電子メールの基礎知識(2)

<$prepage type=1$> <$nextpage type=1$><相談室トップ>

『サーバーにメッセージのコピーを置く』

今朝、発見したことです。
昨日の投稿で「プロバイダメールもWebメールで見られるのでは」との疑問が湧き、早朝、コミュファ光のホームページを開いてみました。ありました!!。上の方に【Webメールログイン】ボタン。早速メールアドレスとメールパスワードでログイン。すると、そこには私の為に立派な送受信箱が準備されていたのです。
受信箱には19通のメールがあり、18通は開封済になっていました。
なるほど!なるほど!
受信箱の内容はプロバイダの受信サーバー(POP3)の内容そのもの。
このことに気付くのに時間はかかりませんでした。
残っていたメールは昨日「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックを入れた以降に受信したテストメールでした。開封/未開封も納得です。
メールソフトに戻り「サーバーにメッセージのコピーを置く」のチェックを外し、再度Webメールにログインしましたら、今度は受信箱には何もありませんでした。
納得!納得!です。
期せずして「サーバーにメッセージのコピーを置く」の仕掛けを確認することができましたが、この基本を理解してしまえばプロバイダメールもWebメールとして利用出来そうです。
旅行先でもインターネット環境があればメールチェックが出来るのです。
これが今朝の発見です。

「サーバーにメッセージのコピーを置く」(Webメールを使うために!)
【設定作業手順】
①メールソフトを起動する。(ここではOutlook Expressで説明します)

②メニューバーの[ツール]-[アカウント]をクリックします。

③[インターネットアカウント]の画面が表示されます。

④[メール]タブをクリックし、目的のアカウントをクリックし選択します。

⑤右側の[プロパティ]をクリックします。

⑥プロパティ画面の[詳細設定]タブをクリックして開きます。

⑦下の方にある配信の[サーバーにメッセージのコピーを置く]にテェックを入れます。

⑧さらにそのコピーを削除する条件を指定します。
削除にチェックを入れないとサーバーが満杯になり新しいメールが受信できなくなりますから注意してください。
5日後にサーバーから削除が適当と思いますが、状況に応じて設定してください。

【Webメールとして利用する場合の注意事項】
(1)同じメールアドレスを受信する全てのメールアカウントに上記設定が必要です。

(2)Webメールから送信する場合は指定しないと送信名がメールアドレスになります。
(コミュファでは予め送信者名を設定できるようになっています)

(3)Webメールから送信したメールはWebメールの送信控えにしか残りません。
パソコンに残すには自分宛にBCC(送信相手に知られずに送る)で送っておくと良いでしょう。
(コミュファには予め設定できるようになっています)

(4)受信サーバーの容量と保存期間はプロバイダにより決められております。確認して運用すると良いでしょう。

by pc-otasukeman | 2010-08-25 14:17 | Comments(3)

Commented by ★元気ばば★ at 2010-08-26 07:25 x
コミファ光のHPWebメールを利用しています。
今まで別の場所からアクセスしたときに過去のメールの一覧が見られなかった。
とっても不便でした。
コミファは不親切だな!と思っていたのですが、私のメール設定に問題があったのですね。
早速[サーバーにメッセージのコピーを置く]のチェックをしました。
これで問題 解決しました。
有難うございました。

Commented by パソコンお助けマン at 2010-08-26 13:10 x
早速お役に立って良かったです。
原理・原則・基本に立ち返ると応用が出来ることをつくづく感じる今日この頃です。複数のパソコンで同じメールを受信できるようにするのも「サーバーにメッセージのコピーを置く」ことにより可能になります。
Commented by おれんじ at 2010-08-26 18:28 x
私のパソコンが、どうやら 熱中症にかかったみたいで
大変でした。その顛末をブログUPしましたので、
対処法が、これで良かったのか~~?悪かったのか~~お助けマンさんに診断を、お願いしたいのですが・・・
今は、普通に起動しています(?_?)
名前
URL
削除用パスワード

<< 「既定に設定」って何のこと?    電子メールの基礎知識(その1) >>