保護ビューとは?

ページへページへページへページへページへページへ

【ご相談内容】
新しいパソコンにしてから、
メールに添付されてきたワード文書を開くと保護ビューという画面になります。
信頼できる相手からのメールです。どうしたものでしょうか。
下の画像はお助けマンさんから送って頂いたワード文書を開いた画面です。
(画像をクリックすると拡大します)
d0181824_18301845.jpg


【回答】
Microsoft Office 2010から追加された「保護ビュー」という表示です。
ウイルスからパソコンを保護する目的で作られた表示方法です。

黄色の帯の中に、
保護ビュー
注意-インターネットから入手したファイルは、ウイルスに感染している可能性があります。
編集する必要がなければ、保護ビューのままにしておくことをお勧めします。

d0181824_1824147.jpg

とあります。
メールに添付されたワード文書はインターネットから入手したファイルとして処理されたのです。
信頼できる相手からのメールであれば、[編集を有効にする]をクリックしてワード本来の表示に戻してください。
「編集」とは文書を変更したり、保存したり、印刷したりすることです。
言葉の意味が分からないと、ちょっと躊躇してしまいますね。

ご相談者のパソコンはOffice 2013です。
Office 2010のパソコンで開くと次のような画面になります。
(ブロ友さんのご協力で入手した画像です)
d0181824_1141310.jpg
d0181824_1141396.jpg
バージョンの違いにより、表示や文言が違いますが、目的は同じです。

【保護ビューとは】
(マイクロソフトのホームページより)
インターネットやその他の安全でない可能性のある場所にあるファイルには、コンピューターに害をもたらすウイルス、ワーム、その他のマルウェア類が含まれている可能性があります。このような安全でない可能性のある場所にあるファイルは、コンピューターを保護する目的により保護ビューで開くことができます。保護ビューを使用することで、リスクを抑えながら、ファイルを読み取り、その内容を確認できます。

(詳細はこちらをご覧ください。)

【まとめ】
保護ビューは私も知りませんでした。
私のパソコンはMicrosoft Office 2007 ですから当然ですね。
最新のパソコンはMicrosoft Office 2013になっていると思います。
パソコンを買い替えるとご相談者と同じ状況に遭われでしょう。
そのときは本記事を思い出して対処してください。

by PC-otasukeman | 2014-03-10 08:00 | Comments(6)

Commented by shizuo7f at 2014-03-11 21:37
”保護ビュー”。
お助けマンさんな~るほど、覚えておきます。

最近会社のPCを“XP”から“7”にOSを変えました。
少しずつ慣れて来たけど、まだまだ戸惑いが^^;。
慣れるよりしょうがないですよね~。
Commented by パソコンお助けマン at 2014-03-12 00:03 x
★ shizuo7f さん
原理・原則・基本を理解していればなんとか対応出来るのですが、それにしても変化が激し過ぎてついて行けないのがITの世界です。
少しずつですが、追いかけていきましょう。
Commented by 相談者 at 2014-03-12 17:25 x
保護ビュー取り上げていただきありがとうございました
不安と不便を感じながら使っていたのでやっと安心して使えます
ありがとうございました
Commented by パソコンお助けマン at 2014-03-12 17:27 x
★ 相談者 さん
お役に立てて良かったです。
Commented at 2014-03-13 00:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PC-otasukeman at 2014-03-13 17:57
★ 鍵コメ さん
アンインストール→インストール
一番手っ取り早いかもしれませんね。
また、おかしな現象が出ましたらお知らせください。
名前
URL
削除用パスワード

<< コメント(Comments)の仕方    ソチオリンピックの色彩美(記念) >>