<   2016年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧

あなたのパソコンはメーカーのサポートを受けていますか

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Windows 10 へのアップグレードを検討の方必読です。

【最重要!!】
10へアップグレードする前に、
Windows Update とパソコンメーカーのアップデート機能(*)によってプログラムを最新の状態にしてください。
(*)SONYでは「VAIO Update」、NECでは「Smart Update」または「LAVIE アップデート」、東芝であれば「Service Station」または「東芝サービスステーション」、富士通では「アップデートナビ」と呼んでいます。

Windows Update はマイクロソフト社が提供しているOS(Windows 7、8、10 等)やアプリケーションプログラム(Word、Excell 等)に不具合が見つかった時に修正してくれる機能です。
メーカーのアップデート機能とはメーカーが提供しているアプリケーションプログラムやドライバープログラム(DVDドライバー、プリンタードライバー等)に不具合が見つかった時に修正してくれる機能です。

プログラムには不具合は付きものです。発売直後の製品には手を出すな!といわれるのはこの為です。
Windows 10 も例外なく不具合が多発したようです。
マイクロソフト社は勿論のこと、パソコンメーカー、周辺機器メーカーは動作確認を行って、修正プログラムを提供しています。

【注目!!】
Windows Update は自動更新に設定されているので問題はないとして、
多くのパソコンメーカーは「お客様登録」をしていないとアップデート機能は使えません。
お客様登録を実施していない
アップデート機能すら知らなかった
という方の為に登録の方法とアップデート機能の使い方を説明しますのでご自分のパソコンで確認してください。

【お客様登録】
登録の際はパソコンの型番(型式)と製造番号の入力が必要です。パソコンの銘板に記載されていますが、保証書で確認するとよいです。

Windows 7(東芝)の例です。
すべてのプログラムの中から[東芝お客様登録]をクリックします。
d0181824_13131738.jpg

案内が出てきます。[インターネットに接続してお客様登録を開始する]をクリックします。
d0181824_13171391.jpg

お客様登録のページが開いたら、[新規会員登録]をクリックして登録手続きをします。(以下割愛)
d0181824_13144202.jpg


【アップデート機能の使い方】
すべてのプログラムから起動します。ここではNECの[Smart Update]をクリックします。
(左:NEC、右:東芝)
d0181824_14475545.jpgd0181824_08284858.jpg
注:この機能はお客様登録していないと使えません。
更新プログラムの案内が表示された場合は案内をクリックするとアップデートプログラムが起動します。
d0181824_14492489.jpg

アップデートプログラムが起動しました。重要な更新プログラムが1件あるとの知らせです。
[詳細]をクリックして内容を見てみましょう。
d0181824_14131032.jpg

更新プログラムの詳細が表示されました。
Windows 10 にした時のNECキーボードドライバの不具合を修正するプログラムです。
[一括適用]をクリックして更新プログラムをインストールします。(以下割愛)
d0181824_14590485.jpg

アップデートが完了したときに表示されたNECのページです。[この画面を閉じる]をクリックして終了します。
d0181824_15143524.jpg

【アップデート機能を初めて使う場合】
2009年12月に購入した東芝製のWindows 7のパソコンです。
10へのアップグレードに先立ちお客様登録を実行したところ、東芝のアップデート機能のプログラム「Service Station」が使えるようになりました。早速起動してみました。
[スタート]-[全てのアプリ]-[TOSHIBA]-[Service Station]の順にクリックします。
d0181824_13055570.jpg

アップデートの状態が表示されました。
更新プログラムがあれば、[インストール]ボタンをクリックすればプログラムが修正されます。
d0181824_13373996.jpg

基本情報を見てみましょう。
お客様登録で入力した型番と製造番号が表示されていますね。
d0181824_13375054.jpg

使用許諾書が出てきたら[OK]をクリックします。
d0181824_13380160.jpg

Update(アップデート)の主な目的は「プログラムの不具合修正」です。
OS、ドライバー、アプリケーション・・等のプログラムに不具合が見つかるとメーカーはダウンロードで修正してくれます。
常にサポートが受けられるようにしておくことが大切です。

【ご参考】
SONY VAIO Windows 8パソコンのアップグレードの流れ
d0181824_13350515.jpg



by PC-otasukeman | 2016-01-28 16:30 | Comments(14)

Windows のバージョン情報の調べ方

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Windows 10 のバージョンの調べ方
Windows 10 の2016年1月26日現在のバージョンは「バージョン1511」です。
アップグレードした後、確認してください。
スタートボタンを右クリックし出てきたメニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックします。
d0181824_16434196.jpg

「ファイル名を指定して実行」画面が開きます。
名前欄に[winver](半角英小文字)と入力して[OK]をクリックします。
d0181824_16455669.jpg

「Windows のバージョン情報」画面が開きます。
  「バージョン1511」を確認して[OK]をクリックして終了します。
d0181824_16534856.jpg


【注】
システム(コンピュータのプロパティ)画面(↓)にはバージョン情報は入っていませんのでご注意ください。
d0181824_17094983.jpg

by PC-otasukeman | 2016-01-27 08:08 | Comments(2)

もう一服

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


良い天気に誘われて岩屋堂散歩道の神田池へ
オオバンを撮影していると、突然トビが目の前に!!
獲物を捕ったようです。咄嗟にレンズを向けて撮った写真です。
Canon一眼レフカメラ、レンズ:ミレーレンズ500mm、F=6.3 マニュアルフォーカス、SS=1/1000秒、ISO=800
天候:晴天、撮影時刻:午前9時43分
d0181824_14365761.jpg
d0181824_14233636.jpg
d0181824_14241481.jpg
d0181824_14245385.jpg
d0181824_14251905.jpg
d0181824_14255318.jpg

光、ピント、タイミングの合った奇跡的な作品ができました。
下の2枚はクリックすると拡大します。拡大してご覧ください。
d0181824_10552970.jpg
d0181824_15105750.jpg

写真は楽しい!!

by PC-otasukeman | 2016-01-26 15:07 | Comments(7)

ちょっと一服

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


給湯器からお湯が出ない!
この冬一番の寒さです。給水管が凍ったのです。
されば、岩屋堂散歩道の瀬戸大滝も・・・
d0181824_16083040.jpg
d0181824_16085371.jpg
d0181824_16095507.jpg

メジロの可愛い眼が撮れました。
d0181824_16212679.jpg
d0181824_16215520.jpg
d0181824_16221242.jpg

そして初めて見る鳥・・・しゃこのような模様です。この鳥の名は?
d0181824_16234761.jpg

by PC-otasukeman | 2016-01-25 16:38 | Comments(8)

マイクロソフト アカウントを取得して設定する

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Windows 7 から10へアップグレードした方へ

パソコンを使うとき、最初に使用者名とパスワードを入力して始めますが、この使用者名とパスワードをアカウントと呼びます。
Windows 10 では「ローカルアカウント」と「マイクロソフトアカウント」を切り替えて使えるようになっています。
「ローカルアカウント」はそのパソコンだけのもの。
「マイクロソフトアカウント」はマイクロソフトの各種クラウドサービスを利用するためのアカウントです。
Windows 7 では「ローカルアカウント」しか使えませんでしたので「マイクロソフトアカウント」の取得と設定が必要です。

【新規に取得して設定する手順】
:手順では「マイクロソフトアカウント」を「Microsoft アカウント」と表記します。
[スタート]-[設定]をクリックします。
d0181824_12061642.jpg

設定画面が出ます。[アカウント]をクリックします。
d0181824_12062948.jpg

アカウントの画面が出ます。[メールとアカウント]を開くと今使っているアカウントが表示されます。
私のパソコンはWindows 7をアップグレードしたので、ローカルアカウント(アカウント名は「パソコンお助けマン」(管理者))になっています。
[Microsoft アカウントでのサインインに切り替える]をクリックします。
d0181824_11311011.jpg

「自分流にセットアップする」画面が出ますので、[作成しましょう!]をクリックします。
d0181824_12064954.jpg

「アカウントを作成しましょう」画面が出ますので、表示名を入力して[新しいメールアドレスを取得]をクリックします。
Microsoft アカウントではメールアドレスとパスワードがアカウントになります。
d0181824_12070310.jpg

好みのメールアドレス(私はsuketto300と入力)とパスワード(私は数字8桁と英字1文字を入力)を入力して、[次へ]をクリックします。
d0181824_12071682.jpg

「セキュリティ情報の追加」画面が出ます。本人確認用の連絡先を登録します。
電話で受ける場合は電話番号を、メールで受ける場合は[代わりの別のメールを追加]をクリックします。
私はメールで受けるようにしました。パソコンでメールを受信できる方はこちらをお勧めします。
d0181824_12072727.jpg

連絡用メールアドレスを入力して、[次へ]をクリックします。
d0181824_12073961.jpg

マイクロソフトの設定画面です。
エクスペリエンスとは「これまでになかった体験」という意味です。
どのように使われるか分かりませんが、取り敢えず[次へ]をクリックします。
d0181824_12081153.jpg

確認画面が表示されます。
この画面の意味するところは、
「 今後、パソコンを使うときはMicrosoft アカウントでサインインしてください。
ステップで設定したメールアドレスとパスワードがMicrosoft アカウントになりますので、忘れないようにしっかり記録してください。
最後に本人確認のため、これまでパソコンを使うときに入力していたパスワード(Windows パスワードと言います)を入力してください。ただし、パスワードを設定していない場合は入力しないで[次へ]をクリックしてください。」
ということです。
私は4桁のパスワードを設定していましたので、4桁のパスワードを入力して[次へ]をクリックします。
d0181824_13314699.jpg

パスワードを間違えたようです。パスワードが違うとその先へ進めませんので注意してください。
正しいパスワードを入力して[次へ]
d0181824_13320267.jpg

で設定したパスワードは9桁です。パソコンを開く度に9桁の入力は大変です。
PINすなはち暗証番号4桁に設定することができます。
[PINの設定]をクリックして設定すれば終了です。
d0181824_13322345.jpg

アカウント画面に戻ります。
Micosoft アカウントに切り替わりました。「suketto300@outlook.jp」が表示されます。
:この画面で「ローカルアカウント」へ戻すこともできます。
d0181824_12111984.jpg

【注意】
ローカルアカウントのパスワード、Microsoft アカウントのパスワードは必ず記録しておいてください。
このパスワードを忘れるとパソコンを使うことが出来なくなります。

by PC-otasukeman | 2016-01-20 12:38 | Comments(16)

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました。

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg

昨年7月29日にスタートしたWindows 10 への無償アップグレード、今月末で半年が経過します。

「発売(発表)直後の製品には手を出すな!!」
不具合に悩まされた過去の体験から思い出す教訓です。

Windowsを愛するパソコンお助けマンです。
人柱になる覚悟で早々にアップグレードを試みました。
案の定、多くのトラブルに遭遇してしまいました。
元のバージョンに戻したのですが、その過程で貴重な体験をさせて頂いたのは幸いでした。

次なる教訓は、
「発売後のバージョンアップを待て!!」です。
過去の製品はSP1、8→8.1→アップデート・・・と発売後にバージョンアップが実行されています。
バージョンアップで製品の安定を判断するのです。

Windows 10 も11月12日に「バージョン1511」が公開されました。
教訓通りこの正月に再度10へのアップグレードを実施してみました。
今度は全てOKでした。
機は熟したと言えます。
アップグレードの記録をまとめましたので、10へのアップグレードを検討している方は是非ご覧ください。

Windows 10 へのアップグレードについて(こちらをクリック)

by PC-otasukeman | 2016-01-16 15:34 | Comments(12)

Internet Explorerをお使いの方へ

Windows 10へのアップグレード・・機は熟しました
詳細はこちらをご覧ください。(2016年1月17日記)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Internet Explorer をお使いの方へ。
次のバージョン以外は1月12日(米国時間)を持ってサポートが終了します。
 Windows 7、8、8.1、10:Internet Explorer 11
 Windows Vista(SP2):Internet Explorer 9
安心・安全にインターネットを楽しむために古いバージョンをお使いの方はバージョンアップしてください。(一般ユーザー)

【バージョンの確認】
Internet Explorer を開きます。
メニューバーの[ヘルプ]をクリックし、[バージョン情報]をクリックします。
(画像をクリックすると拡大表示します)
d0181824_10284218.jpg

バージョン情報が表示されます。11(Vistaは9)以外の方が対象です。
d0181824_10320067.jpg

:メニューバーが表示されていない方は右上の何もないところを右クリックしてメニューバーに☑を付けてください。
d0181824_10353540.jpg

【バージョンアップ手順】
[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows Update]をクリックするかコントロールパネルから[Windows Update]を起動します。下はWindows 7 の例です。
d0181824_10524585.jpg

更新プログラムが表示されます。
[X個のオプションの更新プログラムが利用可能です]をクリックします。
d0181824_10541984.jpg

利用できるオプションプログラムが表示されます。
ここに表示されているプログラムはチェックを入れないとインストールされません。
[Internet Explorer 11]にチェックを入れ、[OK]をクリックします。
d0181824_1104910.jpg

[更新プログラムをインストールする]をクリックします。
d0181824_1161144.jpg

インストールが終了したら[今すぐ再起動]をクリックします。
d0181824_119523.jpg

シャットダウンして再度立ち上がったら、インターネットを開いてください。
メニューバーの[ヘルプ]-[バージョン情報]をクリックしてIE11になっていることを確認してください。
d0181824_11515636.jpg

Vistaの方も同様な手順で確認してください。

【上記でバージョンアップが出来ない方】
次のページをご覧ください
http://windows.microsoft.com/ja-jp/internet-explorer/download-ie
私のパソコンからページを開いたら「最新バージョンが既にインストールされています」と表示されました。
私のパソコンはOKです。
d0181824_11362902.jpg

by PC-otasukeman | 2016-01-12 11:18 | Comments(9)

元のバージョンのWindowsに戻す

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg

Windows 10 へアップグレードしたが、元に戻したいという方へ
アップグレードして1か月以内であれば
元に戻すことが出来ます。
体験してみましたので参考にしてください。
(各画像はクリックすると拡大します。)
Windows ボタンをクリックし、スタートメニューを出し、[設定]をクリックします。
d0181824_10001556.jpg

次に[更新とセキュリティ]をクリックします。
d0181824_10002646.jpg

[回復]をクリック。[Windows 8.1 (または7)に戻す]を選択して[開始する]をクリックします。
(この機能は1か月間だけ有効のようです)
d0181824_10003850.jpg

準備が始まります。
d0181824_10085663.jpg

元に戻す理由が問われますので、該当箇所にチェックを入れて[次へ]をクリックします。
d0181824_10104264.jpg

重要な注意事項が表示されます。
内容を確認し、OKであれば[次へ]をクリックします。
d0181824_10105736.jpg

もう一つ大切な注意事項が表示されます。
ロックアウトとは「締め出す」「締め出し」「閉塞」「閉鎖」という意味です。
パソコンを使い始めるとき、パスワード(暗証番号)を入力していた方は、パスワード(暗証番号)を確認しておいてください。
忘れてしまうとパソコンから締め出しをくってしまいます。
また、無線LAN(Wi-Fi)を使っている方は、念のためにSSIDとセキュリティキーを手元に用意してください。
確認したら、[次へ]をクリックします。
d0181824_10111514.jpg

そして最後に[Windows 8.1 に戻す]をクリックします。
d0181824_10113603.jpg

再起動から始まります。(8月28日10時20分)
再起動が2回、沈黙画面も続き、不安になりますが、ジッと待ちましょう。(私の場合16分間待ちました)
d0181824_13030206.jpg
d0181824_13035813.jpg
d0181824_13043250.jpg
d0181824_13050268.jpg
d0181824_13063684.jpg
d0181824_13071358.jpg

待ち受け画面が出てきました。( 10時36分・・・ここまで16分)
画面のどこかをクリック。
d0181824_13074324.jpg

パスワード(暗証番号)を入力します。私はPIN(暗証番号)でログインしていましたが変わることはありませんでした。(10時36分)
パスワードを設定していない方は入力せず、次へ進めてください。
d0181824_13093766.jpg

ようこそ画面に移ります。
沈黙の画面も続きますが、ここでも、ジッと待ちます。(約2分)
d0181824_13102104.jpg
d0181824_13111144.jpg

デスクトップが現れ始めました。(10時38分)
アイコンがパラパラと表示されていきます。
d0181824_13150105.jpg
d0181824_13165579.jpg

Windows 8.1の元のデスクトップに戻りました。(10時39分)
Windows 10 でインストールしたプログラムは削除されますが、作成したフォルダーやショートカットアイコンは残っています。
プログラムのショートアイコンは無効になっていますので注意してください。
d0181824_13182239.jpg


元のバージョンに戻ると、直ぐに「Windows 10へのアップグレード」の誘いの画面が出る場合があります。
画面を確認してキャンセル、取り消しすると良いでしょう。
【以下は私のパソコンの例です】
次の瞬間、Windows Updateが自動的に開始されました。
d0181824_13195676.jpg

Windows 10 のダウンロードが始まりました。Windows 10 の紹介通知も表示されました。
d0181824_13354211.jpg

データーサイズは2,725MB(約3GB)、時間が掛かりそうなので、ひとまず[ダウンロードの中止]をクリックして終了します。(10時53分)
(画面を最少化してダウンロードを進めても良いですが検証目的の為中止しました)
d0181824_13394902.jpg

後で実行しますので[X]で閉じます。
d0181824_13410822.jpg

通常の画面に戻りましたので、通知領域のWindows アイコンをクリックしてWindows 10 の状態をみてみましょう。
「 ダウンロード」の状態であることがわかります。
[ダウンロード状況の表示]をクリックしてみると、
d0181824_13445695.jpg

再度 Windows Update が開始されました。
d0181824_13493843.jpg

約3GBのファイルがダウンロードされます。時間が掛かるのでバックグランドで実行することにして、画面を最少化して、投稿記事の原稿作成に取り掛かりました。
(10時57分)
d0181824_13493843.jpg

原稿作成の途中ででダウンロード状況を確認したところ、既にダウンロードが完了していました。(14時39分)
d0181824_15030600.jpg

何故か次の画面が出てきましたので、今はアップグレードを実行しないので[同意しない]をクリックして終了しました。(14時45分)
d0181824_15062762.jpg


by PC-otasukeman | 2016-01-11 18:00 | Comments(3)

既定のアプリの変更(Windows 10)

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg


Windows 10 へアップグレードした体験記です。
今まで使っていたアプリケーションプログラムは全て引き継がれていました。
メールソフト「Windows Live メール」、年賀状ソフト「筆まめ」、ウェブブラウザ「Internet Explorer」等で保存したデータもそのま残っていました。
Windows 7 で使っていたウイルス対策ソフト「Microsoft Security Essentials」は「Windows Defender」にバトンタッチされて、安全性は保たれてました。
だだ、画像ファイル等を開いたときに見慣れぬアプリで起動したのが唯一の戸惑いでした。
例えば、
①インターネットの閲覧は「Windows Edge」というアプリが起動
② 画像ファイルを開くと「フォト」というアプリが起動
③ 動画ファイルを開くと「映画&テレビ」というアプリが起動
④ メールソフトは「メール」というアプリが起動
という具合です。
アップグレードの際「簡単設定」を選んだため「既定のアプリ」の設定が変わっていたのです。
:アプリとはアプリケーションプログラムの略です。Windows 8 以降はアプリケーションプログラムを「アプリ」と呼ぶようになったようです。今流の呼び名ですね。

【既定のアプリの変更】
使い慣れたアプリに変更し、 自分流にカスタマイズします。
Windows ボタンをクリックするとスタートメニューが出ますので、[設定]をクリックします。
d0181824_16201114.jpg

設定画面が出ます。[システム]をクリックします。
d0181824_16202623.jpg

システムの画面が出ます。[既定のアプリ]をクリックします。簡単設定で設定されたアプリが表示されています。
d0181824_16204525.jpg


まずはメールソフトを「Windows Live メール」に変更してみます。
[メール]をクリックすると使えるアプリのリストが出てきますので、[Windows Live Mail]をクリックします。
d0181824_16210230.jpg

既定のアプリが[Windows Live Mail]に変更されました。
d0181824_16211934.jpg

同様にして他のアプリも変更します。
私は次の様に変更しました。
d0181824_16215662.jpg

【画像ファイルをPhotoScapeで開くように設定する】
私は画像ファイルは画像加工ソフト「PhotoScape」で開くようにしていましたので、こちらも変更します。
画像ファイルのアイコンを右クリックし、出てきたリストの[プログラムから開く]にポイント合わせると一番候補のリストが出てきます。
ここに無いときは[別のプログラムを選択]をクリックします。
d0181824_18500225.jpg

その他のオプションが表示されます。ここにもないときは、更に[その他のアプリ]をクリックします。
d0181824_18502698.jpg

目的の[PhotoScape]がありました。これをクリックして選択。さらに「常にこのアプリを使ってjpgファイルを開く」にチェックを入れて[OK]をクリックします。
d0181824_18504024.jpg

これで今までと同じ感覚で使えるようになりました。

by PC-otasukeman | 2016-01-11 17:00 | Comments(0)

Windows 8.1 を 10 にアップグレードする

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg
d0181824_16375127.jpg

昨年8月に10へアップグレードしたWindows 8.1 パソコン。
アップグレード対象製品でしたが、プリンターに異常がみられたので、一旦元のバージョンに戻していました。
正月に再度アップグレードしてみましたら、今度はOKでした。5か月の間に修正されたのでしょう。
アップグレードの機は熟してきたようです。
アップグレードの手順を記録しましたのでご参考にしてください。
(各画像はクリックすると拡大します)
通知領域に「Windows 10を入手する」の アイコンがあればこれをクリックします。
アイコンをクリックするとアップグレードの画面が出てきますので、画面の指示に従って進めてください。
アイコンがない場合は[Windows Update]からスタートします。
私のパソコンでは次の画面が出ましたので[今すぐアップグレード]をクリックしてスタートです。
d0181824_16040298.jpg

更に[続行]をクリックします。
d0181824_16041376.jpg

「更新プログラムの確認」が始まります。
d0181824_16062893.jpg

確認の結果が表示されたら、
[N個のオプションの更新プログラムの利用が可能です]をクリックします。
d0181824_16073122.jpg

オプションの更新プログラムが表示されます。
この中に「Windows 10 home、バージョン1511・・・]という名前のプログラムがあれば、チェックを入れて[インストール]をクリックします。
私のパソコンでは以前に非表示に設定していたため見つかりません。この場合はもう一度①~②を実行します。
d0181824_16074834.jpg

再び確認の結果が表示されたら[非表示の更新プログラムの再表示]をクリックします。
d0181824_16103594.jpg

ここからスタートです。
ここに[Windows 10 home、バージョン1511・・・]があれば、チェックを入れて[再表示]をクリックします。
ここでも見つからなければWindows 10 へのアップグレードは出来ません。何度か①~⑤を試してください。
それでも見つからないときはアップグレードは諦めですね。
注意
ここからスタートです。途中で電源が切れることがないよう、
パソコンとインターネット機器の電源接続を確認してください。
パソコンとインターネットの状態により長時間かかる場合があります。時間に余裕があるときに実行してください。

14時02分
d0181824_16115656.jpg

Windows 10のダウンロードが始まります。
(以下はパソコン画面の写真です。画像前の時刻は撮影時刻です。
14時:03分
d0181824_16590851.jpg

約2GBのダウンロードが終了しました。所要時間は約50分、この時間は回線の速度により違ってきます。
[今すぐアップグレード]をクリックします。
ステップの画面が出るまで、ジッと画面を見守ります。
画面が真っ暗になったり、ロゴマークが出たりしますが、マウスやキーボードには手を触れずにジッと待ちましょう。
14:55
d0181824_13145325.jpg

14:55
d0181824_10515545.jpg

14:55
d0181824_10532830.jpg

15:02
d0181824_10541095.jpg

15:02
d0181824_10550090.jpg

15:03
d0181824_10553943.jpg

15:56
d0181824_10562104.jpg

待つこと1時間5分アップグレードが終了しました。
[次へ]をクリックします。
16:00
d0181824_13324547.jpg

設定は後で変更できますので、取り敢えず[簡単設定を使う]をクリックします。
16:00
d0181824_13183244.jpg

新しい機能「コルテナ」の画面が出ます。[Cortenaを使う]をクリックして使ってみましょう。
16:01
d0181824_13205782.jpg

アプリの設定画面が出ます。「Microsoft Edge」は新しいインターネット閲覧アプリです。あとで、インターネットエクスプローラーやグーグルクローム等、今まで使っていたアプリに変更することが出来ますので、取り敢えず[次へ]をクリックします。
16:01
d0181824_13215625.jpg

パソコンを使い始める時に入力する[ パスワード ]を入力します。
:パスワードを設定していない方は、パスワードは入力せず画面の指示に従って次へ進めてください。
後はデスクトップ画面が出るまで待ちます。
16:02
d0181824_13265235.jpg

16:03
d0181824_13385509.jpg

16:03
d0181824_11013825.jpg

16:03
d0181824_11024099.jpg

16:05
d0181824_11042317.jpg

16:07
d0181824_11051802.jpg

16:07
d0181824_11055783.jpg

16:08
d0181824_11063490.jpg

デスクトップ画面が表示され、アップグレードが終了しました。
16:09
d0181824_13274967.jpg

ここまで2時間7分かかりました。

【ウイルス対策ソフトに関する注意】
有効期限内のウイルス対策ソフトはアップグレード後も有効に働きますが、
期限が切れているものは自動的に「Windows Defender(ウィンドウズ ディフェンダー)」に切り替えられます。
また、ソースネクスト社の「ウイルスセキュリティZERO」は無期限ですが、期限切れとして扱われるようです。
これをお使いの方は事前に「有効OS拡張サービス」を適用する必要があるようです。

Windows Defenderはマイクロソフト社が無料で提供していた「Microsoft Security Essentials (マイクロソフト セキュリティ エッセンシャルズ)(MSE)」とほぼ同じものです。
元のバージョンでMSEをお使いの方はしっかり引き継がれていますのでご安心ください。

【ご注意】
所要時間はパソコンやインターネット機器の状態によって変わります。
アップグレードに1日かかったというブロ友さんもおります。画面が変わらず不安に思う場面もありますので、ジッと待ってください。
1日放置してダメなら電源ボタン長押しして強制終了して、再起動してみてください。
それでもだめなら、リカバリーディスクの出番と考えてください。
また、画面は今まで使っていたバージョンの設定等で変わることがあります。画面の指示を確認して進めてください。

by PC-otasukeman | 2016-01-11 16:00 | Comments(1)