データーのバックアップ

【ご相談内容】
写真や文書をUSBメモリみたいな簡便なものに保存しておきたいのです。
「USBメモリ」「SDカード」「外付けHDD」等、全部やってみたけれどウマくいかず、めんどくさくなって諦めています。
バッフアローの外付けHDDも埃だらけになっています。
パソコンの調子に不安があります。どうかお助けください。

【回答】
基本的な問題があるかもしれません。
まずは次の質問にお答えください。

【質問①】
下の画像は私のパソコン(Windows 10)のデスクトップの画面です。
あなたのデスクトップの画面に「PC」のアイコンがありますか?
またタスクバーに「エクスプローラ」のアイコンがありますか?
(画像をクリックすると拡大します)
d0181824_15154534.jpg

【質問②】
「PC」のアイコンがあれば、ダブルクリックしてください。
PCの中が表示されます。
フォルダの中に「ドキュメント」、「ピクチャー」、「ビデオ」、「ミュージック」がありますか?
また、デバイスとドライブの各名称の末尾にある(C:)、(D:)、(E:)、(F:)等のアルファベットをすべてお知らせください。
d0181824_15435955.jpg

上記のようなアイコンが出ないときは表示を[大アイコン]に変更してください。
d0181824_15160222.jpg

アイコンが隠されている場合があります。
[>]があったらクリックしてみてください。
d0181824_19521935.jpg


取り急ぎコメントでお答えください。
(非公開コメントで結構です)

お答えを踏まえて「お助けマン教室」で解決していきたいと思います。

# by PC-otasukeman | 2018-08-20 15:47 | Comments(5)

今年も豊作? 幻のお米「ミネアサヒ」

毎朝歩く瀬戸の奥座敷岩屋堂
「鳥原町西」・・・我が家から歩いて30分
ミネアサヒの水田地帯が広がります。
月末には稲刈りが始まります。 さて今年の出来は??
d0181824_16015008.jpg
d0181824_16020402.jpg
d0181824_16013022.jpg
d0181824_16014338.jpg
d0181824_16015786.jpg

# by PC-otasukeman | 2018-08-16 16:19 | Comments(1)

フリーソフト「スマートデフラグ5」を使ってみよう

「ドライブのデフラグと最適化」はウインドウズの標準機能でも可能ですが、このソフトはより高度な「デフラグと最適化」を提供するものです。
HDDが搭載する磁気ディスクの外周はデーターを高速に読み書きできます。
システムファイルや頻繁に使うファイルを外周に再配置することで、パソコンを高速化するというものです。
早速使ってみました。

【Smart Defrag 5(スマートデフラグ5)】
「ベクター」のサイトからZIP形式のファイルをダウンロードし、インストールします。
https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se490234.html
ダウンロード手順は後で説明します。

スタート画面より[Smart Defrag 5]を起動します。
d0181824_10401215.jpg

ユーザーアカウント制御のメッセージが出たら「はい」をクリックすると下のトップ画面が出ます。
私のパソコンにはCドライブ(Windows 8.1(C:))、Dドライブ(ローカルディスク(D:))、外付けドライブ(ローカルディスク(G:)の3つのHDDが使える状態です。
d0181824_14053144.jpg

Cドライブにチェックを入れます。[スマートデフラグ]ボタンの[▶]をクリックするとメニューが出てきますので「デフラグと最適化」をクリックします。
d0181824_14023667.jpg

デフラグ(断片化したファイル連続化)と最適化(ファイルの再配置)が実行されます。
【開始直後の画面】
磁気ディスクには断片化したファイル(赤の部分)が散在しています。
d0181824_14142940.jpg

【処理完了時の画面】
断片化したファイル(赤)は無くなりました。
[レポートを表示]をクリックします。
d0181824_14144675.jpg

結果が表示されます。
デフラグした断片数、再配置したファイル数等が表示されます。
d0181824_14261429.jpg

「デフラグと最適化」のイメージが理解できたと思います。
ウインドウズの標準機能の「デフラグと最適化」で十分かと思います。興味のある方はお試しください。

【参考:ダウンロード手順】
ベクターのダウンロードページを開きます。
https://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se490234.html
d0181824_15094052.jpg

下へスクロールし、[ダウンロードページへ]ボタンをクリックします。
d0181824_15102025.jpg


ダウンロードページに移ったら[今すぐダウンロード]ボタンをクリックします。
d0181824_15105084.jpg

[保存]をクリックします。
注:ZIP形式のファイルです。一旦保存して、全てを展開してから実行してください。
d0181824_15153198.jpg

ダウンロードフォルダーに保存されましたので、[フォルダーを開く]をクリックします。
d0181824_15192755.jpg

ZIP形式のフォルダ[Smart Defrag]を右クリックして、出てきたリストの[全て展開]をクリックします。
d0181824_15290753.jpg

「完了時に展開されたフォルダーを開く」にチェックを入れ[展開]をクリックします。
d0181824_15444105.jpg

[Smart Defrag]フォルダーをダブルクリックして開きます。
d0181824_15491946.jpg

[インストーラー]フォルダをダブルクリックして開きます。
d0181824_15494832.jpg

[sd-setup・・.exe]をダブルクリックしてインストールを実行します。
d0181824_15501866.jpg

以降は通常のインストールと同じです。画面に従ってインストールしてください。

# by PC-otasukeman | 2018-08-10 16:19 | Comments(2)

ディスクのクリーンアップ オプション

ディスクのクリーンアップのオプションを実行してみました。
効果が大きかったのでご紹介します。
Cドライブのプロパティを開きます。
現在の空き領域は228GBです。
[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックします。
d0181824_10334848.jpg

次に[システムファイルのクリーンアップ]ボタンをクリックします。
d0181824_10335879.jpg

次に[その他のオプション]タブをクリックして開きます。
ここに「システムの復元とシャドーコピー」という項目があります。
ウインドウズではシステムに不具合が生じたとき、「システムの復元」機能を使って復旧できるようになっています。
そのために、システム設定情報をまとめて保存しています。通常、数回分の復元ポイントを保持しています。たいていは最新のものがあれば十分です。[クリーンアップ]ボタンをクリックすることで最新以外の復元ポイントを削除できるのです。
d0181824_10341711.jpg

確認画面がでますので、[削除]をクリックします。
d0181824_10342712.jpg

Cドライブのプロパティで空き領域を調べます。
空き領域が236GBになっています。8GB増えています。
d0181824_10350233.jpg


# by PC-otasukeman | 2018-08-09 11:21 | Comments(7)

ドライブのデフラグと最適化

同じパソコンを永年使い続けている方・・必見
この記事は前の記事をご覧になってからお読みください。

Cドライブの断片化したファイルを連続化と再配置で快適に!!

【遅い・重い・不調の原因】
パソコンを永年使い続けると気になるのが動作のもたつきです。
その原因の一つがCドライブに保存された断片化したファイルです。断片化したファイルが多くなるほど遅くなります。
この断片化したファイルを連続化して、再配置するのがデフラグと最適化です。
但し、対象はHDDです。SSDは構造が違うのでデフラグと最適化は必要ありません。
Windows 7 以降 自動で実行されるようになりましたが、条件があります。
スケジュールされた最適化が「オン」になっていること
パソコンが起動していること
Cドライブの空き領域が確保されていること
ご自分のパソコンがおかしいなと感じたら手動でCドライブの「デフラグと最適化」を実行してください。

【デフラグと最適化】
デスクトップの[PC]アイコンをダブルクリックします。
d0181824_16285122.jpg

デバイスとドライバが表示されます。
「・・・(C:)」と表記されているのがCドライブです。
私のパソコンでは名称が「Windows8.1(C:)」となっていますが、購入したときの名称のままです。メーカーや機種によって違いますので「C:」に注目して探してください。
注:下の画像はタスクバーの[エクスプローラ]アイコンをクリックして[PC]を開いても表示されます。
d0181824_16304741.jpg

Cドライブを右クリックするとリストが出てきますので、[プロパティ]をクリックします。
d0181824_16315744.jpg

Cドライブのプロパティが表示されます。
空き領域の安心目安は20%以上です。空き領域が少ないと十分なデフラグが出来ませんので注意してください。
私のパソコンは空き容量が35%です。まだまだ余裕があります。
確認したら[ツール]タブをクリックします。
d0181824_15244885.jpg

[最適化]ボタンをクリックします。
d0181824_15154338.jpg

ドライブの最適化の画面が出ます。
今の状態が表示されます。
私のパソコンはCドライブの断片化率は0%で全く問題はありません。
スケジュールされた最適化がオンに設定され、毎日長時間パソコンを使っているため最適化も完璧に実行されているからです。
もし、断片化が進んでいたら[最適化]ボタンをクリックして、実行してください。
d0181824_15184110.jpg

スケジュールされた最適化の設定を変更するときは[設定の変更]をクリックします。
d0181824_15430647.jpg

[スケジュールに従って実行する]にチェックを入れ、頻度を[毎週]にして[OK]をクリックします。
d0181824_15433621.jpg

【参考】
ドライブのデフラグと最適化はWindowsの管理ツールプログラムです。
スタート画面から[Windows管理ツール]-[ドライブのデフラグと最適化]をクリックして起動できます。
d0181824_13454432.jpg
d0181824_16463619.jpg

# by PC-otasukeman | 2018-08-08 16:57 | Comments(0)

ディスクのクリーンアップ

Cドライブに溜まった不要ファイルを削除して快適に!!

【パソコンの構成】
良く目にするコンピュータの構成図です。
d0181824_15010868.jpg

パソコンでは赤字のように表記されています。
【中央処理装置】⇒  CPU(半導体回路)
【主記憶装置】 ⇒ メインメモリ(半導体メモリ
【補助記憶装置】⇒ Cドライブ(磁気ディスクメモリ(HDD))
                (または半導体メモリ(SSD))
【入力装置】  ⇒ キーボード、マウス等
【出力装置】  ⇒ 液晶ディスプレイ、スピーカー等

【遅い・重い・不調の原因】
パソコンを永年使い続けると気になるのが動作のもたつきです。
その原因の一つがCドライブにたまるさまざまなファイルです。
プログラムファイル、画像ファイル、文書ファイルの他に、一時ファイルのような日々発生する不要ファイルです。
Cドライブの容量は決まっています。空き領域が少なくなるとファイルは分割されてバラバラに保存されていきます。これがファイルの断片化です。
足の踏み場もない倉庫に荷物を分散して保管すると荷物の出し入れに時間がかかるように、断片化されたファイルの読み書きに時間がかかってしまいます。
空き容量が更に少なくなると読み書きすらできなくなり動作不能ということになってしまいます。
これが遅い・重い・不調の原因なのです。

対策はCドライブの空き領域を確保するとともに断片化したファイルをまとめることです。
今回はウインドウズの標準機能である「ディスクのクリーンアップ」で不要ファイルを削除し、「ドライブのデフラグと最適化」で断片化を解消してみたいと思います。
Windows10で説明しますが、7,8,8.1も同様です。

【事前チェック】
まずは「Cドライブ」の使用状態を調べてみましょう。
デスクトップの[PC]アイコンをダブルクリックします。
d0181824_16285122.jpg

デバイスとドライバが表示されます。
「・・・(C:)」と表記されているのがCドライブです。
私のパソコンでは名称が「Windows8.1(C:)」となっていますが、購入したときの名称のままです。メーカーや機種によって違いますので「C:」に注目して探してください。
注:下の画像はタスクバーの[エクスプローラ]アイコンをクリックして[PC]を開いても表示されます。
d0181824_16304741.jpg

Cドライブを右クリックするとリストが出てきますので、[プロパティ]をクリックします。
d0181824_16315744.jpg

Cドライブのプロパティが表示されます。
空き領域の安心目安は20%以上です。20%以下であればディスクのクリーンアップを実行してください。
d0181824_16430233.jpg

私のパソコンは空き容量が35%です。まだまだ余裕があります。
使用領域:417GB
空き領域:228GB(35%)
容量:646GB

【ディスクのクリーンアップ】
[ディスクのクリーンアップ]ボタンをクリックすると、ディスクのクリーンアップ画面が出ます。
削除するファイルにチェックを入れ[OK]をクリックします。
ごみ箱もあります。
全てにチェックを入れると空き領域は1.03GB増加することが分かります。確認して[OK]をクリックします。
d0181824_13223575.jpg

[システムファイルのクリーンアップ]ボタンをクリックすると、ウインドウズ アップデートのためにダウンロードした更新プログラム等システムで溜め込んだファイルが追加されます。通常は使わないファイルですが、パソコン初心者の方にはお薦めできません。
d0181824_13203977.jpg

確認画面が出ますので、[ファイルの削除]をクリックします。
d0181824_16515160.jpg

空き領域が1GB増えました。
d0181824_16583470.jpg

【参考】
ディスクのクリーンアップはWindowsの管理ツールプログラムです。
スタート画面から[Windows管理ツール]-[ディスククリーンアップ]をクリックして起動できます。
d0181824_13461443.jpg
d0181824_16511624.jpg
d0181824_16514612.jpg

「ドライブのデフラグと最適化」は次回説明します。

# by PC-otasukeman | 2018-08-08 16:53 | Comments(2)

2018 花火芸術

花火と音楽の融合
今年も花火芸術を撮ってきました。
もの凄い迫力でしたが、風向きが最悪。
煙の中の花火、オートフォーカスも乱れ、散々でしたが、これも花火です。
スピーカーをオンにして臨場感をお楽しみください。

【全編版:18分13秒】


【開幕スターマイン:4分42秒】


【第2幕:4分26秒】


【第3幕:5分50秒】


【終幕大スターマイン:3分13秒】


【風向きに恵まれた昨年の花火芸術です:31分49秒】


【一眼レフで捉えた花火の姿(スライドショー):43分9秒】


# by PC-otasukeman | 2018-08-02 21:33 | Comments(2)