マナーと法律

快適なパソコンライフを送るために覚えておきたいマナーと法律のお話です。

この相談室を訪問される多くの方は「元気ばばの青春日記」から広がったブロ友さんです。お互いにブログやコメントから相手を想像し、会話を楽しみ、中にはEメールで情報を交換して親交を深めるお仲間もいるようです。
これまで皆さんのブログやコメントを拝見してきましたが。一度も違和感のある文章にお目にかかることはありませんでした。皆さんにはマナーのお話は釈迦に説法かも知れませんが・・・

ネットでのマナーは
「他人に礼儀正しく、そして迷惑をかけない」
が基本です。パソコンの向こう側の相手に対する思いやりが求められ、自分勝手な行動は慎しまなければならないのです。
時折基本に立ち返り、ご自分の投稿スタイルを見つめ直して見てください。

一般的なマナーは身に付いていると思いますが、問題は法律に触れる「迷惑」です。それは「著作権侵害」や「個人情報流失」や「名誉棄損」と言われる「迷惑」です。他人の画像や文章を自分のブログに流用したり、ブログやメールで知り得た個人情報を流したり、誹謗中傷したりして、相手の財産権や人格権を侵害する行為です。
画像や文章を流用したり、リンクを貼る際には、相手に迷惑がかかるか否かを検証することを忘れないでください。それも相手の立場で判断することが大切です。

個人情報についてはEメールの送信先について注意してください。
メールの送信先欄は「宛先」「CC」「BCC」の3つがあります。
「宛先」はメールの送り先本人のアドレスを入力する欄、
「CC」はカーボンコピーの略で、参考としてコピーを送る人のアドレスを入力する欄、
「BCC」はブラインド・カーボン・コピーの略で、いわば内緒でコピーを送る人のアドレスを入力する欄です。
「宛先」と「CC」のアドレスはメール受信者全員に知らされますが、「BCC」のアドレスは知らされません。
相互関係のない複数の人にメールを送るときは「BCC」で送信することをお奨めします。
特に会報やメールマガジンを運営している方はBCCで送るのが原則です。
送信側は全員のメールアドレスを承知していても、受信する側は自分のアドレスを第三者に知らせたくない場合もあります。個人情報の取扱で問題にならないよう、注意したいものです。

by pc-otasukeman | 2010-11-08 22:58 | Comments(6)

Commented at 2010-11-08 23:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by パソコンお助けマン at 2010-11-09 07:50 x
★鍵コメさん
CC、BCC 色々なエピソードや失敗が有りそうですね。
ブログの方へコメントしました。
Commented by 匿名 at 2010-11-09 09:24 x
 私は、ブログの持ち主に嫌な思いをした事が多々あります。人に知られたくない家庭の事情を公表されたり、公表したくない自分の作品を拒否したのにも関わらず載せられたり・・・ムッ!!とした事は片手にあまる事柄があります。それは、悪意では無いと思います。ブログアップする事を楽しみにしている人々と、その事に距離をおいている人々との温度差だと思っています。どうぞ皆様 そんな人々も存在する事も頭において、ブログを楽しんで下さい
Commented by パソコンお助けマン at 2010-11-09 09:47 x
★匿名さん
コメントありがとうございます。
おっしゃるとおりですね。常識が常識でない変な世の中になったものです。自分が良ければという考えの人に「相手の立場に立って・・・」と言っても通じないでしょう。
匿名さんのコメントの「温度差」は意識していきたいと思います。
Commented by aba-n-c at 2010-11-09 10:15
おはよう ございます。

「匿名さん」のお気持ち良~く分かります。
まだ・そのような状況にはありませんが・・・(年季がないので・笑)
何をするにも「相手の立場を考える」事ですね?
相手の立場を考える=私のモットーとしているところですが、たまにはヘマをしますが、なるべく心がけています。

あれからPCはサクサクです。
ありがとう ございました。
今は「★元気ばば★」さんに教えて貰った事を習得して、気持ち楽しんでおります。
Commented by パソコンお助けマン at 2010-11-09 13:25 x
★ aba-n-cさん
PCサクサク・・・良かったですね。
このところ、パソコンのトラブルも少なくなったようです。パソコンにも良い季節なのでしょうね。
冬は冬で注意することがありますので、近くテーマ投稿します。
名前
URL
削除用パスワード

<< 相談室へのコメントについて    ゴルフと反省 >>