お出かけ先でネットに接続!!(その2)

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

無線LAN接続は4日に投稿します

家の親機に複数のパソコンが接続できるの?

昨日は、パソコンをインターネットに繋げるにはLAN親機に接続することお話しました。
今日は親機の接続口についてお話します。

親機とパソコンを接続する手段は次の2つです。
[有線LAN接続]・・・・親機とパソコンをLANケーブルで繋ぎます。
[無線LAN接続]・・・・親機とパソコンを電波で繋ぎます。

あなたの家の「親機」にはこれらの接続口がいくつありますか。
写真は私の家のLANの親機です。
d0181824_1351562.jpg
無線LAN接続口(アンテナ)と4つの有線LAN接続口をもったコレガ社の製品です。
青のケーブルがLANケーブルであり、今はXPのパソコンと繋がっています。
親機の右に出ている棒状のものがアンテナで、セブンのパソコンは電波で繋がっています。

コミュファの最初の契約は「パソコン1台接続」ということでしたので、コミュファから届いた親機は有線LAN接続口が1つだけの装置でした。無線にしたり、パソコンを2台にする必要があり、途中から写真のような無線LAN親機を購入し、接続台数を増やせるようにしています。
プロバイダから提供される親機には私のように1台のパソコンしか接続できないタイプもあれば、1つの箱に無線アンテナや有線LAN接続口を複数備えたものもあります。
皆さんの家の親機はどんな状態でしょうか。アンテナの有無、接続口の数をチェックしてみてください。また、お友達の家も調べてもらうと良いでしょう。
なお、有線LAN接続口が1つだけの親機の方は、無線にしたり、複数台接続するときは無線LAN親機を増設することをお奨めします。設定が必要ですが説明書を読みながら出来ると思いますのでトライしてみてください。
インターネットを日頃楽しんでいるパソコンであれば、有線LAN接続はLANケーブルを差込みさえすれば繋がる筈です。今すぐにもお試しください。少し長めのLANケーブルを用意しておけば、無線が不調のとき役に立ちます。

次回は無線LAN接続について説明します。
公共施設や店舗の公衆無線LANへの接続も基本的なところは同じです。お楽しみに。

# by pc-otasukeman | 2010-09-02 14:35 | Comments(15)

お出かけ先でネットに接続!!(その1)

行動派のブロ友さん。
今週は、お出かけ先にパソコンを持ち込んでネットに接続する方法を勉強しましょう。

「地デジ」に代表されるように今やデジタル時代です。ほとんどの家庭にブロードバンド回線が引き込まれ、インターネットの接続口がありますし、ホテル、新幹線、公共施設、そして店舗などでもインターネットに接続出来るようになりました。しかもこれらの接続はパソコンの標準装備である有線LAN接続または無線LAN接続で実現できるのですから楽しみです。

第1回はLANのお話をしましょう。

皆さんの家には、
①電話線利用のADSL回線
②ケーブルテレビのCATV回線
③光ファイバーのFTTH回線
のうちどれが引き込まれていますか。私の家にはFTTH回線である光ファイバーの線が壁を貫いて引き込まれています。
d0181824_16245635.jpgd0181824_16255345.jpg引き込まれた線は写真(上)の装置に入り、信号ケーブルで写真(下)の装置が繋がり、パソコンは写真(下)の装置に接続されています。私の2台のパソコンは無線で繋がれていますが、無線が調子が悪いときは有線で繋ぎます。
さて、これからの説明では、写真(下)の装置を「親機」と呼ぶことにします。パソコンやipadのようにインターネットを利用する機器は「子機」と言うことになります。「子機」は「親機」を介してインターネットの世界に入るものと解釈してください。
パソコンを「親機」に接続する技術をマスターすれば、デジタル時代も生き抜けるということです。
ここで、LAN( Local Area Network)あるいはローカルエリアネットワークという言葉を頭に入れてください。 いち施設内程度の規模で用いられるコンピュータネットワークのことで、一般家庭、企業のオフィスや研究所、工場等で広く使用されていますし、今では新幹線内、公共施設、そして店舗で利用されています。
親機のパソコン側のネットワークこそがLANということです。

あなたのパソコンと親機の通信仕様が合えば接続出来ます。次回はLANへの接続を詳しく説明します。
[有線LAN]・・・・親機とパソコンをLANケーブルで繋ぎます。
[無線LAN]・・・・親機とパソコンを電波で繋ぎます。

# by pc-otasukeman | 2010-09-01 15:41 | Comments(14)

30日と31日はお休みさせて頂きます

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

30日と31日はお休みさせて頂きます。
次回は「お出かけ先でネット接続」をテーマに勉強したいと思います。お待ちください。
なお、投稿テーマのご希望がありましたらお知らせください。

# by pc-otasukeman | 2010-08-30 22:59 | Comments(4)

残暑・酷暑・熱中症にご注意を!!!!

今日も残暑厳しく、お助けマンはこの酷暑の中、ゴルフコンペに参加しました。
d0181824_85476.jpg80人のコンペで、優勝、準優勝は「本物・特選松茸」の賞品です。一緒に参加した友人が準優勝。見事な松茸を4分の1(3本)を頂ました。本当に見事な松茸でした。(松茸は本物でしたが、産地は??)
今晩は奥様の手作りで松茸づくしです。
お助けマンが楽しんでいる最中も、パソコンの熱中症が発生しているようです。
行動派のブロ友の皆さんはパソコンを持ち運ぶ機会が多いと思います。それも自家用車で。
自家用車に放置されたパソコン。カバーが閉じられたパソコン。シャットダウンしてあれば辛うじて助かりますが、電源オンまたはスリープ状態では、100%熱中症にかかると考えてください。パソコンは温度の上がる車内には絶対に放置しないことです。
パソコンの熱中症はCPU(頭脳)周辺の温度が上がりプログラムが暴走してしまうことです。暴走すると何が起こるかわかりません。大事なデーターが壊れたり、システム情報が壊れ回復不能に陥ったりします。自動修復が行われますが、それも100%可能というわけにはいきません。いつもの立ち上げとは異なる動きをするのはこの為です。
パソコンが回復しても安心せず、データーのバックアップを取っておくことをお奨めします。

繰り返しますが熱中症防止のため、次のことに注意してください。
①35度以上の温度では電源を入れない。
②自家用車の中など、高温になる可能性のある場所にはパソコンを放置しない。
③パソコンを使わないときはシャットダウンしておく。特にノートパソコンのカバーを閉じたときの設定には注意してください。
④高温の場所(自家用車など)から部屋に移したときはパソコン本体の温度が下がるまで電源を入れない。

【パソコンの仕様】
【環境条件】 温度5度C~35度C、湿度20%~80%(但し、結露しないこと)と記入してあります。そして注記として「環境条件に示している温度範囲は性能を保証するものではありません」と記入してありました。この注記の意味はどのように考えればよいのでしょうかね?
皆さんも大切なパソコンの為、見直してみてください。

# by pc-otasukeman | 2010-08-27 19:43 | Comments(15)

「既定に設定」って何のこと?

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

メールアカウントを設定するとき、 「既定のアカウント」とか「既定に設定」という言葉やボタンがあることに気付きませんでしたか?
また、「既定値」とか「既定に戻す」という言葉も時々目にしたと思います。
この「既定」とはよく使われる「規定」や「規程」とは全く意味が違いますのでしっかり理解しておいてください。
ここで言う「既定」はIT用語である「デフォルト(defualt)」のことです。
その意味は「利用者が何も操作や設定を行なわなかった際に使用される、あらかじめ組み込まれた設定値」のことです。

それでは、メールアカウントの設定の際に出てくる「既定に設定」というボタンは何を意味するのでしょうか。注意して見ると、メールアカウントを1つしか設定していないときは、このボタンは使えない状態になっていますが、二つ以上設定すると使えるボタンに変わります。このボタンはどのアカウントを既定に設定しますかというボタンです。アカウントをクリックして選択し、このボタンをクリックすると選択されたアカウントに「規定のアカウント」という言葉が付加され、このアカウントが既定に設定されたということです。

新しいメールを作ったとき、何も指定しなければ、このアカウントが差出人となりますし、受信の際はこのアカウントから受信が開始されるということになるのです。
昨日のテーマである「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを既定のアカウントに入れなければ、2番目以降のアカウントの受信はなくすことができることも理解できると思います。

仕組みを理解することは大切なことです。
メールを設定するときは参考にしてください。

# by pc-otasukeman | 2010-08-26 00:00 | Comments(1)

電子メールの基礎知識(2)

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

『サーバーにメッセージのコピーを置く』

今朝、発見したことです。
昨日の投稿で「プロバイダメールもWebメールで見られるのでは」との疑問が湧き、早朝、コミュファ光のホームページを開いてみました。ありました!!。上の方に【Webメールログイン】ボタン。早速メールアドレスとメールパスワードでログイン。すると、そこには私の為に立派な送受信箱が準備されていたのです。
受信箱には19通のメールがあり、18通は開封済になっていました。
なるほど!なるほど!
受信箱の内容はプロバイダの受信サーバー(POP3)の内容そのもの。
このことに気付くのに時間はかかりませんでした。
残っていたメールは昨日「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れた以降に受信したテストメールでした。開封/未開封も納得です。
メールソフトに戻り「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外し、再度Webメールにログインしましたら、今度は受信箱には何もありませんでした。
納得!納得!です。
期せずして「サーバーにメッセージのコピーを置く」の仕掛けを確認することができましたが、この基本を理解してしまえばプロバイダメールもWebメールとして利用出来そうです。
旅行先でもインターネット環境があればメールチェックが出来るのです。
これが今朝の発見です。

「サーバーにメッセージのコピーを置く」(Webメールを使うために!)
【設定作業手順】
①メールソフトを起動する。(ここではOutlook Expressで説明します)

②メニューバーの[ツール]-[アカウント]をクリックします。

③[インターネットアカウント]の画面が表示されます。

④[メール]タブをクリックし、目的のアカウントをクリックし選択します。

⑤右側の[プロパティ]をクリックします。

⑥プロパティ画面の[詳細設定]タブをクリックして開きます。

⑦下の方にある配信の[サーバーにメッセージのコピーを置く]にテェックを入れます。

⑧さらにそのコピーを削除する条件を指定します。
削除にチェックを入れないとサーバーが満杯になり新しいメールが受信できなくなりますから注意してください。
5日後にサーバーから削除が適当と思いますが、状況に応じて設定してください。

【Webメールとして利用する場合の注意事項】
(1)同じメールアドレスを受信する全てのメールアカウントに上記設定が必要です。

(2)Webメールから送信する場合は指定しないと送信名がメールアドレスになります。
(コミュファでは予め送信者名を設定できるようになっています)

(3)Webメールから送信したメールはWebメールの送信控えにしか残りません。
パソコンに残すには自分宛にBCC(送信相手に知られずに送る)で送っておくと良いでしょう。
(コミュファには予め設定できるようになっています)

(4)受信サーバーの容量と保存期間はプロバイダにより決められております。確認して運用すると良いでしょう。

# by pc-otasukeman | 2010-08-25 14:17 | Comments(3)

電子メールの基礎知識(その1)

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

電子メールはパソコンライフに不可欠なものです。
さて、
ブロ友の皆さんは少なくとも2つ以上のメールアドレスをお持ちではないでしょうか。
私は相談室のブログを始めるまではプロバイダメール1つだけでしたが、今では5つのアドレスを保有しています。
①プロバイダから与えられたアドレス・・・xxxxxxx@tg.commufa.jp
②Yahoo!メールから取得したアドレス・・・xxxxxxx@yahoo.co.jp
③Exciteメールから取得したアドレス・・・・xxxxxxx@excite.co.jp
④Gmail(ジーメール)から取得したアドレス・xxxxxxx@gmail.com
⑤携帯電話のアドレス・・・・・xxxxxxx@docomo.ne.jp

実際に使っているアドレスは①と②ですが、少し混乱気味です。
そこで、原理・原則・基本に立ち返って電子メールを見つめ直してみました。
皆様も一度整理してみては如何でしょうか。

【電子メールの分類】
(1)プロバイダメール・・・・インターネット接続プロバイダが運営
                 (@nifty、Commufa、OCN等)
(2)携帯メール・・・・・・・携帯電話会社が運営
                 (docomo、Soft Bank等)
(3) Web(ウエブ)メール・・Webサービス会社が運営
                 (Yahoo!、Google、MSN等)
皆さんがよくご存知の、
Yahoo!メール(ヤフーメール)【Yahoo!】、Gmail(ジーメール)【Google】、Hotmaile(ホットメール)【MSN】、そしてExciteメール(エキサイトメール)【エキサイト】はいずれも無料のWebメールです。

【メールボックスの設置とメールの送受信】
メールのやり取りは、送信側と受信側にメールボックス(送受信箱)なるものを設置して、その間で行われます。

ここでメールボックスの設置方法に大きな違いが2つあります。

①一つはメールボックスの設置場所の違いです。
Webメールはインターネット(Web)上のサーバーにメールボックスが設置されるのに対して、他の2つは手元の機器(パソコン、携帯電話)の中に設置されるという違いです。
Webメールではサーバー内にメールが保存されることになりますから、ユーザーはインターネットからそのメールボックスにアクセスして、メールを送ったり読んだりするのです。アップロード、ダウンロードという言葉が使われていますが、メールボックスへ送信メールをアップロードし、メールボックスから受信メールをダウンロードすると言う意味です。なんとなく理解できると思います。

②二つ目はメールボックスの設定方法の違いです。
プロバイダメールはメールソフト(メーラー)の準備とその設定作業は総てユーザーが行います。メールソフトにはMicrsoft Office Outlook、Outlook Express、Windows メール、Windows Live メール、MozillaのThunderbirdなどがあり、設定の手順もそれぞれ違います。パソコン初心者にメールソフトの選択と設定を要求するのは酷というものでしょう。これに対して携帯メールもWebメールもユーザーには何の負担もありません。契約あるいは利用するときに簡単な手続きをするくらいです。Webメールではメールアドレス、ログインID、ログインパスワードが即決しますので、直ぐに使うことが出来ます。


【メールの相互関係について】
メールアドレスの特徴はXXXXX@YYYYYYYのように中間に「@」(アットマーク)の文字が入ることです。登録された個々のアドレスは世界中に一つしかありません。このアドレスが付いたメールは世界中どこにでも送信することができます。
携帯電話からパソコンへ、パソコンから携帯電話へ、プロバイダメールからWebメールへ、Webメールから携帯メールへ、境はありません。ただし、当然のことですが、特殊文字が表示できないとか、容量の制限を受けて送れないとか、添付ファイルが開けないなど、受信側の使用ソフトの機能によって制限される場合がありますので、注意が必要です。
ダイアルアップ接続からブロードバンド(ADSL以上)へ移行し、ソフトも機能アップ(XP~)している現状ではあまり問題にはならないかも知れませんが、一応は留意したいものです。少し前まではメールの書式はテキスト形式で送るようにと注意されたものです。皆さんはどうされていますか。

【Webメールからプロバイダメールへの転送について】
Outlook ExpressでWebメールも見れれば便利ですよね。
Gmailがそれを実現していました。
Webメールアドレス宛に送られたメールはWebサーバーのメールボックスに届きますが、Gmailでは転送機能と言うものがあり、プロバイダメールのアドレスを登録しておけば、自動的にそのアドレス宛に転送してくれる機能です。興味のある方はGmailを研究してみては如何でしょうか。

次回はプロバイダメールについてお話します。
メールアカウントの使い分けについてもう少し判りやすく説明します。

# by pc-otasukeman | 2010-08-24 20:07 | Comments(4)