(5-1)新規にメールアカウントを設定する。

Windows 8(8.1) をお使いの方及び購入を計画中の方、初期設定からカスタマイズまでわかり易くまとめました。 Windows 8 を快適に使うために(目次)
(今、開いているページ(↓)も含まれています)



ページへページへページへページへページへページへ

メールソフトは「Windows Live メール 」を使います。
スタート画面の(↓)をクリックします。
ご注意:スタート画面にあるメールは別物です。
d0181824_11251142.jpg

アプリ一覧の画面が出ましたら、[Windows Live メール]をクリックします。
d0181824_1129233.jpg

初めて起動すると使用条件が出て来ますので、[承諾]をクリックします。
d0181824_1736257.jpg

「自分の電子メールアカウントを追加する」が出ます。
電子メールアドレス、パスワード、表示名を入力すると[次へ]のボタンが有効になりますからクリックします。
「手動でサーバー設定を構成する」にはチェックを入れないでください。
なお、表示名は送信相手の差出人欄 に表示されるものです。分かり易い名前を入力するとよいでしょう。
d0181824_13461122.jpg

プロバイダから取得したメールアドレスの場合、登録内容通知書が必要です。
コミュファ光を例に説明します。
「コミュファ登録内容通知書」を手元に用意します。
赤字は変更後のメールアドレスとパスワードです。
(下の通知書の内容は架空のものです)
d0181824_1639064.jpg

通知書の 「メールアドレス」を電子メールアドレス欄へ、「メールパスワード」をパスワード欄へ、そして表示名には[パソコンお助けマン]と入力して[次へ]をクリックします。
(メールアドレスとパスワードを変更した場合は、変更後のものを入力します)
d0181824_14152279.jpg

「サーバー設定を構成」の画面が出て来ます。
なお、Yahooメール、Gメール等のいわゆるWEBメールはこの画面は出ずにへ進みます。
受信サーバーのアドレス欄、送信サーバーのアドレス欄に通知書を見ながら正しく入力します。
ログオンユーザー名欄にはメールアドレスの一部が表示されていますが、メールアドレスを変更した場合は通知書のメールアカウント(POP ID)に書き替えします←重要

ポート欄を「587」に書き換えて、[認証が必要」にチェックを入れて[次へ]をクリックします。
この書き替えは外出先でパソコンを使う場合、必須です。
d0181824_14271619.jpg

注意:以上はコミュファ光の場合です。プロバイダによって違いがありますので、通知書を良く読んで設定してください。

電子メール アカウントが追加されました。 [完了]をクリックします。
d0181824_15203481.jpg

アカウント欄を確認して[閉じる]をクリックします。
d0181824_15294832.jpg

受信トレイをクリックして開きます。
次にメールの開通テストをしましょう。[電子メールメッセージ]を作成するボタンをクリックします。
d0181824_15352482.jpg

自分のアドレスから自分のアドレスへ開通テストのメッセージを送ります。
宛先欄に[今セットした自分のアドレス]を入力し、タイトル、本文を入力して[送信]ボタンをクリックします。
d0181824_15424519.jpg

メールを一旦閉じてから再度メールを開きます。
設定が正しければ、開通テストのメールが届いています。
差出人欄に「パソコンお助けマン」と表示されていることに注目してください。
届いていなければ設定が間違っていますので、見直ししてください。
d0181824_15461277.jpg

【メールアカウントの見直し】
メニューバーの[ファイル]をクリック、出てきたリストの[オプション]をポイントとすると更にリストが出て来ますので、[電子メールアカウント]をクリックします。
d0181824_1625055.jpg

アカウントの画面が出て来ます。チェックするアカウントをクリックし、[プロパティ]ボタンをクリックします。
d0181824_16342047.jpg

プロパティ画面が出て来ます。
全般タブ、サーバータブ、詳細設定タブを開いて設定した項目(緑枠)を確認します。
間違っていたら書きかえます。
d0181824_16321772.jpg
ユーザー情報の「名前」は上で設定した「表示名」のことです。ここを書きかえれば表示名(差出人)はいつでも変更できます。
d0181824_16323317.jpg
ポート番号を587に書きかえた場合は送信メールサーバーの「このサーバーは認証が必要」に必ずチェックを入れてください。
変更した場合は[OK]をクリックして終了です。
d0181824_16333653.jpg

重要
詳細設定にある「配信」で
「サーバーにメッセージのコピーを置く」にチェックが入っていれば、他のパソコンでも同じメッセージを受信することができます。
設定時はチェックを外さないでください。
チェックを外すのであれば、メールの送受信に問題がないと確認できてからにしてください。
チェックを外せば、1回受信するとサーバーにはメールは残らず、2度と受信出来なくなります。
なお、今まで使っていたパソコンの設定にチェックが入っていると、メールが開通と同時にサーバーに残っているメールが一斉に受信されます。受信したくない場合は今まで使っていたパソコンの設定を見直しして、チェックを外してからメールアカウントの設定を実行してください。

【返信テスト】
受信したメールのタイトルをクリックし、[返信]ボタンをクリックします。
d0181824_10404553.jpg

返信画面になります。宛先、件名欄は入力されていますので、本文を入力して[送信]をクリックします。
d0181824_10413630.jpg

差出人欄の封筒の絵が返信済みマークに変わりました。
d0181824_10415576.jpg

メールの送受信を行うと返信メールが届きました。
d0181824_10422386.jpg

メールの開通テストは自分宛が手軽で良いです。お試しください。

【2つ目のメールアカウントの設定】
メールアドレスを複数お持ちの方は、アカウント画面を出して[追加]をクリックします。
d0181824_11264747.jpg

[電子メールアカウント]をクリックして選択し、[次へ]をクリックします。
d0181824_11271870.jpg

「自分の電子メールアカウントを追加する」画面が出ますので、以降は最初のメールアドレスと同じように設定します。今回は表示名を「ブロ友パソコン相談室」としました。
重要
「この電子メールアカウントを既定にする」にチェックを入れると今セットしたメールアドレスがメインアドレスになります。最初に設定したメールアドレスをメインに使うのであれば、チェックを外してください。
d0181824_11413951.jpg


次のページ こちら
前のページ こちら
目次ページに戻る こちら

by PC-otasukeman | 2015-01-18 16:41 | Comments(5)

Commented at 2015-02-23 23:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PC-otasukeman at 2015-02-24 10:43
★ 鍵コメ さん
Windows Essentials に「Windows Live メール」が含まれています。
ステップ(4)までしっかり実行されていればダウンロードしても問題はありません。
ただ、ダウンロードする時は怪しげなおまけプログラムには注意してください。
Windows Live メールがインストールされていないモデルに興味があります。
差支えなければパソコンのメーカーと型式をお知らせ頂ければ有り難いです。 パソコンお助けマン
Commented at 2015-02-24 23:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by PC-otasukeman at 2015-02-25 14:35
★ 鍵コメ さん
NEC LS350TSW調べてみました。
メールソフト「Outlook」 がインストールされていますので、
「Windows Live メール」は インストールされていないようです。
欠陥品ではありませんのでご安心ください。
Commented at 2015-02-25 15:31 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード

<< (5-0)Windows Li...    (5-2) 今までのパソコンか... >>