熱中症のパソコン・・その結末

熱中症でHDDが破損した知人が報告に来てくれました。
お助けマンの診断を受けて専門業者に出張修理を受けた結果です。
お役に立てた嬉びもあり、日曜日ですが投稿しました。

【結論】
・HDDは修復不能で、パソコンは廃棄処分となった。(引き取り料2,000円)
・ディスク面には損傷がなく、データー取り出しに成功。USBメモリにデーターを確保。

【データー確保に要した費用と作業経緯】
(1)基本料金:出張費4,500円と診断費用4,200円で合計8,700円。
(2)基本料金を了承して診断開始。
(3)診断の結果、ディスク表面に損傷なく、データー取り出しが可能と判明。
(4)データー取り出しの見積もりを提示。
(5)必要最小限のデーター取り出し費用35,000円を了解して取り出し作業開始。
(6)データーをUSBメモリに格納して作業終了。
この間約2時間、47,700円の出費となったが、大切なデーターを取り出すことができて良かったとのことでした。

【知人の教訓】
(1)周囲温度が5~35度ではパソコンの使用は避ける。
(2)大切なデーターは速やかに外部メモリにバックアップを取る。
(3)パソコンがおかしいと思ったらお助けマンに相談する。(これは嬉しいことです)

酷暑の為か、今夏はHDDのトラブルが多いそうです。
皆さんもお気を付けてください。

【追伸】
今はデスクトップ型パソコンより、ノート型のパソコンの方が安くなっているようです。
知人から得た、情報です。お助けマンも認識を新たにしました。

by pc-otasukeman | 2010-08-22 22:37 | Comments(0)

名前
URL
削除用パスワード

<< 解答!!・・「2台のPCに2つ...    2つのメールアカウント設定・・... >>