(24)メモリ増設の仕方

ページへページへページへページへページへページへ
d0181824_1293755.jpg


【ご相談内容】
Windows 8.1 のノートパソコンです。1年前に購入したものです。
実装メモリ(RAM)は 4GB でした。
メーカー:NEC
型式:LS150/R
メモリを増設したいのですが、方法を教えてください。

【回答】
実装メモリはモデルによって4GB、8GB、16GB(最大)が一般的です。
4GBの方は暫く使っていると8GBもしくは16GBに増設したくなりますね。
発売当初のメモリは高価ですが、1年位経過するとメモリも安くなっています。
機械いじりの好きな方はパソコンのグレードアップに挑戦してみてください。
【増設のポイント】
最近のパソコンは簡単に増設できるように作られています。
メモリの選定方法と購入方法が分かればどなたでも増設できます。
発売後1年位経過すると価格の安いメモリが出まわりますから、お得に増設出来ます。
ポイントは安いメモリを購入することです。
4GBのパソコンを8GBもしくは16GBにグレードアップする手順を説明しますので、挑戦してみてください。
【実装メモリの確認】
システムの実装メモリをこちら(メモリ増設(1))で確認します。確認の結果 4GB でしたね
パソコンをシャットダウンして電源コードを外します。
バッテリーを取り外します。
d0181824_10464348.jpg

バッテリーを取り外して30分放置してから、蓋を外します。
:メーカや機種によって違いがあります。取扱い説明書等で確認してください。
d0181824_10473262.jpg

メモリを確認します。
メモリを取り付けるところをメモリスロットと呼んでいますが、一般にはスロットが2つ、すなはちメモリを2枚取り付けられるようになっています。
下の画像では4GBのメモリが実装され、1つのスロットが空きの状態です。
:2GBのメモリが2枚実装され、空きスロットが無い場合もあります。ご自分のパソコンはどちらですか。確認してください。
d0181824_10544135.jpg

【増設メモリの型名とタイプを調べる】
【取扱説明書のメモリ増設のページから調べる】
パソコンの取り扱い説明書を開き、メモリ増設に関するページを探し、使用できるメモリの型名とタイプを調べます。
NECの場合、増設に関する説明はパソコンの中のマニュアルにありました。
d0181824_1140279.jpg

「 内部メモリの増設」ページを開くとパソコンに使えるメモリの型名とタイプが記載されています。根気良く探してください。
型名「PC-AC-ME060C」とタイプ「DDR3L SDRAM/SO-DIMM、PC3L-12800」をメモします。
d0181824_11421964.jpg

【パソコンの仕様一覧から調べる】
実装しているメモリの仕様が分かります。
また、スロット数と空きスロットも分かりますが、実際と違う場合がありますので注意してください。
タイプ「DDR3L SDRAM/SO-DIMM 4GB、PC3L-12800」をメモします。
d0181824_1432544.jpg

【メモリの購入】
メモリの型名とタイプが分かりましたので次は購入です。
取扱い説明書で調べた型名はメーカーの純正部品です。
パソコンが発売さるとBUFFALO社やIOデータ社等の部品メーカから互換メモリが発売されます。
メモリ価格は購入先によって次のように大きな開きがあります。(8GB、2015年5月8日現在)
NEC純正メモリの価格 96,000円
d0181824_12455623.jpg

互換メモリのメーカ直販価格(IOデータ)19,200円
d0181824_12552646.jpg

互換メモリのアマゾンの販売価格(IOデータ)14,100円
d0181824_12562579.jpg

互換メモリのアマゾンの販売価格(BUFFALO)12,890円
d0181824_1312425.jpg

私はIOデータ社かBUFFALO社の互換メモリをアマゾンから購入しています。
その手順の一例をご紹介します。
パソコンショップや家電量販店で購入するときはタイプを示してください。
Yahoo 検索ページを開き検索欄にメモリの型名[PC-AC-ME060C]と入力し[検索]をクリックします。
:型名が不明な場合は検索欄にタイプを入力して検索してください。
d0181824_1512129.jpg

検索結果が出ますので[・・・アマゾン]をクリックします。
d0181824_1521627.jpg

BUFFALO社の互換メモリが一番に表示されました。
タイプを確認して購入します。
d0181824_153452.jpg


【メモリを入手したら空きスロットに装着します】
【将来16GBに増設する予定がある場合】
 8GBのメモリを購入して空きスロットに装着します。
 16GB にする時は4GBのメモリを抜き、そこに新たに購入した8GBのメモリを装着します。

【将来とも8GBで使う場合】
 4GBのメモリを購入して空きスロットに装着すれば安上がりです。

【ご参考】
メインメモリーの規格は大きく分けて、
DDR SDRAM 、DDR2 SDRAM 、DDR3 SDRAM、DDR4 SDRAM があります。

さらに、
それぞれメモリチップの規格、またはメモリモジュール規格によって分かれています。
メモリチップ規格とメモリモジュール規格はそれぞれ対応しているので、どちらかの規格がわかれば、もう一方の規格もわかります。

メモリチップ規格は DDR SDRAM の場合は" DDR 数字"で書かれており、
DDR2 SDRAM の場合" DDR2 - 数字"と書かれています。
この数字の部分から動作周波数がわかります。

メモリモジュール規格は DDR SDRAM の場合は"PC 数字"と書かれ、
DDR2 SDRAM の場合" PC2 - 数字"と書かれています。
この数字からデータ転送速度がわかります。

S.O.DIMMは基板の形状です。
デスクトップPC用の「DIMM」と、ノートPC用の「S.O.DIMM」とあります。

d0181824_15562638.jpg

                    

by PC-otasukeman | 2015-05-08 17:03 | Comments(2)

Commented by tomiete3 at 2015-05-09 05:51
おはようございます。

丁寧に説明されておられますね。
 当面は予定していませんが・・ぜひ参考にさせてもらいます。   ありがとうございます。
Commented by PC-otasukeman at 2015-05-09 09:46
★ tomiete3 さん
ご参考になり嬉しいです。
私のパソコンも4GBです。
8GBのメモリを購入して増設しようと思います。
名前
URL
削除用パスワード

<< 岩屋堂散歩道の野鳥    メモリ増設(2) >>