人気ブログランキング |

画像拡大表示のテクニック

【この記事はエキサイトブログ用です】
画像が小さいスキンを使っている方は是非お読みください。


下の画像は全国公演中の劇団カッパ座「オズのまほうつかい」の舞台写真です。
この写真で「画像の拡大表示」のテクニックをご紹介します。

d0181824_16525339.jpg
(↑ スマートフォンで撮影した写真をそのままアップロード(横縦比 4:3))

d0181824_21273541.jpg
(↑ 横縦比16:9にトリミングしてアップロード)

上の画像をクリックすると別画面が表示されますが、写真の大きさは変わりません。
テクニックを駆使した下の3枚の画像はクリックすると拡大表示されます。
まずは画像をクリックしてみてください。
(出てきた画像を再度クリックすると元の画面に戻ります)
d0181824_17225524.jpg
(横866ピクセル×縦650ピクセルに加工してアップロード)
d0181824_17230896.jpg
(横1155ピクセル×縦650ピクセルに加工してアップロード)
d0181824_06232890.jpg
(横1400ピクセル×縦787ピクセルに加工してアップロード)

舞台の楽しさが伝わったでしょうか?

手順をご紹介しますのでお試しください。

テクニック①
【画像加工アプリで加工する】
理屈は後日説明しますが、まずは次の手順で画像を予め加工します。
アプリは「縮小専用」を使用します。
ダウンロードはこちらから。
インストールからスタート画面にピン留めする迄の手順はこちらをご覧ください。

スタートにピン留めしている[ShukuSen](縮小専用)をクリックします。
d0181824_07502936.jpg

縮小専用が起動します。
d0181824_08005882.jpg

次のように設定します。
注:1200、650、500を入力するとき余分な数字が残りますので、バックスペースキー、デリートキーで削除してください。
d0181824_07503915.jpg

加工する画像の入ったフォルダーを開き、加工する画像をドラッグ&ドロップします。
注:ドロップすると画像が表示されます。画像が消えればOKです。画像が消えないときはサイズが大き過ぎるためです。1200、650を小さくしてください。
d0181824_07504684.jpg

縮小された画像が保存されます。
d0181824_07505128.jpg

2枚目の画像も同様に加工します。
もう一枚特大サイズに加工します。
画像サイズを1400ピクセルに設定し、名前を「特大ー」に変更して画像をドラッグ&ドロップします。
d0181824_08294843.jpg

フォルダーの表示を「詳細」に変更してファイルサイズが500KB以下になっていること確認します。この画像をブログにアップロードします。
d0181824_09353257.jpg


ご注意
サイズが大きいと縮小出来ない場合があります。写真によって違いがありますので色々と試してみてください。

テクニック②
【拡大表示の画面を設定する】
画像をクリックして出てくる別画面は設定によって次の3種類から選べます。
設定1 [画像閲覧ページ]
d0181824_08354229.jpg

設定2 [ポップアップ]
d0181824_08355108.jpg

設定3 [ポップアップ]+[右クリック禁止ブログパーツ]
(相談室は設定3を使っています)
d0181824_20435185.jpg

[設定]-[基本設定]-[画像の拡大表示]で設定します。
右クリック禁止ブログパーツについてはこちらをご覧ください。
d0181824_08372978.jpg

【お助けマンのPRコーナー】
1968年の設立以来、カッパ座公演を応援しています。そんな関係もあり舞台写真を入手しました。
今年のカッパ座公演は「オズのまほうつかい」です。
目と口が動く等身大のぬいぐるみ人形劇。大人も子供も楽しめます。全国公演中です。どうぞお出かけください。
画像をクリックすると劇団カッパ座のホームページが開きます。
(画像タグにリンクを貼るテクニックを使っています)
d0181824_17230896.jpg





【劇団カッパ座 とお助けマン】

劇団カッパ座とは目と口が自由に動く、表情豊かな等身大ぬいぐるみ人形劇団です。
教育児童劇団として1968年(昭和43)に発足。以来、全ての子ども達に夢と希望を伝えるため、全国公演を開催しています。
(劇団カッパ座ホームページはこちら)

お助けマンの思い
 カッパ座との関りは息子達が幼稚園の頃からですから40年余りになります。
一人でも多くの方にカッパ座を知っていただき、観ていただきたいとの思いで、毎年応援させていただいていましたが、全国公演は来年2月をもって終了することになりました。
理由は少子化、スポンサーの減少、劇場確保の難しさ 等々とのこと。時代の流れとは言え残念でしかたありません。
そんな思いもあり「カッパ座 人形劇の魅力」を皆様にお伝えして 最後の応援をしたいと思います。
ブログのお友達にもお助けマンの思いを伝え頂ければ幸いです。

今年の演目「オズのまほうつかい」です。
全ての画像はクリックすると拡大し、再度クリックすると戻ります。人形の作りと表情をお楽しみください。
d0181824_11482773.jpg

【あらすじ】
アメリカ・カンザス州に暮らす少女ドロシーは竜巻に家ごと巻き込まれ、不思議な「オズの国」へと飛ばされてしまいます。途中で知恵が欲しいカカシ・温かい心が欲しいブリキの木こり・勇気が欲しいライオンと出会い、それぞれの願いを叶えてもらうため「エメラルドの都」にいるという魔法使いの“オズ大王”に会いに行くことになりました。それぞれの願いが叶いドロシーは、自分の家に帰ることができるのでしょうか?
d0181824_11335538.jpgd0181824_11340079.jpgd0181824_11334260.jpgd0181824_11333652.jpg

d0181824_09564815.jpg

d0181824_09555421.jpgd0181824_10004452.jpgd0181824_09560399.jpg
d0181824_09554926.jpg

d0181824_09561725.jpg
オズの国の老人

d0181824_10420858.jpg

きまる君
d0181824_16023985.jpgカッパ座のマスコットキャラクタです。
子ども達を「オズ」の世界に導いてくれます。
制作テーマ
「目の前におきてきたことを、前向きに明るく受け止め工夫していくと、自分も楽しくなり、周りも楽しくなる」



【カッパ座 人形劇の魅力】

【高い舞台クオリティ】
 なんといっても人形達の動きが素晴らしいです。TDLのミッキー達に勝るとも劣りません。
目と口が動くのですから、大人も子どもも魅入ってしまいます。
NHK総合テレビ「はに丸ジャーナル」(不定期放送)、NHK Eテレ「ノージーのひらめき工房」などにもレギュラー出演しています。
「ONE PIECE」ルフィー役でおなじみの田中真弓さんは、西の国の悪い魔女ときまる君の声優で登場します。
このクオリティで子ども:1,500円、大人:2,500円(前売り)。このお値打ち感が最大の魅力かもしれません。
人形の 目と眉と口操りて ぬいぐるみ人形に 心宿す
人形がもの言い、 語り、歌をうたう 音声に演者呼吸を合わす
人形の出来栄えを確認してください。
d0181824_10024668.jpg
d0181824_10025805.jpgd0181824_10030852.jpgd0181824_10031372.jpgd0181824_10031859.jpgd0181824_10032244.jpgd0181824_10032934.jpg

【舞台と客席がひとつになります】
子ども達の元気な声がホールに響く場面が3回あります。我が子、我が孫の成長を発見します。

【1回目:3つのあいことば】

ーン コーンーンコーン キンコンカンコン キンコンカンコン

「やくそくまもろう」
    「なかよくしよう」
        「あいさつしよう」

チャイムが鳴ると子ども達の元気な声が響きます。
3つの合言葉で子ども達がひとつになったところで幕が開きます。

【2回目:劇中参加】
劇中、人形の振る舞いに子どもたちが反応して大きな声で応援します。
真剣で純粋な子ども達の声に大人たちが目を見張る場面です。
今年はライオンが勇気を出して、火のまほうつかいに水を浴びせる場面のようです。
どんな言葉が出るでしょうか。楽しみです。

【3回目:子どもたちとの触れ合い】
人形が客席に降りて、子どもたちと触れ合います。
舞台にすっかり溶け込んだ子ども達にとって人形と握手したりハイタッチできることは嬉しいものでしょう。

【毎年変わるみどころ】
今年の見どころは、
「ロボットと人形のコラボレーション」
「レーザー光線を使った演出」


どこで出てくるかはお楽しみにとのこと。
毎年新しい試みがあり、感嘆の声が上がります。楽しみです。

【安心して観劇できます】
毎年、教育委員会(都道府県市町村)等の後援を頂いております。
名古屋・春日井公演の後援
愛知県教育委員会、名古屋市教育委員会、春日井市教育委員会、小牧市教育委員会、東海市教育委員会、愛知県私立幼稚園連盟、名古屋市私立幼稚園協会
d0181824_11482773.jpg

如何でしたでしょうか? 私のブログテクニックを駆使して表現してみました。
楽しさが伝われば嬉しいです。


【春日井公演・名古屋公演】
子供たちに本物に触れてもらいたいとの思いもあり、私は毎年会場運営のボランティアをさせて頂いています。
今年は8月4日(日)春日井公演(春日井市民会館(愛知県))です。

d0181824_16141333.jpg


d0181824_16174755.jpg


by PC-otasukeman | 2019-05-12 09:45 | Comments(2)

Commented by shizuo7f at 2019-05-12 10:08
「画像拡大表示」、
お助けマンさん、なるほどね…、後日ゆっくりやってみます(^^♪。
Commented by PC-otasukeman at 2019-05-12 10:45
★ shizuo7f さん
早速読んで頂きありがとうございます。
shizuo7fさんのブログの画像は大きいので、拡大表示の恩恵は少ないかもしれませんね。
名前
URL
削除用パスワード

<< 画像加工アプリ「縮小専用」ダウ...    5月6日の岩屋堂 >>