<   2013年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

コンピュータ・ウイルスに感染(4)

ページへページへページへページへページへページへ

それではUSBメモリがウイルスに感染しているか調べてみましょう。
ここでお助けマンは思案しました。
USBメモリを挿入したとたんにウイルス・プログラムが勝手に動き出すことも考えられますので、
パソコンを「セーフモード」で起動することにします。
「セーフモード」とはパソコンが動く為に必要なプログラムだけを起動するモードです。
従って、ウイルス・プログラムも勝手には動き出せない筈です。

【セーフモードで立ち上げ】
パソコンの電源を切ります。
[F8]キーをトン・トン・トン・・・と押しながら[電源]スイッチを押します。
(注:起動モード選択画面を出すキーは機種によって異なります。私のパソコンは「F8」です)
d0181824_1416575.jpg

選択画面が出ます。
私のパソコンでは、
 ・コンピュータの修復
 ・セーフモード
 ・セーフモードとネットワーク
 ・セーフモードとコマンドプロンプト
 ・Windowsを通常起動する
等を選択できるようになっています。
[↓]、[↑]キーで選択します。
d0181824_14173629.jpg

セーフモードを選択して[Enter]キーを押します。
d0181824_1418761.jpg

必要なプログラムが起動されていきます。
d0181824_14194832.jpg

セーフモードでパソコンが立ち上がります。
最小限のプログラムしか起動しないので、いつものデスクトップとは様子が違います。
しかし、パソコンとしては動いているのです。
d0181824_14202065.jpg


【USBメモリ挿入】
この状態で問題のUSBメモリを挿入します。

【MSEを起動する】
ウイルス対策ソフトのスキャン機能を使ってUSBメモリ内のウイルスをチェックします。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Security Essentials]をクリックします。
d0181824_14214576.jpg

MSEのトップ画面が出ます。
セーフモードではリアルタイム保護は必要なプログラムが起動していないので使えません。
リアルタイム保護とはインターネットの入口でウイルスを監視してパソコンを守る機能です。
USBメモリの中を調べるには[カスタムスキャン]を選択し、[今すぐスキャン]をクリックします。
d0181824_14222434.jpg

スキャンするところを選択する画面が出ます。
[リムーバブルディスク](USBメモリです)にチェックを入れて[OK]をクリックします。
d0181824_142258100.jpg

ウイルスプログラムや悪意のあるプログラムがないかチェックが始まります。
(ウイルス定義ファイルでチェックされるのです)
d0181824_14233571.jpg

チェックが終了しました。
  59個のファイルや場所をチェックした結果、脅威は検出されませんでした。
d0181824_14235896.jpg


残念ながらウイルスは発見されませんでした。
恐らくウイルスによってファイルが壊されたのでしょう。

【ご参考】
電源を投入したとき、黒い画面に白い文字の画面が出ることがあります。
上記のモード選択画面が出たときは、
「コンピュータの修復」か「Windowsを通常起動する」
を選択して起動してみてください。
ほとんどの場合、直ります。
また、パソコンの動きがおかしくなったときは、
セーフモードで立ち上げて、立ち上がったら電源を切り、
再度通常起動すると直ることがあります。
異常プログラムを停止する手段にセーフモードは有効です。
お試しください。

今日はここまで。
次回はファイルの中身を調べてみましょう。

by PC-otasukeman | 2013-01-31 11:52 | Comments(0)

コンピュータ・ウイルスに感染(3)

ページへページへページへページへページへページへ

もっと基本的な事を言い忘れました。
コンピュータ・ウイルスはそもそも、
基本ソフト(Windows、Mac等)の弱点(脆弱性)を狙って作られ、侵入してくるものです。
この弱点は便利さの副産物と言えるでしょう。
事前に見つけて、修正することができません。
厄介な副産物なのです。
ウイルスが発見されて、初めて弱点が分かり、それから修正するしかありません。
その修正手段が、
Windowsのパソコンであれば「Windows Update」ということなのです。

インフルエンザも抵抗力のある健康体の人は感染しにくいですね。
パソコンもWindows Updateで弱点を修正しておけば感染しにくくなるということです。

ウイルスからパソコンを守るには
「Windows Update(アップデート)」
「ウイルス対策ソフトの定義ファイルの更新(アップデート)」を励行することです。

さて、本題に戻りましょう。
感染したUSBメモリにはどんなウイルスが入っているか分かりません。
挿入する前にパソコンをベストの状態にしておきましょう。

【ウイルス対策ソフトの定義ファイルの更新(アップデート)】
私のパソコンには「Microsoft Security Essentials(MSE)」というウイルス対策ソフトが入っています。
まず、最新のウイルス定義ファイルをインストールします。
通常は自動的に更新されますが、万全を期して手動で更新します。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[Microsoft Security Essentials]をクリックします。
d0181824_10285943.jpg

MSEのトップ画面が出ます。[更新]タブをクリックします。
d0181824_12261736.jpg

ウイルス定義ファイルの状態がわかります。
ウイルス定義ファイル(手配書き)は前日更新されたままです。[更新]をクリックします。
d0181824_12271858.jpg

最新の定義ファイルがインストールされます。
d0181824_12342255.jpg

インストールが完了しました。
1月29日の1時11分に作成された定義ファイルが29日の11時6分にパソコンに取り込まれたことが分かります。少なくともこれまでに発見されたウイルスであれば見つけることが出来ます。
確認して[X]ボタンをクリックして終了です。
d0181824_12365130.jpg

【Windows Update(アップデート)】
次にWindows Updateを実行します。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows Update]をクリックして実行します。
重要な更新(修正)プログラムがあれば、弱点が見つかったということですから、インストールします。
(詳細は割愛)

今回はウイルスの検査ということで、手動で実施しましたが、普段は自動的に更新されます。
(但し、正しく設定されていることが条件です)

今日はここまで。
次回はいよいよUSBメモリに迫ります。

by PC-otasukeman | 2013-01-30 13:11 | Comments(0)

コンピュータ・ウイルスに感染(2)

ページへページへページへページへページへページへ

ウイルスに感染したと思われるUSBメモリ
昨夜、町内役員さんから届けられたものです。
大切な書類が突然読み出せなくなったとのことです。
d0181824_13492398.jpg


パソコンにUSBメモリを挿入する前に!!

【基本的なことです】
まずは、次のことをしっかり理解してください。

【コンピュータ・ウイルスとは】
コンピュータ・ウイルスはプログラムです。
悪意のある第三者が作ったプログラムです。
プログラムはファイルに仕込まれています。
そして、
インターネットやUSBメモリ等の媒体を介して、パソコンの中に入ってきます。

コンピュータはプログラムで動いています。
プログラムは起動しないとただのファイルにすぎません。
基本プログラム(Windows等)、アプリケーションプログラム、ドライバプログラム等、
正規のプログラムは起動されて動き出しています。
しかし、
ウイルスプログラムは自分で起動するのです。

【ウイルスの発見と駆除】
ウイルスはプログラムファイルですから、その特徴が分かれば、検出し、駆除することができます。
インフルエンザもA型ウイルスの特徴が分かっているから、検出してタミフルで退治できたのです。
理屈は同じですね。

コンピュータ・ウイルスは毎日、世界の何処かで発生しています。
それを監視機関が発見します。
この発見を受けてウイルス定義ファイル(ウイルス手配書)が作成され、私達のパソコンに配布されます。
当然ですが、ウイルス対策ソフトをパソコンにインストールして、キチンと機能理していることが条件です。

ウイルス定義ファイルにはウイルスの特徴が入っていますから、ウイルスが侵入しようとしても、潜んでいても検出し、駆除することが出来るのです。

今日はここまで
次回はウイルス定義ファイルの更新です。

by PC-otasukeman | 2013-01-29 14:04 | Comments(0)

コンピュータ・ウイルスに感染

ページへページへページへページへページへページへ

ご心配をおかけしました。
インフルエンザウイルスをタミフルで撃退しました。

タイミング良く、「コンピュータ・ウイルスに感染」のご相談がありました。
感染したUSBメモリが昨夜持ち込まれ、これから診断です。
という訳で今週はコンピュータ・ウイルスについてお話ししたいと思います。

【ご相談内容】
町内会の資料はUSBメモリに入れて引き継がれています。
その資料、突然読み出せなくなってしまいました。
ワードとエクセルですが、アイコンも変わってしまいました。
知人はウイルスに感染したと言っています。

このUSBメモリは怖くて使えません。
どうしたものでしょうか。
お助けください。

なお、ウイルス対策ソフトは
ウイルスバスターとMcAfee Security Scan Plus を使っています。

【回答】
「McAfee Security Scan Plus」は、ウイルス対策ソフトではなく、
ウイルス対策ソフト、ファイアウォール等の状態をチェックするための診断ツールです。
ウイルスを見つけて駆除するソフトはウイルスバスターだけです。
「1台のパソコンに1つのウイルス対策ソフト」の原則は守られているので、
ウイルス対策ソフトの不備はなしと判断します。
パソコン本体と感染したUSBメモリを検査してみましょう。
まずはUSBメモリを届けてください。

ということで昨夜USBメモリが届きました。

今日はここまで、
次回はUSBメモリの検査からお話しします。

by PC-otasukeman | 2013-01-28 12:44 | Comments(1)

e-Taxで確定申告

   パソコンの困り事がありましたらコメントもしくは赤いポストからメールでお寄せください

ページへページへページへページへページへページへ

インフルエンザで外出禁止中です。
熱も平熱 e-Taxで確定申告しました。
生命保険料控除の僅かな還付金を期待して申告。
年末・年始に届いた書類、カードリーダ、住民基本台帳カードを用意してスタート。
d0181824_11243640.jpg

カードリーダの接触不良というトラブルに見舞われましたが、
無事、申告データを送信。
後は還付金の振り込みを楽しみにしましょう。

所得税が3,000円を超える方はe-Taxに挑戦してみてください。
初回に3,000円の特別控除を受けられます。
(カードリーダと住民基本台帳カードの費用分?)

by PC-otasukeman | 2013-01-26 13:51 | Comments(11)

インフルエンザ

   パソコンの困り事がありましたらコメントもしくは赤いポストからメールでお寄せください
ページへページへページへページへページへページへ

コンピュータウイルスには万全のお助けマンですが、

インフルエンザウイルスA型に妻と仲良く感染してしまいました。

今日から5日間 タミフル 服用 外出禁止です。
d0181824_18145330.jpg

(右の白い錠剤は痛みをやわらげたり、熱を下げる薬です)

39度の高熱
インフルエンザと風邪は違うのですね。

タミフルの説明書には、
「インフルエンザウイルスに感染した細胞の増殖を抑えます・・・・」

インフルエンザの予防接種を受けたのですが、
強力なウイルスに防ぎきれなかったようです。
症状が比較的に軽かったので良しとしましょう。

流行はこれからです。
高熱が出たら、要注意です。

外出後の手洗い、うがいの励行
気を付けたいものです。

by PC-otasukeman | 2013-01-24 18:36 | Comments(7)

パソコンの電源

ページへページへページへページへページへページへ

パソコンは電気製品です。
本体、ディスプレイ、キーボード、マウス、外付けHDD等外部接続装置
すべて電気が必要です。

電源コードで供給、
バッテリーから供給、
本体から供給、
電池から供給、
電気の源はいろいろです。

電気は線が繋がっていないと供給できません。
ワイヤレスマイク、ワイヤレスマウス、ワイヤレスキーボード等
の電気の源として電池が使われています。

ワイヤレスは便利ですが、意外と気が付かないのは電池切れです。
注意してください。

ここまでは皆さんご存じのことです。

【もう一つの電池】
パソコンには大切な電気の源がもう一つあります。
それは時計やカレンダを動かしている電池です。
電源コードを抜いても、バッテリーが故障しても時計は動き続けます。
この電池は充電式ですから、よほどのことが無い限り電池切れの心配はありません。

しかし、故障したり、長い間使っていないと電池切れが発生します。
パソコンは時間を管理していますので、
時計が動かないと起動出来なくなります。

黒い画面が出てきたり、
時計やカレンダがおかしい時はこの電池を疑ってください。
修理は電機屋さんにお願いすることになるでしょう。

by PC-otasukeman | 2013-01-23 11:14 | Comments(0)

マウスの故障

ページへページへページへページへページへページへ

ノートパソコンのマウス
右クリック
カチッ! カチッ!といつもの軽快な音
しかし、画面の変化がありません。

音がしなければ直ぐに故障と判断できるのですが。
一瞬
パソコン本体の故障か!!!
と思いました。

しかし、そこはお助けマン、落ち着いてトラブル切り分けです。

マウスを接続しているときはキーパネルの「ポインティングデバイス」を無効にしていますので、
マウスを取り外してキーパネルの右ボタンを押してみました。
d0181824_11112889.jpg

いつもの右クリックの画面が出てきました。
これで99%マウスの故障と判断しました。

マウスの故障は皆さん経験することです。
いつもと違うな、と思ったら、次の方法で切り分けしてみてください。
① 別のマウスがあれば交換してみる。
② ノートパソコンの場合はポインティングデバイスで試してみる。
③ ショートカットキー操作で試してみる。
正常に操作ができればマウスの不良と判断してよいでしょう。

【マウスの保証は?】
パソコンには5年保証を付けています。
早速、購入店で修理を依頼しようと思います。

さて、無料で修理(交換?)してくれるでしょうか?!

暫くはポインティングデバイスで凌ぐことにしましょう。

by PC-otasukeman | 2013-01-22 07:48 | Comments(5)

電源スイッチ 長押し

ページへページへページへページへページへページへ

成人祝賀会
生い立ちビデオで入場という場面
主役はスタンバイ
d0181824_8552068.jpg

入場のアナウンスと共に会場が暗くなり、
本人の生い立ちがプロジェクタに移し出される段取りです。
しかし、画面が出ません。
スクリーンではマウスポインタが右往左往、クリック、右クリック・・・・・・
5分ほど経過しても、ダメです。パソコンがフリーズしてしまったようです。
一般席のお助けマン、たまらず舞台裏へ。
そして、「電源スイッチ 長押し」のアドバイス。
その後、祝賀会がスタートしました。
会場から思わず大きな拍手が。
ビデオが映し出されたことに対しての拍手です。


パソコンはVistaでした。
準備段階で電源コンセントが外れるアクシデントがあったとのこと。

動きがおかしくなったら
「電源スイッチを5秒以上押してパソコンの電源をOFFにします」
永年パソコン講座で使った常套手段です。

① 一つのプログラムしか起動していない
② 保存が必要なデーターがない
③ 早く復旧したい


こんな時は
「電源スイッチ長押し」が最善策です。

お助けマンの経験がお役に立った一幕でした。
ご参考にしてください。

by PC-otasukeman | 2013-01-21 09:44 | Comments(2)

レポート機能

ページへページへページへページへページへページへ

次のテーマ投稿は1月21日の予定です。

私の朝一番の楽しみは「新着コメント」と「レポート」をチェックすることです。
皆さんとの繋がりが確認出来るからです。
そして訪問者数を見て、投稿意欲を沸かしています。
「レポート」を開いてみましょう。
「ブロ友パソコン相談室」にログインします。
  マイブログが出ましたら[レポート]をクリックします。
d0181824_9424879.jpg

レポート画面が出ます。
  この中の「PC訪問者」と「今日の訪問者数」を見るのです。
d0181824_9434250.jpg


【PC訪問者、今日の訪問者数】
この数字は1日の最初に訪問(閲覧)された時だけカウントアップします。
1台1台のパソコンを認識していて、その後同じ訪問者が閲覧してもカウントされない仕組みです。
複数のパソコンをお持ちの方がそれぞれのパソコンで訪問すると訪問者数は2人となります。
しかし、
そんな方は少ないと思いますので、訪問してくれたブロ友さんの人数と見て良いと思います。
(厳密にはご自分もカウントされますので、マイナス 1 ですね)
「PC訪問者」と「今日の訪問者数」は1日が終わると同じ数字になります。

立ち上げた当初は訪問者が少なかったですが、今では160~180人と多くなっています。
投稿意欲が湧きます。感謝ですね。

【全体の訪問者数】
ブログ開設時からの延べ訪問者数です。
ブロ友パソコン相談室 の開設は2010年7月14日です。
2年半の間に延べ78,171人の方に訪問して頂いたことになります。
この数字を見るたびに皆さんのご支援を感じます。
本当に感謝ですね。

【???】
分からないのがアクセス数推移の棒グラフと「PCアクセス」欄です。
おかしいですよね。
プレミアムコースに入会しないと正しい表示にならないのでしょうかね?

by PC-otasukeman | 2013-01-18 10:52 | Comments(10)