ばばさまのXPパソコン元気になりました

元気ばばさまの9月15日のブログからスタートしたばばさま愛用のXPパソコンのトラブル。
何度か諦めの声もあったようですが、ばばさまの頑張りで一命をとり止めました。
XPは2014年までは現役で活躍できるパソコンです。本当に良かったです。

直接診断できないお助けマンは、ばばさまを看護師に見立ててブログとメールで遠隔治療を実施しました。その経緯を皆様にご紹介します。
d0181824_7363787.jpg9月15日黒い画面のトラブル写真が投稿される。
それを受けて相談室にて緊急投稿。元気ばばさまに情報収集を指示。ばばさまも延命に必死だったことでしょう。

d0181824_7491750.jpgその後はメールでの指示と報告の繰り返しです。
有線LAN親機(黒い箱)の写真を見てLANケーブルの差し替えや配線チェックを指示。一時小康状態になりました。 

d0181824_7425557.jpgしかし、ネットに繋がったり、切れたりして症状が一定しません。ネットワークアダプタの異常も見当たりません。
d0181824_7541336.jpg また暫く小康状態が続きましたが、20日に症状が再現。その報告で原因を突き止めることが出来たのです。
内蔵のLANアダプタ(ネットワークアダプタ)の不良でした。左の写真のリソースの競合エラーで確信をえました。
それにしても元気ばばさまのシルエットが印象的です。

d0181824_848401.jpg原因が判れば対策は簡単です。
外付けのLANカードを取り付けて処置し、一昼夜おいて再発しなければ完治です。
外付けLANカードは暫定処置。内蔵のLANボードを交換すれば格好もよくなります。
ばばさんなら出来ます。

そして昨夜ばばさまから「XP 元気です。うれしい!」の一報を頂きました。
本当に良かったです。
ばばさまの的確な報告と処置があってこそ解決できたものです。
遠隔でどこまでやれるのか心配でしたが、ばばさまの頑張りには驚きと感謝です。
これぞ、相談室の醍醐味を感じました。

ただ、1つ問題が浮き彫りになりました。ばばさまはもう一台パソコンを持っていたため、
連絡が取れましたが、1台のパソコンしかないときはどうにもならないということです。
ブロ友パソコン相談室の今後の課題です。

そしてもう一つ有線LANのアダプターは雷に弱いということです。
壊れた原因は雷ではないかと思っています。
有線LANで接続している方は雷が鳴り始めたら、LANケーブルを外すことをお奨めします。

# by pc-otasukeman | 2010-09-24 08:35 | Comments(15)

Furufuruさんのご質問にお答えします

Furufuruさんからのご質問、皆さんにも知っていただきたく、投稿でお答えいたします。

【ご質問内容】
MSEについても、こちらのブログで知り、ちょうど今入れている有料ウイルス検索ソフトが更新時期を迎えたので、MSEに変えたいと思っているところです。
そこで質問があります。
今までのソフトをアンインストールしてから、MSEをインストールする間は、無防備な状態になると思うのですが、大丈夫なのでしょうか。
(注MSE:マイクロソフト社が無料で提供するウイルス対策ソフトです)

【お答え】
無防備の状態は常にありえます。特に新しいウイルスに対してはパソコンを起動してから、ウイルス定義情報がダウンロードされるまで、またはWindows Updateで弱点が修正されるまで無防備になります。
私達のできることは、その無防備の時間を如何に短くするかです。
この観点でウイルス対策ソフトを切り替える手順を考えると次のようになります。

【事前準備】
MSEのダウンロードのトップページをお気に入りに登録しておいてください。

【ウイルス対策ソフト入れ替え手順】
Windows Updateを手動で実行する。

②パソコンを再起動する
(再起動の要求がなくても一旦電源を切り、再度電源を入れてください)

③今使っているソフトをアンインストールする
18日の投稿を参考にしてください)

④パソコンを再起動する

⑤インターネットを起動する

⑥ホームページが出ますので、お気に入りからMSEのダウンロードページを出してダウンロードを手順に従って実行してください。

⑦パソコンを再起動
ファイヤーウオールの設定を確認してください。

コメントさんへの画面です
d0181824_6104227.jpg
(画像をクリックすると大きくなります)

# by pc-otasukeman | 2010-09-22 10:17 | Comments(7)

スズメバチの巣(一服です)

お父さん大変!!と妻の慌てた声。
d0181824_21152057.jpg庭の金木犀に直径30センチにもなる蜂の巣を発見したのです。
良く見ると大きな蜂が盛んに出入りしています。今まで気が付かなかった。
駐車場と物干し場の近くです。
お助けマンもこれには手も足も出ません。
市役所に相談。役所もなれたもので専門業者2件を紹介してくれました。
隣町の業者に連絡。
早速駆けつけてくれました。
ハチの種類はスズメバチ。想定外の巣の大きさです。
活動が活発で危険なため駆除は夜に。
業者曰く、「大きな音や振動を与えないように。刺激すると何百ものハチが一斉に襲ってきて危険」とのこと。
それを聞いて私と妻は真っ青です。目と鼻の先に駐車場。先日息子がそこに停めていたからです。とにかく夜まで何も出来ませんでした。

夜、7時過ぎ業者が駆除に来てくれました。
棒の先についた花火のようなものに火をつけ、それを巣の中に差込みました。
炎が飛び散り、煙が噴出。2~3分くらい続いたでしょうか。ハチの動きは全くありません。
そしておもむろに巣はビニール袋へ。d0181824_21182371.jpg写真はその直前のものです。後で焼却するとかで、そのままトラックの荷台へ。
30分くらいで駆除作業は終了しました。
市役所へ提出する書類に署名捺印し、駆除料金5,000円也を支払って一件落着です。
何も知らず、自己流で処理していたら大変なことになったかも知れません。

【お助けマンの思い】
パソコンもしかりです。パソコンの調子に不安を感じましたら、迷わず相談室に投稿してください。適切なアドバイスでお応えしたいと思っています。

# by pc-otasukeman | 2010-09-20 21:50 | Comments(13)

デバイスマネージャでハードウェアの診断を!

下の図は16日投稿の手順⑤の画面です。
デバイス(パソコンを構成するユニット)の状態をチェックしたり、修復したりするときに使う画面です。
・マウスがおかしい。
・LANケーブルを繋いでもネットに繋がらない。
・無線LANが繋がらない
・USBメモリが動作しない
・音が出なくなった
・使わないデバイスを無効にしたい
等のデバイスのトラブルが発生したとき、このプロパティ画面を出して、診断してください。(画面の出し方は16日の投稿を参照)

「デバイスの状態」が異常であればハードを修理しなければなりませんし、
「デバイスの使用状況」が無効になっていれば有効に設定を変えなければなりません。
また、使わないときは無効に設定を変更するという具合です。

お助けマンに相談するとき、この画面の情報をお知らせいただければ、より正確なアドバイスも出来ますので、まずは、この画面の存在だけは頭の隅に入れておいてください。
【デバイスマネージャ】です。

【ネットワークアダプタの診断例】
d0181824_11561687.jpg ⑤アダプタのプロパティ画面がでますので、この画面で診断したり修復したりするのです。まずは全般タブでデバイスの状態をみてください。
「このデバイスは正常に動作しています。」と表示されていることを確認してください。
異常の場合は修理が必要です。(トラブルシューティング)
また、画面の下にあるデバイスの使用状況が(有効)になっていることを確認してください。
無効になっているときはここで有効に切り替えます。

# by pc-otasukeman | 2010-09-19 10:47 | Comments(4)

ウイルスバスター2008のアンインストール奮戦記

マイクロソフト社の無料ウイルス対策ソフト(MSE)をインストールするため、 [ウイルスバスター2008]のアンインストール(削除)を実行しました。しかし、なかなか削除できません。以下はその奮戦記です。(パソコンはNECのVista)

①[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラムの機能]からアンインストールの操作を実行。プログラムのリストから消えました。アンインストールが成功したはずですが、まだ、プログラムは生きていました。パソコンを再起動するとウイルスバスター2008が動き出すのです。

②次に[スタート]-[すべてのプログラム]-ウイルスバスタ2008のフォルダにあった[アンインストールツール]を起動。これも正常に完了しました。
しかし、ウイルスバスター2008はまだ生きているのです。

③更にパソコンに備えられた「ソフトナビゲーター」で削除にトライです。
[スタート]-[すべてのプログラム]-[ソフトナビゲーター]-[安心・サポート・便利]-[ソフトを追加・削除する]から[ソフトインストーラ]を起動し、ウイルスバスター2008の削除の操作を実行。すると「すでにアンインストール済」のコメント。
しかし、完了していない欄にウイルスバスター2008が載っています。何故かここでストップです。
相変わらずウイルスバスター2008は生きていました。

④最後の手段 インターネットで調査です。(yahoo検索)
キーワード検索に[ウイルスバスターアンインストール]と入力して検索。
[ウイルスバスター2008アンインストールツール]が出てきましたので、これをクリック。
 [トレンドマイクロサポートページ・ウイルスバスター2008アンインストールツール] のページにたどりつきました。ここにはアンインストールツールのダウンロードとアンインストールの手順が細かく書かれていました。
手順どおりに実行。トラブルなくアンインストールを完了。
パソコンからウイルスバスタ2008は完全になくなっていました。やれやれです。

ウイルスバスタの削除に関する苦労話はよく耳にしますが、体験したのは初めてです。
ここまでしないとウイルスバスタから開放されないのでしょうか。
トレンドマイクロ社の本意はどこにあるのでしょうか。
本当にユーザー泣かせだと思います。
ブロ友の皆さんはどのようにお思いですか。
参考にしてください。

 『注目!アンインストールはどのようにするの?』へ戻る

# by pc-otasukeman | 2010-09-18 11:47 | Comments(2)

デバイスマネージャ(2)

元気ばばさまから、
「ネットに繋がらないXP、回復しました」とのメール。
昨日の緊急アドバイスを実行したのでしょう、「リソースの競合なし」の写真が添えられていました。
メールは深夜でした。元気ばばさまのパワーと実行力には驚ろかされました。
そして、今日の元気ばばさまのブログはいつものタッチで投稿されていました。
XPパソコンの回復にホット一息というところです。
というわけでデバイスマネージャの続きのお話は明日にさせていただきます。

# by pc-otasukeman | 2010-09-17 22:19 | Comments(0)

デバイスマネージャ

元気ばばさんのパソコンが大変ですね。
緊急投稿です。

パソコンの電源を入れて、英語の黒い画面が出ると恐怖ですね。
一番いやなハードウェアの異常を検出したときですから。
ハードディスクの障害のように障害を取り除かない限り、先に進めない場合はだめですが、軽い障害で、ファンクションキー(F1,F2等)を押すことによって継続できる場合は「デバイスマネージャ」なるツールを使って診断と修復ができる場合があります。
「タスクマネージャー」がソフトウエアの診断ツールとすれば、ハードウェアの診断ツールが「デバイスマネージャ」です。
元気ばばさんのXPの障害を例に説明しましょう。元気ばばさんも試して見てください。

元気ばばさんの場合は、
「ネットワークコントローラーのリソース競合」というエラーです。ネットワークコントローラー(通信を司るデバイス)には「メモリ範囲」と「IRQ(割り込み端子)」が割り当てられていますが、その割り当てられた「メモリ範囲」あるいは「IRQ」が他のデバイスとかち合って(競合して)いるというエラーです。

【デバイスマネージャによるハードウエアの診断】
Windowsが立ち上がりデスクトップの画面が出ている状態からの診断です。
(以下はXPの場合で説明します)
①[スタート]-[コントロールパネル]-[システム]から「システムのプロパティ」の画面を出します。
d0181824_1141886.jpg ②[ハードウェア]タブを開き、[デバイスマネージャ]をクリック。

 d0181824_11503670.jpg③[デバイスマネージャ]の画面がでます。ここにはパソコンを構成しているデバイスの一覧が表示されています。この中から[ネットワークアダプタ]を探し、左横の+をクリックします。 

d0181824_11531628.jpg④パソコンにセットされているネットワークアダプタが出てきますので、今使っているネットワークアダプタを探し、マウスポインタを合わせて右クリック。出てきたリストのプロパティをクリックします。
有線用のアダプタには「・・・Ethernet」、「・・・Controller」の単語が、無線LANアダプタには「・・・子機の名称」あるいは「・・Wireless・・」の単語が探すときの目安です。

d0181824_11561687.jpg ⑤アダプタのプロパティ画面がでますので、この画面で診断したり修復したりするのです。まずは全般タブでデバイスの状態をみてください。
「このデバイスは正常に動作しています。」と表示されていることを確認してください。
異常の場合は修理が必要です。

d0181824_11573858.jpg⑥[リソース]タブをクリックしますと、「リソースの設定」と「競合するデバイス」が表示されます。恐らく元気ばばさんのXPは競合するデバイスが表示されていると思います。競合するデバイスがあれば設定を変更して、競合を解消することが必要です。
どのように設定を変更すべきかはそれぞれの状態により違いますので、ある程度専門的な知識が必要です。競合があった場合はリソースタブの画面を写真なり、プリントスクリーン機能で記録し、お助けマンにお知らせください。
元気ばばさんには以上のところまで進めてください。
次回に続きます。

# by pc-otasukeman | 2010-09-16 12:01 | Comments(4)