画像の拡大表示を楽しむ(その1)

ページへページへページへ

 エキサイトブログの「画像の拡大表示」をご存知ですか?
下の画像をクリックしてみてください。迫力あるアオサギが現れます。
小さな画像を大きく魅せる・・・これが「画像の拡大表示」です。
今回は7回シリーズでテクニック等をご紹介しますので、皆さんもお試しください。

d0181824_11025205.jpg
d0181824_14481557.jpgd0181824_11035238.jpgd0181824_14513190.jpg

【拡大表示の画面について】
クリックして現れる画面は次の3タイプが用意されています。
次回説明しますが、設定によって選ぶことが出来るようになっています。

【タイプ1 画像閲覧ページ】
同じウインドウの画像閲覧ページ(↓)が表示されます。
画像の右下隅に拡大鏡が出たときは更に拡大できることを表しています。
d0181824_16010775.jpg
拡大鏡をクリックすると拡大画像(↓)が表示されます。
d0181824_16011681.jpg
元の画面に戻るときは[←(戻る)]ボタンをクリックします。

【タイプ2 ポップアップ 】
別ウインドウ(↓)のポップアップ画面が表示されます。
ウインドウが小さい時は[最大化]ボタンをクリックすると、
d0181824_16015023.jpg
最大化し、拡大画像が表示されます。
d0181824_16015969.jpg
画面内をクリックすれば元の画面に戻ります。戻りは簡単です。

【タイプ3 ポップアップ (右クリック禁止)】
額縁に入ったポップアップ画像が表示されます。
私のブログはこのタイプです。
d0181824_16021316.jpg
画面内をクリックすれば元の画面へ戻ります。

【皆様はどのタイプですか?】
エキサイトブログ100サイトを調べてみました。
【タイプ1 画像閲覧ページ】 80サイト
【タイプ2 ポップアップ】 17サイト
【タイプ3 ポップアップ(右クリック禁止)】 3サイト
皆さまのブログはどのタイプでしたでしょうか?
設定の手順は次回説明します。

【重要】
ご自分のブログを確認してください。
拡大表示画面にしても画像の大きさが変わらない方が多いと思います。
画像を拡大するにはいくつかのテクニックが必要です。
次回以降、ご紹介していきますので、是非ご覧ください。

(その2)へつづく

# by PC-otasukeman | 2017-02-02 16:00 | Comments(4)

画像の拡大表示を楽しむ(その2)

ページへページへページへ

【拡大表示の画面を設定する】

【ご注意】以降の説明はエキサイトブログの新管理画面を使います。

次の手順で拡大表示画面を設定します。
【タイプ1 画像閲覧ページ】と【タイプ2 ポップアップ 】
マイブログにログインして[設定]をクリックします。
d0181824_16502549.jpg

設定画面が開いたら[基本設定]タブを開きます。
d0181824_16504217.jpg

下へ スクロールすると「画像の拡大表示」の項目があります。
[画像閲覧ページ]を選択すると「タイプ1 画像閲覧ページ」に設定され、
[ポップアップ]を選択すると「タイプ2 ポップアップ 」に設定されます。
d0181824_16531642.jpg

【タイプ3 ポップアップ(右クリック禁止)】
複雑なな操作ですが、挑戦してみてください。
上記の設定で「ポップアップ」が選択されていることを確認します。
[ メニュー設定]タブを開きます。
d0181824_17193458.jpg

下の方へスクロールすると「ブログパーツ」の項目がありますので[ブログパーツ管理はこちら]をクリックします。
d0181824_17194521.jpg

ブログパーツ追加の画面が出ます。[対応ブログパーツ一覧]をクリックします。
d0181824_17402759.jpg

ブログパーツ一覧が表示されます。
スクロールし[右クリック禁止ブログパーツ]をクリックします。
d0181824_17510855.jpg


ブログパーツに関するページが表示されます。
d0181824_17461352.jpg

スクロールすると、ブログパーツソースが出てきますので、正しいソースをドラッグして選択し、右クリックでコピーします。
d0181824_17534795.jpg

再度ブログパーツ追加の画面を出します。ソースコード欄に先ほどコピーしたソースコードを右クリックで貼り付けて、[登録]をクリックします。
d0181824_17582713.jpg

設定画面を出し、[メニューの並べ替え]タブを開きます。
d0181824_17592019.jpg

スクロールして[ブログパーツ]にチェックを入れて[適用]をクリックして終了します。
d0181824_17593713.jpg

ブログを開いて確認します。「タイプ3 ポップアップ(右クリック禁止)」が表示されたらOKです。
:「ブログパーツ」のチェックを外せば元に戻すことができます。

【注記】
「タイプ3 ポップアップ(右クリック禁止)」にするとブログの画像を右クリックしても操作メニューが表示されなくなります。
「名前を付けて画像を保存」することが出来なくなりますので注意してください。
またブログ本体のメニュー欄に注意メッセージが表示されます。文言はブログパーツのソースコードの文言です。
d0181824_16593338.jpg


次回は拡大表示のテクニックに移ります。
画像加工ソフト「PhotoScape」を使いますので、ご準備ください。
PhotoScapeのダウンロードはこちら(フリーソフト(Photoscape)ダウンロード) を参照してください。


# by PC-otasukeman | 2017-02-02 15:00 | Comments(0)

画像の拡大表示を楽しむ(その3)

ページへページへページへ

【拡大表示の画像サイズを決める】
下の画像は拡大表示をしたときの私のパソコン画面(横1366ピクセル X 縦768ピクセル)です。
黄色の枠内がブログの表示エリア(横1356ピクセル X 縦654ピクセル)、
赤色の枠内が拡大画像(横900ピクセル X 縦600ピクセル)です。
d0181824_11391292.jpg

【 重要①!】
拡大画像のサイズはアップロードした画像サイズと同じです。
小さな画像をアップロードすれば拡大画像も小さくなります。
ブログの表示エリアより大きい画像をアップロードすれば、はみ出た部分は見えなくなります。
私はアップロードする写真は縦サイズを600ピクセルが推奨値です。
上の花火の写真は横900ピクセルX縦600ピクセルに加工してアップロードしたものです。
できる限り大きな画像にしたいのですが、パソコンの画面サイズを考慮して少し余裕を持たせました。

【重要②!】
エキサイトブログでは画像のファイルサイズが500KBを超えると縮小されてアップロードされてしまいます。
下の画像がその例です。クリックしてみてください。大きな画像になりません。
横900ピクセル×縦600ピクセルの画像は500KBを超えていて縮小されてアップロードされたためです。
d0181824_09015350.jpg

JPEG画像は画質を調整してファイルサイズを小さくすることができます。
下の画像は調整してからアップロードしたものです。クリックしてみてください。大きな画像になります。
d0181824_09181673.jpg

【重要③!】
アップロードした画像はエキサイトのサーバーに保存されます。
画像はダウンロードで入手できますので、大きな画像をアップロードしておくと良いでしょう。
ただし、無料コースは1GBの容量制限がありますので注意してください。

【画像加工手順】
画像加工ソフト「PhotoScape」を使ってアップロードする写真を加工してみましょう。
PhotoScapeを起動します。
[画像編集]をクリックします。
d0181824_10095743.jpg

画像編集画面が開きます。加工する写真が保存されているフォルダーをクリックすると、下に写真が表示されます。
加工する写真を探してクリックします。
d0181824_10100813.jpg

写真の画像が表示されます。
画像サイズ、ファイルサイズが表示されています。デジカメの原版の画像サイズとファイルサイズは大きいですね。
d0181824_10211026.jpg

画像サイズを縦600ピクセルになるよう加工します。
[リサイズ]ボタンの▼をクリックするとリストが出て来ますので、[高さの調整]をクリックします。
d0181824_10102395.jpg

高さ(ピクセル)欄に[600]と入力して[OK]をクリックします。
d0181824_16574670.jpg

横900ピクセルX縦600ピクセルの画像が出来ました。OKであれば[保存]をクリックします。
:ファイルサイズ欄はまだ元のままです。
d0181824_16595179.jpg

保存の画面が出ましたら、[JPEG品質]にチェックを入れてファイルサイズを確認します。
500KB以下であれば[名前を付けて保存]します。500KBを超えている場合は、レバーを左にドラッグして画像品質を調整します。
d0181824_17012131.jpg

500KB以下になったら[名前を付けて保存]をクリックします。
d0181824_17031794.jpg

保存先、ファイル名を決めて[保存]をクリックします。
d0181824_17054605.jpg

画像サイズ、ファイルサイズを確認して終了します。
d0181824_17071627.jpg


【画像ファイルの確認】
画像を保存したフォルダーを開きます。
[表示]タブを開いてレイアウトを[詳細]にします。
サイズ欄の数値(KB)がファイルサイズです。
一番先頭の「0-0花火・原画」以外はすべて横900ピクセルX縦600ピクセルにリサイズしたものです。
サイズが500KBを超える画像が4点ありますが、絵柄によってサイズが違うことをお知らせするため、あえて画質の調整をしなかったものです。アップロードするときは再度加工します。
d0181824_12155485.jpg


【用語説明】
【画像サイズ】
 デジタル画像は縦横に並べられた色の付いた点で表現されます。その一点一点を「ピクセル(画素)」と呼んでいます。
そして、縦横に並べられた点の数で画像サイズを表します。
【デジタルカメラで撮った写真:横3456ピクセル×縦2304ピクセル】
【複合機のスキャナー画像:横3502ピクセル×2492ピクセル】
【家庭用ノートパソコンの画面:横1366ピクセル×縦768ピクセル】

【ファイルサイズ】
画像の大きさを表すもう一つの値がファイルサイズです。
単位はKB(キロバイト)であり、サイズの大・小は画像の保存や処理に影響します。
画像ファイルは圧縮という技術が使われており、絵柄や画質によってサイズが違ってきます。

次回は画像の配置と表示サイズについて説明します。


# by PC-otasukeman | 2017-02-02 14:00 | Comments(0)

画像の拡大表示を楽しむ(その4)

ページへページへページへ

【記事に画像を挿入する】
【ご注意】エキサイトブログの新管理画面で説明します。

[投稿]をクリックし「記事を書く」画面を出します。
タイトルを入力し[HTML編集](または普通編集)タブを開きます。
d0181824_16553963.jpg

まず最初に記事に挿入する画像をアップロード(エキサイトのサーバーに保存すること)します。
タスクバーの[エクスプローラー]をクリックし、画像を保存したフォルダを開きます。
ウインドウを左半分に配置し、[表示]タブを開き[大アイコン]にすると見やすいでしょう。
挿入する画像をドラッグして所定のエリアで離すとアップロードが始まります。
d0181824_16243257.jpg

【重要④!】
ファイルサイズが500KBを超えると既定値(後述)のサイズに縮小されてからアップロードされます。
画像にマウスポインタを合わせると画像サイズとファイルサイズを確認できます。
アップロードが終わると右サイドのアップロード欄に画像が表示されます。

挿入する位置へカーソルを立ててアップロード欄の画像をクリックします。
d0181824_16174094.jpg

「HTML編集」では画像タグと呼ばれる文字列が挿入され、
d0181824_16255567.jpg

[普通編集]では画像そのものが挿入されます。
d0181824_11454122.jpg

[プレビュー]をクリックしてみましょう。
下のような画像が表示され、クリックすると拡大画像が表示されます。
d0181824_16233500.jpg

【重要⑤!】
画像の表示には2つの決まり事があります。
アップロードした画像のサイズが既定値(後述)より大きいときは既定値のサイズで表示されます。
私のブログの既定値は520ピクセルです。
クリックで表示される拡大画像はアップロードした画像のサイズ(横900ピクセル)になります。

【既定値とは】
本文に表示できる画像サイズは設定によって制限されています。この値を既定値と呼びます。
通常はブログの本文の幅より少し小さい値に設定されています。
既定値の確認方法は次回説明します。

大きな画像さえアップロードしておけば画像の拡大表示を楽しむことが出来るようになります。
しかし、画像の大きさを変えたり、配置を変えたりするにはHTML編集でなければできません。
どなたにも出来る方法をご紹介しますので、是非次のステップに進んでください。


# by PC-otasukeman | 2017-02-02 13:00 | Comments(0)

画像の拡大表示を楽しむ(その5)

ページへページへページへ

前回まではHTMLを知らなくても出来たことです。
ここからは「HTML編集」で画像のサイズや配置を変えて楽しいブログ創りをしてみたい思います。
「HTML編集」の経験がない方も是非挑戦してください。

【HTML編集とは】
HyperText Markup Language(ハイパーテキスト マークアップ ランゲージ)の略称です。ウェブ上の文書を記述するための言語です。
文章の中に記述することで、さまざまな機能を設定することができます。
「テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられました。
HTML編集はこの言語を使って記事を書くということです。
HTML編集で記事を入力していくと、いろいろな文字列が挿入されます。この文字列をタグと呼んでいます。
今回のテーマでは「画像タグ」「改行タグ①」「改行タグ②」の3つのタグを使います。

【画像タグ】
前回挿入した花火の画像タグで説明します。
:タグはすべて半角文字です。説明のために文字を変更しています。

[#IMAGE|d0181824_16233500.jpg|201701/07/24/|mid|900|600#]

青字の部分:アップロードしたJPEG画像を指定する文字列
緑字の部分:アップロードした日付
mid:画像の配置(中央配置)
(mid:中央配置、left:左寄せ配置、right:右寄せ配置)
900:画像の横サイズ(単位はピクセル)
600:画像の縦サイズ(単位はピクセル)

画像は次の様に表示されます。
画像(↓)は既定値(520ピクセル)に縮小されます。
画像(↓)をクリックすると横900ピクセル×縦600ピクセルの拡大画像が表示されます。
d0181824_16233500.jpg

【改行タグ①】

<br>

改行を意味します。
通常はENTERキーで改行すると挿入されます。

【改行タグ②】

<br clear=all>

画像を左寄せや右寄せで配置し、改行せずに文字を入力していくと画像の横に配置されます。これを文字の回り込みと言いますが、その回り込みを途中で解除するときに使います。
画像を左寄せ配置や右寄せ配置で挿入したときに最後に挿入します。

【タグの追加、削除、書き替え】
タグは追加したり、削除したり、書き替えることが出来ます。
画像タグの赤字の部分を書き替えてみましょう。

【書き替え例1】
横180ピクセル×縦120ピクセルに書き替えてみましょう。

[#IMAGE|d0181824_16233500.jpg|201701/07/24/|mid|180|120#]

実際の画像は下の様に見えます。
クリックして拡大画像も確認してください。
d0181824_16233500.jpg

【書き替え例2】
更に左寄せ配置に書き替えてみましょう。
左寄せ配置、右寄せ配置にしたときは行の最後に改行タグ②を挿入する必要があります。
[#IMAGE|・・・・.jpg|201701/07/24/|left|180|120#]文章<br clear=all>

実際の画像は下の様に見えます。
クリックして拡大画像も確認してください。

d0181824_16233500.jpg文章

【重要⑥!】
サイズを書き替えるとき横縦比が同じくなるようにしなければなりません。
元の画像が横900ピクセルX縦600ピクセルの場合
横180ピクセルのサイズにするには、縦は次の計算で求めます。学校で習った比例計算ですね。
新縦 = 元縦600 ÷ 元横900 X 新横180

【重要⑦!】
左寄せ配置、右寄せ配置にしたときは行の最後に必ず改行タグ②を挿入します。

【書き替え例3】
画像サイズは替えずに左寄せ配置に書き替えてみましょう。
左配置にすると、画像が縮小されて右にスペースができます。
画像タグの後ろに続けて文字を入力して、最後に改行タグ②を挿入します。
【画像タグ】
[#IMAGE|d0181824_16233500.jpg|201701/07/24/|left|900|600#]凄い迫力です。
クリックしてご覧ください。
2016年8月1日撮影
<br clear=all>
実際の記事は下のように見えます。
d0181824_16233500.jpg凄い迫力です。
クリックしてご覧ください。
2016年8月1日撮影


【重要⑧!】
大きな画像を左配置にすると横幅は中央配置より約100ピクセル小さくなります。
文字を入力しないときは中央配置のままにしておくと良いでしょう。

続きます。

# by PC-otasukeman | 2017-02-02 12:00 | Comments(3)

画像の拡大表示を楽しむ(その6)画像の整列配置

ページへページへページへ

最後の仕上げは画像の整列配置です。
画像をキチンと整列させるテクニックをご紹介します。
d0181824_16233500.jpg
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg
d0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg
d0181824_11245128.jpg

ブログの横幅が固定長のタイプでは、合計横幅( ↑)の最大値と 余白(↑)のサイズは決まっています。この2つの値さえ分かれば整列配置は自由自在です。
まずは、これらの値を求めてみましょう。
HTMLやCSSなどの難しいことを知らなくても出来る方法です。

【準備】
アップロードする6枚の画像をすべて同じサイズに加工します。
ここでは横800ピクセル × 縦600ピクセル(横縦比が4:3)の画像を使います。
重要!ファイルサイズが500KBを超えないこと。

「記事を書く」画面を出し、6枚の画像をアップロードし、そしてHTML編集の記事欄に6枚を連続して挿入します。
【挿入された画像タグ】
[#IMAGE|d0181824_16233500.jpg|201701/07/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|201612/31/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16224739.jpg|201612/31/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16225179.jpg|201612/31/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16230025.jpg|201612/31/24/|mid|800|600#]
注1:実際の画像タグは連続して表示されます。)
注2:画像サイズが小さくなっている場合は500KBを超えています。再度加工してアップロードしてください。)
2枚目~6枚目の画像タグを赤字のように書き替えます。
[#IMAGE|d0181824_16233500.jpg|201701/07/24/|mid|800|600#][#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|100|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>[#IMAGE|d0181824_16224739.jpg|201612/31/24/|left|100|100#][#IMAGE|d0181824_16225179.jpg|201612/31/24/|left|100|100#][#IMAGE|d0181824_16230025.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
注1:3枚目と6枚目の横幅のみ200ピクセルで、その他はすべて100ピクセルです。)
注2:ヒヨドリ2枚組の後ろと、メジロ3枚組の後ろに改行タグ②を入れます。)
注3:赤字以外の改行タグが入った時は必ず削除してください。)

[プレビュー]をクリックして画像配置を確認します。
花火の画像は中央配置です。画像の横幅は既定値(このブログは500ピクセル)に縮小されます。
2枚組のヒヨドリ、3枚組のメジロは書き替えられたサイズに縮小されます。
d0181824_16233500.jpg
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg
d0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg

【合計横幅の最大値を見つける】
左寄せ配置の画像を横に並べていき、本文の横幅を超えてしまうと自動的に次の行に移ってしまいます。
これを利用して合計横幅の最大値を見つけます。
最初に2枚組の合計横幅の最大値を求めます。
まずは左の画像の横幅を200に書き替えます。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|200|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
画像の大きさと配列は次のようになります。
合計横幅が広がりますが、まだ右にスペースがあります。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg

更に300に増やします。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|300|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
画像の配列は次のようになります。
合計横幅がさらに広がりますが、まだ右にスペースがあります。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg

更に400に増やします。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|400|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
画像の配列が2段になってしまいました。
合計横幅が最大値を超えたため、自動的に改行されたのです。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg

一旦、前のサイズ(300)に戻し、ここからは横サイズを301、402、・・・・308、309・・と1ピクセルづつ増やしていきます。
310に書き替えた状態です。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|310|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
最大値に近づきましたが、まだ2段になりません。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg

311に書き替えます。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|311|100#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|200|100#]<br clear=all>
右の画像が次の段に移りました。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg

310に戻します。
この状態が合計横幅の最大値です。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg
合計横幅(最大値)=310+余白 + 200 = 510 + 余白

次に3枚組の合計横幅の最大値を求めます。
手順は2枚組と同じです。説明は割愛します。
こちらは1枚目を200にしたときに合計横幅が最大値になりました。

[#IMAGE|d0181824_16224739.jpg|201612/31/24/|left|200|100#][#IMAGE|d0181824_16225179.jpg|201612/31/24/|left|100|100#][#IMAGE|d0181824_16230025.jpg|201612/31/24/|left|200|100#]<br clear="all">
表示は次のようになります。
d0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg
合計横幅(最大値)=200+余白+100+余白+200=500+2余白

【余白を求める】
余白を求めます。
2枚組と3枚組の合計横幅の最大値が見つかりました。
合計横幅の最大値は同じですから、余白は次の式で求まります。
500+余白+余白=510+余白
余白=510-500=10ピクセル

【ブログ本文の横幅を求める】
最後にブログ本文の横幅を求めます。
画像の余白は1枚の画像に対して左右上下の余白が決められています。
私のブログは左右上下とも5ピクセルに設定されています。従って画像間の余白は右余白(5)と左余白(5)を足して10ピクセルとなります。
ブログによっては右余白が15、左余白が0であったり、左右とも0であったりいろいろです。
ブログ本文の横幅は合計横幅の最大値に左右の余白を加算した値になりますから、私のブログは530ピクセルということになります。

【画像サイズを求める】
本文の横幅、合計横幅の最大値、余白が決まれば、N枚並べるときの横幅を計算で求めることができます。

横幅合計値=本文の横幅ー余白×N
または
横幅合計値=合計横幅(最大値)ー{余白 ×(N-1)}

横幅合計値をN枚で分割すれば画像の横サイズが求まります。

本来の画像サイズを求めます。
【2枚組の場合】
2枚のサイズは同じですから、横幅合計値(510)を2で割れば横サイズは255ピクセルになります。
縦サイズは比例計算で求めます。

新縦=元の縦(600)÷ 元の横(800)× 新横(255)

割り切れないときは四捨五入します。上の例では縦は191ピクセルになります。
画像タグを書き替えると整列配置が完成します。
[#IMAGE|d0181824_16284578.jpg|201612/31/24/|left|255|191#][#IMAGE|d0181824_16285091.jpg|・・・/24/|left|255|191#]<br clear=all>
表示は次のようになります。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg
合計横幅(最大値)=255+余白 + 255 = 510 + 余白(10)

【3枚組の場合】
3枚のサイズは同じですから、横幅合計値(500)を3で割れば166 余り2ピクセルになります。
余りが出たときは1ピクセルづつ配分します。
1枚目:166、2枚目と3枚目:167 となります。

縦サイズは比例計算で求めます。
新縦=元の縦(600)÷ 元の横(800)× 新横(166)

割り切れないときは四捨五入します。上の例では縦は125ピクセルになります。
画像タグを書き替えて整列配置が完成します。
[#IMAGE|d0181824_16224739.jpg|201612/31/24/|left|166|125#][#IMAGE|d0181824_16225179.jpg|201612/31/24/|left|167|125#][#IMAGE|d0181824_16230025.jpg|・・・/31/24/|left|167|125#]<br clear=all>
表示は次のようになります。
d0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg
合計横幅(最大値)=166+余白+167+余白+167=500+2 × 余白(10)

【5枚組の場合】
ヒヨドリとメジロの画像を5枚横に並べるには、
画像の横幅 =[520-{10 ×(5-1)}]÷ 5 =96 ピクセルとなります。
横96ピクセル×縦72ピクセルに書き替えれば次のように並びます。
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpgd0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg

【1枚画像の横幅調整】
1枚目の花火の横幅は既定値に縮小されます。
既定値を上で求めた合計横幅の最大値に設定すると良いでしょう。
私のブログは500でしたので520に変更しました。これで花火の画像も左右が揃い整列配置になりました。
:画像の左余白が0のブログでは左右が揃わない場合があります。その場合は既定値を余白分大きくすれば、左側だけでも揃いますのでお試しください。
d0181824_16233500.jpg
d0181824_16284578.jpgd0181824_16285091.jpg
d0181824_16224739.jpgd0181824_16225179.jpgd0181824_16230025.jpg

【左余白0のブログの例】
ブログの本文横幅=480ピクセル、合計横幅の最大値=465ピクセル、余白=15ピクセル
既定値を480ピクセルに増やした事例です。1枚画像の左サイドは揃いましたが、右サイドが揃っていません。
d0181824_15263086.jpg


【画像の既定値を確認する】
[設定]-[デザインスキン]-[PCデザインスキン]とクリックしていくと「PCデザインスキン」の画面が出ます。
現在使用中のスキン(Cyber 2)の[編集]をクリックします。
d0181824_12054027.jpg

「PCデザインスキン編集」の画面が出てきます。
基本設定のサイズ欄にある数値が既定値です。画像のサイズをピクセルで指定するようになっています。
私のブログは500(ピクセル)に設定されていましたから、520に変更しました。
d0181824_13150258.jpg


横縦比が違う画像も仕組みがわかれば整列配置できます。
パズルのようですが仕組みが分かればいろいろと楽しめます。皆さんもお試しください。
次回は最終回です。

# by PC-otasukeman | 2017-02-02 11:00 | Comments(0)

画像の拡大表示を楽しむ(その7・最終回)

ページへページへページへ

画像の拡大表示をマスターすると、さらにいろいろなことが出来るようになります。
その一例をご紹介して最終回とさせていただきます。

【例1 小さな画像をアップロードしてみましょう】
横200ピクセル×縦150ピクセルの小さな画像をアップロードして、画像タグを書き替えてみましょう。
画像をアップロードします。

画像を記事に挿入します。
【画像タグ】
[#IMAGE|d0181824_16590531.jpg|201701/13/24/|mid|200|150#]

画像は下の様に表示されます。サイズは横200ピクセル×縦150ピクセルです。クリックして現れる画像のサイズもこれと同じです。
d0181824_16590531.jpg

画像タグを1枚表示のサイズに書き替えます。
[#IMAGE|d0181824_16590531.jpg|201701/13/24/|mid|520|390#]

画像は下の様に表示されます。サイズは横520ピクセル×縦390ピクセルです
クリックで現れる画像はアップロードしたサイズですから当然小さくなります。
小さい写真を大きく表示したいときに活用できますが、リサイズで拡大しているため画質は悪くなってしまいます。
d0181824_16590531.jpg


【例2:小さな文字も拡大表示でハッキリ】
下の画像はスキャナーで撮ったパンフレットの一部です。元の画像は大きいですが、小さな文字がよく見えません。
d0181824_14052233.jpg

画像の拡大表示を使ってみましょう。
画像サイズを横幅2000ピクセル(バカデカサイズ)にリサイズします。(PhotoScapeのリサイズ機能を使う)
文字の輪郭をはっきりさせるためシャープ加工しておくとよいでしょう。(PhotoScapeのシャープ機能を使う)
d0181824_14412414.jpg

画像を保存します。画像を保存する際に画質調整でファイルサイズを500KB以下にします。(PhotoScapeのリサイズした時の保存機能を使う)
d0181824_15590849.png

加工した画像をアップロードします。
画像を記事に挿入します。
【画像タグ】
[#IMAGE|d0181824_14055530.jpg|201611/09/24/|mid|2000|411#]

画像は下の様に表示されます。既定値(横520ピクセル)に縮小されていますが、クリックで現れる画像はバカデカサイズになります。小さい字も読めるようになります。
d0181824_14055530.jpg

:横幅をパソコンの画面より大きくすると「ポップアップ(右クリック禁止)」画面でははみ出た部分が見えなくなる場合があります。横幅をバカデカサイズにするときは「ポップアップ」画面にするとよいでしょう。
(このブログは「ポップアップ(右クリック禁止)」画面です)

【例3 背の高いテレビ塔も拡大表示でバッチリ】
下の写真は名古屋テレビ塔です。
左の写真は全景写真です。リサイズ等一切加工せずにアップロードしています。
右の写真はテレビ塔をトリミングし、横600ピクセル×縦3321ピクセルのバカデカサイズに加工しています。
当然、画質調整でファイルサイズを500KB以下にしてからアップロードしています。

記事に挿入した画像タグです。
[#IMAGE|d0181824_11102414.jpg|201701/14/24/|mid|390|520#]
[#IMAGE|d0181824_11211024.jpg|201701/14/24/|mid|600|3321#]

2枚の画像を横に並べるべく、横縦サイズを計算し、画像タグをつぎのように書き替えます。
[#IMAGE|d0181824_11102414.jpg|201701/14/24/|left|411|548#]
[#IMAGE|d0181824_11211024.jpg|201701/14/24/|left|99|548#]<br clear=all>
計算式は連立方程式を解くような複雑になりますので、次の機会にご紹介します。

実際の画像は次のように表示されます。クリックすると迫力あるテレビ塔が現れます。
d0181824_11102414.jpgd0181824_11211024.jpg

縦長のバカデカサイズはスクロールすると見ることができます。
色々と活用できそうですね。

【例4 こんな配置もできます】
【画像タグ】
d0181824_16221715.jpg

d0181824_11211024.jpgd0181824_22270916.jpgd0181824_22270132.jpgd0181824_22265441.jpgd0181824_22264230.jpgd0181824_22265441.jpgd0181824_22264230.jpgd0181824_22125766.jpg


以上で7回に渡るシリーズ投稿を終了します。
今回ご紹介したテクニックをご自分のブログでお試しください。


# by PC-otasukeman | 2017-02-02 10:00 | Comments(2)