d0181824_9455276.jpg
タグの先頭にマウスポインタを合わせ、タグの最後部までドラッグして選択します。

d0181824_946424.jpg
次に、選択した部分にマウスポインタを合わせて右クリック。
リストの中の[コピー]をクリックします。

マイブログにログインします。
[設定]をクリックします。
d0181824_9202452.jpg

マイブログ管理にある[スキン変更]をクリックします。

スキン変更画面が出ます。
 現在使用中のスキンに[適用]ボタンがあるか否かをしっかり記憶して、[編集]をクリックします。
d0181824_1729522.jpg
左は「適用」ボタンがある場合です。

スキン編集画面が出ます。
「適用」のボタンがない場合は下の画面は出ず、⑦の画面になります。
[スキン編集を始めます]をクリックします。
d0181824_1737488.jpg
「HTMLおよびCSSを利用してスキンを作成します」
の題目が出ます。
左は下の方へスクロールした画面です。

確認の画面が出ますので、[編集]をクリックします。
d0181824_11502420.jpg

スキン編集画面が出ます。
下の方へスクロールします。
d0181824_1741081.jpg
上部の画面です。

「CSS編集」が見えるまでスクロールします。
CSS記事の最後部が出るように枠内をスクロールします。
最後部の文字の後をクリックしてカーソルを点滅させます。
点滅を確認して[Enter]キーを2回押してください。(2改行)
d0181824_11531266.jpg
左は2改行前の画面です。

カーソルが点滅しているところにマウスポインタを合わせて右クリック。
 リストの中の[貼り付け]をクリックします。
d0181824_11542525.jpg
でコピーしたタグをここに貼り付けるのです。


コメント欄を広げるタグが貼り付きます。
それを確認して[保存]をクリックしますが、「保存」ボタンの下にチェックのマスがある場合は次の判断でチェックを入れてください。
今使用しているスキンに編集内容を直ぐに反映するときはチェックを入れます。
一旦、編集したスキンをマイスキンに保存し、後で適用する場合はチェックを入れません。
編集したスキンは「マイスキン」保存エリアに保存されます。
チェックマスがある場合の画面
d0181824_1125629.jpg
エキサイトブログが提供したスキンを編集した場合はこの画面になります。
初めてスキンの変更をされた方はチェック欄があります。

チェックマスが無い場合の画面
d0181824_1024032.jpg
過去にスキン編集を実施した場合はこの画面になります。


編集の保存が完了しました。
[元のページへ]をクリックします。
d0181824_1813229.jpg

ここで注意することがあります。
「適用」ボタンがあった方で、手順⑩でチェックマスにチェックしなかった方はまだご自分のブログには反映されていません。
次の画面が出ますので、注意に従って操作してください。
その他の方はステップ⑭に進みます。

CSS編集した新しいスキンを適用する。
「別のスキン選択」欄にはマイスキンの内容が表示されています。
先ほど編集したスキンが保存されていますので、こちらの[適用]をクリックします。
d0181824_9584537.jpg
現在使用中のスキンの「適用」をクリックすると、CSS編集は反映されません。
編集したマイスキンの「適用」をクリックしてください。

「本当にスキンを適用しますか?」と確認のメッセージが出ますので、自信を持って[OK]
をクリックしてください。

マイブログに戻り、コメント欄を確認してください。
d0181824_11581562.jpg
左の画像はログオフしたときのコメント欄です。


[ご注意]
以前に変更歴があるスキンは(「適用」ボタンがない方)はCSS編集に先立ち、CSS枠内の全タグをドラッグでコピーしてメモ帳ないしワードに貼り付けて保存しておくことをお奨めします。
万が一スキンが壊れた場合、CSS枠内を全て削除してから、保存したタグを張り付ければ復元できます。
変更歴のない方は、エキサイトブログの提供スキンからもう一度「適用」してください。
なお、保存した場合はステップのコピーをもう一度行う必要があります。

by pc-otasukeman | 2011-08-10 12:14 | Comments(15)