<   2012年 08月 ( 25 )   > この月の画像一覧

緊急投稿

ページへページへページへページへページへページへ

本日の記事を見たKさんからMSEについて疑問と不安のメールが届きました。

お助けマンがおすすめのMSE、
無料でダウンロードできるようですが本当なのですか?
もしそうなら、みんながそれを利用するのでは?
ちょっと不安でもありますが・・・・・・・・

ごもっともです。
この疑問と不安を来週のテーマ投稿で払拭して頂きましょう。
MSEを導入されていない方は必見です。


ブロ友さんから、「突然インターネットに繋がらなくなった」とのご相談を受けました。
原因はウイルス対策ソフトの不具合と分かりましたが、
この機会に皆さまに是非お知らせしたき事がありますので緊急投稿する次第です。

トラブルが発生したパソコンにはウイルス対策ソフト「マカフィー」がインストールされていました。
定義ファイル6807もしくは6808をアップデートで取り込むと、
インターネットに繋がらないという不具合です。
定義ファイルとはウイルスの情報ですが、この情報がインターネット接続機能に悪さをしたということです。

対策は問題の無い定義ファイル(6809以降)にアップデートするか、CD等からプログラムを再度インストールするしかありません。

アップデートするにもインターネットに繋がらないのですから、困ったトラブルです。

ご相談者の場合、あれこれ模索し、運良くパソコンの先生が近くにいて解決出来たのですが、
大部分の方はパソコンショップに駆け込むことになるでしょう。

繋がって分かった事ですが、
ブロ友さんにはメーカーから8月24日付けでメールでお知らせが入っていました。
このメールは後の祭りでしたが、内容はしっかりとしたものでした。
内容をmoreに掲載しました。興味のある方はご覧ください。

実は以前、お助けマンも同じようなトラブルに見舞われました。
ソースネクスト社の「ウイルスセキュリティ」がWindowsの更新プログラムをウイルスと間違えて削除してしまい、パソコンが立ち上がらなくなるというトラブルです。

このときもメールで契約者個人宛にお知らせがきました。
その時は2台のパソコンを持っていたので正常に動くパソコンで受信し、対策することができました。
別のパソコンが無ければ、お助けマンと言えども大変なことになったと思います。

【ご提案 1】
皆さんのブロ友さんで、インターネットに繋がらなくなって困っている方がおりましたら、この記事を参考にして調べてください。

【ご提案 2】
ウイルス対策ソフトMicrosoft Security Esentials(MSE)を導入することをご検討ください。
上記のトラブルはマカフィーもウイルスセキュリティもWindowsを熟知し、テストが完璧であれば発生しなかった不具合です。
MSEはWindowsを開発した同じマイクロソフト社の製品です。
Windowsの不具合がウイルスを生み出し、それを駆除するのがウイルス対策ソフトです。
以上のことを考えれば、お助けマンがMSEをお勧めするのがお分かりだと思います。

31日の日本経済新聞
d0181824_21164285.jpg

(moreもご覧ください)

9月1日、2日はテーマ投稿をお休みさせて頂きます。

More マカフィー製品不具合

by PC-otasukeman | 2012-08-31 16:12 | Comments(2)

ファイルとプログラム

ページへページへページへページへページへページへ

 今日は、「データーファイル」と「プログラム」の関係についてお話しします。
データーファイルとは、皆さんがいつも「名前を付けて保存」している文書ファイルや画像ファイルのことです。保存するとき「ファイル名」と「ファイルの種類」を必ず指定しますね。
ファイルを識別する重要なものです。
「ファイルの種類」は「拡張子」という記号で表され、
ファイル名.xxxxx と表記されます。
拡張子はファイルを作成するプログラムで決まります。
例えば、
Word 2007で作成した文書ファイルは「.docx」
Excel 2007で作成した表計算ファイルは「.xlsx」
画像加工ソフトで作成した画像ファイルは「.jpg」、「.gif」
Windows Live メールで作成したメールメッセージは「.eml」
ホームページ作成プログラムで作成したHTML文書は「.html」
という具合です。
下の画像はフォルダーにあるデーターファイルとデスクトップにあるプログラムアイコンです。
ファイルのアイコンをダブルクリックすると、
予め決められた(既定の)プログラムが自動的に起動して、ファイルを表示してくれます。
d0181824_1047233.jpg

赤線は拡張子とプログラムの関連を示したものです。
拡張子とプログラムは1対1だけではありません。
拡張子によっては複数のプログラムで開くことができるのです。
「画像.jpg」は3つのプログラムで、
「HTML文書.html」は2つのプログラムで開くことができることを示しています。



「画像.jpg」を開く
(画像をクリックすると拡大します)
左:Picasa 3              中:PhotoScape            右:Picture Manager
d0181824_1632264.jpgd0181824_1641338.jpgd0181824_164425.jpg

「HTML文書.html」を開く
「HTML文書.html」は先日の講座で作成したものです。
Web作成プログラムで作成したものです。
拡張子が.htmlのファイルはブラウザで見ることが出来ます。
2種類のブラウザ(プログラム)で開いた画面です。
左:Internet Explorer 9      右:Mozilla Firefox
d0181824_10495195.jpgd0181824_10491939.jpg


【プログラムを指定してファイルを開く】
データーファイルをダブルクリックすると予め設定されたプログラムで開きます。
ワードやエクセルは開くプログラムは1つしかないので困りませんが、
複数のプログラムが用意されているときはプログラムを選ばなければなりません。
画像ファイルをPicture Managerで開く手順で選び方説明しましょう。
[画像.jpg]のアイコンを右クリックします、
出てきたリストの[プログラムから開く]をポイントすると更にリストが出て来ます。
拡張子.jpgのファイルを開くことができるプログラムが並んでいます。
[Picture Manager] をクリックしても良いですが、
ここでは[既定のプログラムの選択]をクリックします。
今後、.jpgファイルをPicture Manager で開くように設定する為です。
d0181824_121355.jpg

「ファイルを開くプログラムの選択」の画面が出ます。
[Picture Manager]をクリックして選択。
[この種類のファイルを開くときに、選択したプログラムをいつも使う]にチェックを入れて[OK]をクリックします。
d0181824_16435942.jpg

Picture Managerが起動されて、画像が表示されます。
d0181824_164425.jpg

次からは.jpgのファイルはPicture Manager で開くようになります。
(上の操作でPicture Manager が既定のプログラムに設定されました)

ファイルとプログラムの関係について理解して頂けたでしょうか。

by PC-otasukeman | 2012-08-30 14:30 | Comments(0)

メールメッセージのインポート

ページへページへページへページへページへページへ

USBメモリにバックアップしたメールメッセージを
インポート機能を使って復旧してみましょう。
バックアップしたUSBメモリをパソコンに装着します。
Windows Live メール を起動します。
購入時の状態で戻ってきたパソコンであれば、初期設定をして、メールアカウントを設定します。
左上隅のボタンをクリック。出てきたリストの[メッセージのインポート]をクリックします。
d0181824_9574190.jpg

プログラムの選択画面が出ます。
[Windows Live メール]を選択し、[次へ]をクリックします。
d0181824_9582628.jpg

メールメッセージが保存されている場所を指定するために [参照]をクリック します。  
d0181824_958485.jpg

[コンピューター]-[リムーバブルディスク(USBメモリ)]ー[新しいフォルダー]の順にクリックし、[OK]をクリックします。
(「新しいフォルダー」はメールメッセージを保存したフォルダーです)
d0181824_959296.jpg

「 F:¥新しいフォルダー」を確認して、[次へ]をクリック。
d0181824_9592149.jpg

[すべてのフォルダー]を選択して、[次へ]をクリック。
d0181824_9593945.jpg

データーのコピーが始まります。
メッセージの量が多いほど時間がかかります。
インポートの完了画面が出たら、[完了]をクリックして終了します。
d0181824_1001448.jpg

Windows Live メールのトップ画面に戻ります。
Yahoo.co(・・・)の受信トレイには何も入っていませんが、
新たに「インポートされたフォルダー」が追加されています。
d0181824_10354588.jpg

ここで注目です!!
Yahoo.co(・・・)をエクスポートしたので、同じYahoo.co(・・・)のフォルダにインポートされると思ったのですが、意表をつかれてしまいました。
メールメッセージは「インポートされたフォルダー」に入っていたのです。
[インポートされたフォルダ]をクリックすると、その下に更にフォルダーが表示されます。
表示された[Yahoo.co(・・・)]をクリックして開き、その中にある[受信トレイ]をクリックします。
そうすると、メッセージ一覧にインポートされた受信メッセージが表示されます。
d0181824_10412418.jpg

このままでも良いのですが、元の受信トレイにメッセージを移しておきましょう。
先頭のメールをクリックして選択し、最後尾のメールを[SHIFT]キーを押しながらクリックすれば全メールが選択されます。メッセージエリアをポイントして、元の受信トレイにドラッグして離せば移すことが出来ます。
d0181824_15245764.jpg

インポートされたフォルダの受信メールは無くなります。
d0181824_15261536.jpg

改めて元の[受信トレイ]をクリックすれば、受信メッセージが表示されます。
d0181824_15264128.jpg

送信済みアイテムも同様な手順で戻せば、
送受信メッセージはトラブルの前に状態に戻すことが出来ます。

メールメッセージのバックアップと復旧については
エクスポート機能を使う方法とコピー機能を使う方法をご紹介しました。
皆さんはどちらを使いますか?

    ー完ー

次回は「ファイルとプログラムのお話し」を予定しています。

by PC-otasukeman | 2012-08-29 12:00 | Comments(0)

メールメッセージをUSBメモリへ保存

ページへページへページへページへページへページへ

前回はメールメッセージをデスクトップの「新しいフォルダー」にエクスポートしました。
これをUSBメモリにバックアップするところから説明します。
保存用のUSBメモリを装着します。

【エクスポートしたデーターの確認】
デスクトップにエクスポートした内容を確認してみましょう。
 [新しいフォルダー]をダブルクリックします。
d0181824_10155090.jpg

新しいフォルダーの中身が表示されます。4個のフォルダーがあります。
表示方法を[大きいアイコン]に変えてみます。
d0181824_1061448.jpg

メールメッセージが入っていると思われる[Yahoo.co(・・]のフォルダをダブルクリックしてみます。
d0181824_1062942.jpg

5個のフォルダーと1個のファイルがあります。
受信トレイと思われる[Inbox]のフォルダーをダブルクリックしてみます。
d0181824_1064762.jpg

受信トレイにあるメールファイルがびっしり入っています。一つひとつが受信メールです。
  メールのプロパティを見てみましょう。  
1通のメールアイコンにマウスポインタを合わせて右クリック。出てきたリストの[プロパティ]をクリックします。
d0181824_107285.jpg

プロパティが表示されます。「セキュリティ」と「以前のバージョン」が含まれていることを確認してこの画面を閉じてデスクトップの画面に戻します。
d0181824_107151.jpg


【デスクトップの「新しいフォルダー」をUSBにコピー(バックアップ)】
[スタート]ボタンをクリック。スタートメニューの[コンピューター]をクリックして開きます。
d0181824_2225115.jpg

[リムーバブルディスク](USBメモリ)をダブルクリックして開きます。
d0181824_2255433.jpg

デスクトップの[新しいフォルダー]が見えるようにしておきます。
[新しいフォルダー]にマウスポインターを合わせて左ボタンを押して、USBメモリへドラッグします。
d0181824_2275100.jpg

USBメモリにコピーするとき、例のプロパティ喪失の警告が出ますので、すべてに適用にチェックを入れて、[はい]をクリックします。
d0181824_22293861.jpg

デスクトップの「新しいフォルダー」がUSBメモリにコピーされます。
メールメッセージが多いとコピーに時間がかかります。終了するまで待ちます。
d0181824_2282259.jpg

これでコピーすなはちバックアップが完了です。

【バックアップしたデーターの確認】
USBメモリにバックアップした内容を確認してみましょう。
 [新しいフォルダー]をダブルクリックします。
d0181824_11185558.jpg

新しいフォルダーの中身が表示されます。4個のフォルダーがあります。
[Yahoo.co(・・]のフォルダをダブルクリックします。
d0181824_11202392.jpg

5個のフォルダーと1個のファイルがあります。
[Inbox]のフォルダーをダブルクリックします。
d0181824_1122382.jpg

受信トレイのメールファイルがびっしり入っています。
  メールのプロパティを見てみましょう。  
1通のメールアイコンにマウスポインタを合わせて右クリック。出てきたリストの[プロパティ]をクリックします。
d0181824_11481668.jpg

プロパティが表示されます。「セキュリティ」と「以前のバージョン」が失われています。
  確認したら画面を閉じてUSBメモリを取り外して大切に保管します。
d0181824_11312727.jpg


今日はここまで、
次回はバックアップしたデーターをインポート機能を使って戻す手順を説明します。

by PC-otasukeman | 2012-08-28 12:00 | Comments(0)

メールメッセージのエクスポート

ページへページへページへページへページへページへ

Windows Live メールを使っていない方はパソコン操作の勉強と思って記事をお読みください。

【ご質問内容】
Windows Live メールを使っています。
エクスポート機能を使ってメールメッセージのバックアップを試みましたが、
USBメモリに保存するところで引っかかってしまいました。
これから先はどうしたらいいのでしょうか?
お助けマンブログでもう一度紹介してください。

【回答】
前回、エキスポート機能は厄介な操作がある為、メールメッセージのバックアップには使いませんでした。
小次郎じじさんのパソコンも無事入院しましたので、改めてエキスポート機能でバックアップしてみましょう。
厄介な操作があります。少し長くなりますが、お許しを。

USBメモリを準備します。メール送受信の多い方は容量の大きなものを用意してください。
ここでは空の4GBを使います。
パソコンを立ち上げUSBメモリを装着します。
Windows Live メールを起動します。
アカウント【Yahoo.co(sukettopc)】の受信トレイが表示されています。これをバックアップします。
(いずれの画像も説明用です。実際と異なりますのでご承知ください)
d0181824_1249015.jpg

左上のボタンをクリック。
出てきたメニューの[電子メールのエクスポート]をポイントし、[電子メールメッセージ]をクリックします。
d0181824_12364647.jpg

プログラムの選択画面が出ます。
[Windows Live メール]をクリック して選択し、[次へ]をクリックします。
(目的がバックアップですから、Windows Live メールを選択しましたが、他のパソコンへ移すのであれば、他のパソコンで使っているプログラムを選択します。)
d0181824_12381265.jpg

メッセージを保存する場所を選択します。まず[参照]ボタンをクリックします。
d0181824_12412092.jpg

保存場所を選択する画面が出ます。
  いつものように[コンピューター]-[リムーバブルディスク](USBメモリ)をクリックして、[次へ]
  をクリックしました。
d0181824_12415275.jpg

F:¥(USBメモリです)を確認して[次へ]をクリックしました。
d0181824_12421531.jpg

そして出てきたのが次の警告です。
  ご質問者もこの警告でひっかかったようです。
  (ディレクトリ=ファイルの入れ物=フォルダー)
  空のフォルダーが無いから保存できないという警告です。
  空のUSBはフォルダーと認められないようで、新しいフォルダーを作らないとだめのようです。
  了解の意味の[OK]をクリックします。
d0181824_1310592.jpg

前の画面に戻りますので、[リムーバブルディスク]に[新しいフォルダーの作成]をします。
d0181824_13112088.jpg

「新しいフォルダー」が作成されます。名前を変えてもよいのですが、ここではそのまま[次へ]をクリックします。
d0181824_13114051.jpg

保存するフォルダー名を確認して[次へ]をクリックします。
d0181824_1312498.jpg

フォルダーの選択画面が出ます。全てのメッセージをバックアップしますので、[すべてのフォルダー]を選択して[次へ]をクリックします。
d0181824_13122449.jpg

エクスポート完了の画面が出ますので、[完了]をクリックします。
d0181824_13303714.jpg

ここで問題が発生です!!
USBメモリにはメッセージが保存されていなかったのです。
数回トライしましたが結果は同じでした。
しからば、
手順でデスクトップに「新しいフォルダー」を作成し、エクスポートしてみたところ、こちらは成功しました。
d0181824_6215591.jpg

デスクトップの新しいフォルダーにエキスポート出来たところで、次回に続きます。

次回はデスクトップのデータをUSBメモリにバックアップし、インポート機能で復旧する手順を説明します。
厄介な手順が続きますので、心してお待ちください。

【問題の究明】
USBにエキスポート出来なかった原因はメールメッセージのプロパティデータに有りました。
プロパティデータの中にUSB(外部メモリ)に移せないものが含まれていたのです。
下の画像は受信トレイにあるメールメッセージのプロパティです。
d0181824_18182144.jpg

このメールメッセージをUSBにコピーすると次の警告が出ます。
了解の[はい]をクリックするとメッセージがUSBへのコピーされます。
d0181824_18241396.jpg

USBにコピーされたメールメッセージのプロパティを見ると次のようになっていました。
d0181824_18243038.jpg

「セキュリティ」と「以前のバージョン」が外部メモリに移せないデータということで失われています。
失われたプロパティの内容です。
失われていてもメッセージの内容は変わりません。
d0181824_70789.jpgd0181824_703320.jpg

エキスポート機能ではこの処理がおかしいようです。
手順で何の警告も出さずにエキスポートが完了することはプログラムの不具合と思います。・・・・・お助けマンのパソコンだけかな?

今日はここまで。次回に続く。

by PC-otasukeman | 2012-08-27 08:00 | Comments(0)

第28回全国小学生陸上競技交流大会

ページへページへページへページへページへページへ

27日のテーマ投稿は「メールメッセージのエクスポート」です。

大会パンフレットの表紙です。
d0181824_1623949.jpg

この大会に孫娘が出場
日産スタジアム(横浜)に応援に行ってきました。
惜しくも予選で敗退するも、
自己ベストを出した孫娘の笑顔は印象的でした。
大舞台で躍動する孫達の雄姿に、
全国から集まった じじ・ばば と一喜一憂
誇らしくも楽しい1日でした。
そして、新たな世界を発見した1日でした。

孫娘とパパ・ママに感謝です。

大会の余韻を写真で・・・・・・
d0181824_16101128.jpg
d0181824_16114863.jpg
d0181824_16131575.jpg
d0181824_16141675.jpg
d0181824_16483239.jpg
d0181824_16155472.jpg
d0181824_16163954.jpg
d0181824_16171392.jpg
d0181824_1617528.jpg
d0181824_16181981.jpg
d0181824_16202543.jpg
d0181824_177764.jpg
d0181824_1621917.jpg

上の画像の原版です。
コンパクトデジカメの解像度・性能は凄いですね。
d0181824_20102856.jpg

大会の模様は9月1日(土) E テレ 15:00~16:30 放映が予定されています。
(宮城県内のみ9月8日(土) E テレ 12:30~14:00)

by PC-otasukeman | 2012-08-26 17:08 | Comments(0)

電波塔ベストスリー

ページへページへページへページへページへページへ

① 東京スカイツリー (610m)    ② 東京タワー(333m)   ③ 瀬戸デジタルタワー(245m)
d0181824_6382986.jpgd0181824_6391789.jpgd0181824_6394850.jpg

24日 東京スカイツリーの真下に行ってきました。
前日は瀬戸デジタルタワーの真下でしたから、
「タワーの真下」繋がりを楽しんで来ました。

【真下から見たタワー】
東京ソラマチ                       デジタルリサーチパークセンタ
d0181824_7102364.jpg
d0181824_7321616.jpg

【タワーの真下は】
人、人、人                         鉄砲ユリが満開です。
d0181824_7192228.jpgd0181824_7182320.jpg

【タワーの雄姿】
逆光でしたが、よいアングルで撮れました。
d0181824_7232026.jpg
d0181824_724275.jpg
d0181824_7245310.jpg
d0181824_7305495.jpg
d0181824_712265.jpg


by PC-otasukeman | 2012-08-26 10:00 | Comments(0)

Webプログラミング基礎講座受講

ページへページへページへページへページへページへ

久し振りに有料のパソコン講座を受講しました。
我町自慢のIT拠点
デジタルリサーチパークセンタ 研修室1
高さが国内3番目となったデジタル電波塔の真下に位置します。
25台のパソコン(Vista)が設備してあります。
10時から16時まで。昼食を挟んで正味5時間の講座です。
Webプログラミングと言ってもHTML、CGI、JavaScriptのお話です。
受講料3千円を投資して基礎をしっかり身に着けたいと思い受講しました。
内容には満足です。

ここで発見がありました。
25台のパソコンをウイルスから守っていたのが、
Microsoft Security Essentials(MSE)
だったことです。
マイクロソフト社が無料で提供しているウイルス対策ソフト
お助けマンが推奨しているソフトです。
嬉しくなりました。

【お知らせ】
24日~26日と3日間留守にします。
25日 横浜の日産スタジアムで行われる、
「第28回全国小学生陸上競技交流大会」
小学6年 女子80mハードルに出場の孫娘の応援です。
日産スタジアムは日本一観客席が大きいスタジアムとか。
こんな機会を与えてくれた孫娘に感謝です。

という訳で26日までテーマ投稿はお休みさせていただきます。

by pc-otasukeman | 2012-08-23 13:00 | Comments(2)

メールアドレス帳の復旧

ページへページへページへページへページへページへ

【メールアドレス帳の復旧】
最後はアドレス帳の復旧です。
アドレス帳は「エクスポート」機能でバックアップしましたので復旧は「インポート」機能を使って復旧します。
バックアップデータが入っているUSBメモリをパソコンに挿入します。
Windows Live メールのトップページの左下にある[アドレス帳]をクリックします。
d0181824_1517643.jpg

アドレス帳が開きます。何も登録されていません。
[インポート]をクリックするとリストが出て来ます。
エクスポートした時の形式と同じ[カンマ区切り]をクリックします。
d0181824_15172936.jpg

バックアップしたデータの場所を指定する画面が出ます。
[参照]をクリックします。
d0181824_15174578.jpg

[コンピューター]をクリックし、右の[USBメモリ]をダブルクリックして開きます。
d0181824_151805.jpg

[アドレス帳]をクリックして選択。[開く]をクリックします。
d0181824_15181767.jpg

アドレス帳が選択されていることを確認して[次へ]をクリックします。
d0181824_15183697.jpg

ここは全項目チェックのまま[完了]をクリックします。
d0181824_15185873.jpg

バックアップした3件のアドレスがアドレス帳に戻りました。
d0181824_15192127.jpg


【メール送受信確認】
Window Live メールを一旦閉じます。
再度[スタート]-[すべてのプログラム]からWindows Live メールを起動します。
最初に「メールパスワード」の要求画面が出ます。メールアドレスに対するパスワードを正しく入力して、[パスワードを保存する]にチェックを入れ、最後に[OK]をクリックします。
(メールパスワードはプロバイダメールの場合は登録内容通知書等に記載されているものです)
d0181824_15551789.jpg

サーバーとの交信をしてメールの送受信が行われます。
受信データによっては警告画面がでることがあります。良く読んで処理してください。
今回の場合は迷惑メールを受信したとの警告です。ここでは後で調べることにし、[閉じる]をクリックします。
d0181824_15554015.jpg

Windows Live メールを通常使用するメールとする場合は[はい]をクリックします。
  (毎回確認の必要がありませんのでチェックを外します。)
d0181824_1556162.jpg

これで完全に元の状態に戻りました。
  今は「送信済みアイテム」のメッセージ一覧が表示されています。
d0181824_15564764.jpg

「受信トレイ」を選択して受信メッセージの一覧が表示されるようにします。
d0181824_15571610.jpg

最後に送受信テストを行えば完璧です。
(ご自分のアドレス宛てにテストメールを送信します)

【まとめ】
バックアップと復旧を実例を上げて説明しました。
機種が変わってもソフトが変わっても基本的なことは同じです。
バックアップ、エキスポート、インポート、コピー、復旧の手順をマスターすれば、
万が一の事態になっても恐れることはありません。
この機会にご自分のものにしてください。

by PC-otasukeman | 2012-08-22 15:00 | Comments(0)

メールメッセージの復旧

ページへページへページへページへページへページへ

【メールメッセージの復旧】
メールアカウントの復旧の次はメッセージの復旧です。
メールメッセージをバックアップしたUSBメモリをパソコンに挿入します。
Windows Live メールを起動します。
[表示]タブをクリック。
[プレビューウインドウ]をクリックし、出てきたリストの[メッセージ一覧の下]をクリックします。
d0181824_14212594.jpg

[カレンダ]をクリックしカレンダ表示を消して右上の[元に戻す(最小)]をクリックします。
d0181824_14222510.jpg

画面のサイズを調整して左半分に配置します。
d0181824_14224538.jpg

[スタート]-[コンピューター]をクリックします。
d0181824_1423744.jpg

[USBメモリ]をダブルクリックして開きます。
d0181824_14232165.jpg

最初に受信トレイのメールを復旧します。
  [受信トレイ]のフォルダーをダブルクリックして開きます。
d0181824_14233648.jpg

バックアップしたメールが入っています。全てのメールを選択します。
[整理]をクリックし、出てきたリストの[すべて選択]をクリックすると選択されます。
なお、先頭のメールをクリックして選択し、最後尾のメールを「SHIFT」キーを押しながらクリックしても全てのメールを選択することができます。
d0181824_14235173.jpg

全てのメールが選択されます。この画面を右半分に配置します。
Windows Live メール側の[受信トレイ]が指定されていることを確認し、USBメモリの選択されたメールを受信トレイにドラッグします。
d0181824_1424764.jpg

受信トレイにメッセージが戻ります。
d0181824_14242497.jpg

同様にして「送信済みアイテム」のメールも戻します。
d0181824_142441100.jpg
d0181824_14245538.jpg
d0181824_14251995.jpg

これでメールメッセージの復旧が完了です。
今日はここまで。
明日は「アドレス帳の復旧です」

by PC-otasukeman | 2012-08-21 15:00 | Comments(0)