急告!XPパソコンをお使いの方へ

XPパソコンをお使いの方へ
昨日届いたメールマガジン に「パソコンお役立ち情報」がありました。

(1)XP・SP2以前(SP2も含みます)のサポートは既に打ち切られている。
(2)XPのサポート終了は2014年4月8日(アメリカ時間)です。
  (但し、サポート対象はSP3適用のXPと、64bit版XPです)
(3)みなさんのパソコンは大丈夫ですか?


という趣旨の記事です。

「サポート打ち切り」とは、新型のコンピューターウイルスが発見され、OSの弱点(脆弱性)や不具合が見つかっても更新プログラム(修正プログラム)は提供しませんという意味です。
パソコンの安全性は「Windows Update」と「ウイルス対策ソフト」の2本立てで守られていますが、SP2以前のバージョンはそれができないということです。
(SP2は既にサポートを終了しています)
Windows Updateを自動更新に設定していれば、SP3がインストールされていると思いますが、もう一度ご自分のパソコンのバージョンを次の手順で確認してください。

①[スタート]ボタンクリックし、スタートメニューの[マイコンピュータ]を右クリック

②出てきたリストの[プロパティ]をクリック

d0181824_110392.jpg③システムのプロパティ画面の[全般]タブを開き、システムが『Service Pack 3』になっていることを確認してください。(左:画像をクリックすると拡大画面が出ます)


【注意】
SP3になっていなかったら、次のホームページをお読みになり、至急SP3をインストールしてください。

(1)Windows の一部のバージョンのサポートは終了します

(2)Windows XP Service Pack 3 (SP3) をインストールする方法

【追記】
こんな質問がありました。

XPのサポートがなくなったら、使っていくうえでどのような支障が出るのでしょうか?

【回答】
サポートがなくなったら、たとえOSに不具合が見つかってもWindows Update では修正してくれないということです。

具体的にはXPの弱点を狙ったウイルスが発生しても、
更新プログラムがサポートされませんので、無防備になってしまいます。
(ウイルス対策ソフトも同時にサポートが終了すると思います)
SP3になっていれば2014年までは安泰ですが、それより古いバージョンであれば、
サポート終了後に発生したウイルスの脅威にさらされることになります。

サポートが切れてもウイルスの脅威以外は何も変わりはありません。
ワードやエクセルでオフラインで使うのであれば、問題はありません。

以上

# by pc-otasukeman | 2010-10-28 10:50 | Comments(0)

Bさんからの相談にお答えします

【相談内容】
以前 元気ばばさんにブログのスキンをオリジナルにする方法を教えて頂きました。
そのときした操作はいろいろなパソコン言語?をいじることでした。
その時始めて パソコンはそういう命令で動いていることを知りました。
パソコン言語(コンピューター言語)について 教えていただければうれしいです。

【お答え】
コンピューター言語は目的によって、
①プログラミング言語(コンピュータに対する一連の動作の指示を記述する言語)
②ハードウエア記述言語(回路の設計、構成を記述する言語)
③データー記述言語(コンピュータにおいて扱うデータを記述する言語)
に分けられます。Bさんが元気ばばさんに教わったのは③のデーター記述言語の一つである『HTML』というコンピューター言語です。
ブロ友の皆さんにもお役に立つと思いますので今回は『HTML』に絞って勉強したいと思います。

【HTMLは日頃使っている言語です】
d0181824_22403924.jpg左の画像はメールソフトOutlook Express(OE)の送信オプションの設定の画面です。(クリックすると拡大します)
([OEを起動]-[ツール](メニューバーにあります)-[オプション]ー[送信]タブクリック)<メール送信の形式>のところに『HTML』の文字が見えます。

d0181824_2243248.jpgd0181824_22443687.jpgまた、左の画像はエキサイトブログの投稿文の編集画面とスキン編集画面です。
([マイブログにログイン]し、[投稿]あるいは[編集]をクリック。[設定]-『スキン変更]-現在使用中のスキン[編集]をクリック)いずれも『HTML』の文字を見つけることができます。

実は『HTML』はブロ友の皆さんの身近にあり、便利に使っているものなのです。
まずはご自分で『HTML』の文字探しをして見てください。
(次回に続く・・・新しい発見もあります)

# by pc-otasukeman | 2010-10-27 23:22 | Comments(4)

MSEインストール後の操作手順書

内容を大幅に見直しました。(10月27日13時)
MSE(Microsoft Security Essentials)のインストールが完了しましたら下記の手順で操作をしてください。(画像をクリックすると拡大画面になります)

①パソコンを再起動(電源オフし再度電源オン)してください。
(新たなソフトをインストールした後は再起動する習慣を!)
d0181824_039154.jpg②デスクトップにMSEのショートカットアイコンが出来ますので、ダブルクリックして起動します。

d0181824_042595.jpg③左の画面が出ます。ホームタブが開きます。
・「リアルタイム保護がオン」、「ウイルスとスパイウエアの定義が最新です」であることを確認してください。リアルタイム保護がオフの場合は手順⑨にて、オンに設定してください。
また、定義が最新でない場合は手順⑥にて最新にしてください。
・ウイルスやスパイウエアに感染していないかをチェックし駆除するのが「スキャン」です。
 早目にフルスキャン(全てのファイルをチェックする)を実行してください。フルスキャンにチェックを入れて[今すぐスキャン]をクリックすればチェックを開始します。ファイルの数が多いほど時間がかかります。私のパソコンでは4時間かかりました。時間の余裕のある時に実行してください。
なお、新しいウイルスが発生し、発見される前に侵入されると感染してしまいます。
インフルエンザが流行し、ワクチンが開発されて予防注射をしないと感染するのと同じです。
感染した場合はスキャンでしか駆除できませんので、定期的にフルスキャンを実行することをお奨めします。私は1ヶ月に1回は実行するよう心がけています。

d0181824_12553984.jpg⑤左はスキャンを終了したときの画面です。ウイルスが検出されなかった例ですが、ウイルスが検出された場合は処置内容が表示されると思います。

d0181824_0425730.jpg⑥左は[更新]タブを開いた状態です。
ウイルスとスパイウエアのいわゆる手配書を「定義(または定義ファイル)」と呼んでいます。新しいウイルスやスパイウエアが発見されるとマイクロソフト社が定義を作ります。パソコンはこの定義をダウンロードしなければ新しいウイルスは検出することができません。定義をダウンロードして取り込むことを「更新」と呼んでいます。更新は自動的に行われますが、更新が遅れたり、緊急を要するときは手動で行うことが必要です。[今すぐ更新]をクリックすれば、最新の定義がダウンロードされます。
暫くパソコンを使っていなかったときやコンピューターウイルスのニュースが流れたときは電源を入れたときは、まず更新を実行してください。

d0181824_0434725.jpg⑦左は履歴タブを開いた状態です。検出された項目や処置の履歴が表示されますので、内容を確認してください。私のパソコンは過去に感染歴がないので、空白の状態になっています。

d0181824_0443398.jpg⑧左は設定タブを開き、「スキャンスケジュール」の設定画面です。
「曜日」、「時刻」、「スキャンの種類」を設定し、「スキャンを実行する」にチェックを入れて
おけば、自動的にスキャンが実行されます。私は毎日、12時にクイックスキャンを実行するように設定しています。設定を変えたときは[変更の保存]をクリックしてください。
なお、電源が入っていないと実行されませんので、パソコンを使う時間帯に設定してください。
公共施設のパソコンは毎日12時頃スキャンを実行するよう設定するようです。


d0181824_13111828.jpg⑨左は設定タブを開き、「リアルタイム保護」を設定をする画面です。
「リアルタイム保護を有効にする」にチェックが入ってなければ、インターネットから入ってくるウイルスはチェックされません。必ずチェックを入れてください。

以上です。

# by pc-otasukeman | 2010-10-27 00:56 | Comments(0)

MSEインストール手順書(XP詳細編)

予告 次回はMSEの使い方を説明します。(26日夜投稿予定)

ウイルス対策ソフト
Microsoft Security Essentials(MSE)インストール手順書(XP詳細編)(Vistaおよびセブンもほぼ同じ手順です)
MSEはMicrosoft社が無料提供するウイルス対策ソフトです。
MSEがインストールできないという方、これを読んでトライしてください。

【参考記事】
(1)Microsoft Security Essentialsインストール手順書
(2)Windowsのセキュリティ対策について
(3)ウイルス対策ソフトその後

【MSEインストール手順書(XP編)】 
①下記アドレスのホームページを開く
http://www.microsoft.com/security_essentials/ を開く

b0190726_17212049.jpg②左の画面が出たら[今すぐダウンロード]をクリック
(画像をクリックすると拡大画像が表示されます) 


b0190726_17321835.jpg③言語が日本語であることを確認し、該当するオペレーティングシステム(OS)(XPの場合は[Windows XP(32ビット)])をクリックします。


b0190726_18365984.jpg注意 セキュリティ保護のためにダウンロードがブロックされた場合は帯状にコメントが出ますので、そのコメントの帯の部分をクリックします。出てきたメニューの[ファイルのダウンロード]をクリックします。手順②の画面に戻りますので再度手順②から実行してください。


b0190726_17393341.jpg④[実行]をクリック


b0190726_17451981.jpg⑤ダウンロードが始まる。


b0190726_1748196.jpg⑥[実行する]をクリック


b0190726_17492481.jpg⑦[次へ]をクリック


⑧[同意します]をクリック


⑨[検証]をクリック(パソコンが正規のものか検証します)
このステップは出ない場合もあります。


b0190726_1752414.jpg⑩検証の結果OKの場合左の画面がでるので[インストール]をクリック
(正規品でない場合はインストールできません)


⑪インストールが始まり、終了すると次の画面が出ます。


b0190726_175830100.jpg⑫[完了]をクリックしてインストールを終了する。


b0190726_1919949.jpgb0190726_1831031.jpg⑬インストールが終了すると、引き続き定義ファイルが更新され、ウイルススキャン(ウイルス等の脅威の有無をチェック)が自動的に実行される。パソコンに保存されているファイルによっては長時間かかることがあるので、次の手順⑭の画面が出るまでじっくり待つ。
下の画面はスキャン終了時です。ウイルス等の脅威は発見されなかったの例です。


b0190726_19261258.jpg⑭ホームタブ
スキャンが終了した今の状態が表示される。
これでMSEのインストールとスキャンを完了しました。
閉じて終了してください。


注意:手順⑬以降でおかしな状態になりましたら、パソコンを再起動してください)

 以上    

# by pc-otasukeman | 2010-10-24 22:22 | Comments(14)

MSEのインストール手順の詳細編25日投稿します

23日と24日は充電日です。
MSEのインストール手順書の詳細編を25日に投稿します。
Aさんへ
インストールをトライして駄目でしたら25日までお待ちください。

# by pc-otasukeman | 2010-10-23 22:31 | Comments(0)

注目!アンインストールはどのようにするの?

Aさんへ
下記を参考にしてMSEをインストールしてください

Microsoft Security Essentialsインストール手順書

昨日の投稿に対して、Aさんからの質問です。
「①番のアンインストールはどうやるのでしょうか?」

この機会にプログラムのアンインストール(削除)で注目して頂きたいことがありますので、それを含めてアンインストール手順書を作りました。ウイルス対策ソフトを替えるときは古いソフトのアンインストールが必要です。ご参考にしてください。

最近、気付いたことですが、
①アプリケーションソフトをインストールすると、そのソフトを削除するツールも一緒にインストールされているということと、

②削除ツール付きのプログラムを削除するときは、このツールを使わないと完璧に削除することができないということです。

今まで、コントロールパネルにある「プログラムの削除機能」で削除していましたが、プログラムの断片が残ってしまうこともあるようです。この場合、削除ツールも機能しなくなり、プログラムの断片は削除出来なくなってしまいます。
 [ウイルスバスター2008のアンインストール奮戦記] (9月18日投稿)は良い例です。
(その時はまだ、上記のことに気付いていませんでした)

『削除ツールがあるソフトはそのツールでアンインストールすること』が重要のようです。

【プログラムのアンインストール手順書】
(画像をクリックすると拡大画像が出てきます。画像はXPの例です)

①[スタート]ボタンをクリックし、[すべてのプログラム]をポイントするとプログラムリストが出てきます。削除したいプログラムがフォルダーでなければ、削除ツールはインストールされていませんので、手順④へ進んでください。


d0181824_12254758.jpg②フォルダーがある場合はそのフォルダを開きます。(左の画像)
(XPはマウスポインタを合わせると開きますし、Vistaやセブンはクリックすれば開きます)
その中に「アンインストーラ」とか「○○アンインストーラ」とか「○○の削除」があれば、それが削除ツールです。削除ツールが見つからなければ手順④へ進んでください。


③削除ツールをクリックしてアンインストールを実行します。
(画面の指示に従って操作してください)
完了したら手順⑦へ進んでください。


d0181824_12353173.jpg④[スタート]ボタンをクリックし、出てきたメニューの[コントロールパネル]をクリックしてコントロールパネルの画面を出します。


⑤XPは[プログラムの追加と削除]を、セブン(Vistaも?)は[プログラム][プログラムと機能]をクリックして画面を出します。


d0181824_1237382.jpg⑥出てきた画面にはインストールされているプログラム一覧が出てきますので、削除するプログラムを探してクリックします。XPの場合は[変更と削除]のボタンをクリック、セブン(Vistaも?)の場合リストの上のバーに[アンインストール]または[アンインストールと変更]のボタンが出てきますのでこれをクリックしてください。
以降は画面の指示に従ってアンインストールを進めてください。


⑦アンインストールが完了しましたら、パソコンを再起動(電源を切り、再度電源を入れる)してください。

⑧[スタート]ボタンをクリックし、すべてのプログラムのリストから消えていることを確認してください。

以上です。

# by pc-otasukeman | 2010-10-22 13:04 | Comments(12)

Aさんの相談にお答えします。

【相談内容】
実は・pcをonにした時にいつも右下に出るものがあります。
それは
「コンピューターが危険にさらされている可能性があります
Windows Live One Care が最新の状態ではない可能性があります」
という吹き出しです。契約が切れてからです。
吹き出しは数分経つと消えますが、このままにして置いても宜しいでしょうか?

【お答え】
この吹き出しはパソコンの安全を監視しているセキュリティセンタが出している警告です。
「Windows Live One Care」はAさんのパソコンにインストールされているウイルス対策ソフトですが、今はサービスを終了しているものです。従って、ウイルスの定義ファイルが更新されていませんから「最新の状態でない」という警告が出たのです。言い換えれば「サービス終了後に発生したコンピューターウイルスは検出できない状態ですから注意してください」と警告しているのです。

d0181824_9395614.jpg左の画像は私のXPの立ち上げ時に出る警告です。
XPにはウイルス対策ソフトMicrosoft Security Essentials(MSE)がインストールされていますが、電源ONし、MSEが有効に機能するまでの少しの間表示されています。
(説明はAさんのパソコンに合わせてXPの場合です)

【対策方法】
「Windows Live One Care」はMSEにバトンタッチされるものですから、まず、「Windows Live One Care」をアンインストール(プログラムの削除)し、MSEをインストールしてください。

【手順】
①「Windows Live One Care」をアンインストールする。
[スタート]-[コントロールパネル]-[プログラムの追加と削除]と進め、プログラムリストにある「Windows Live One Care」を選択し、[変更と削除]をクリックします。

②パソコンの電源を一旦切り再度電源を入れてください。
今度は今までの警告とは違っている筈です。同じ警告でしたら、アンインストールが完了していませんので、もう一度①を実行してください。
①が実行できないときはコメントでお知らせください。

③MSEをインストールする、
インストールは資料室にある手順書を見て行ってください。
Microsoft Security Essentialsインストール手順書

以上です。少しでもおかしなことがありましたらコメントでお知らせください。

【相談室の投稿テーマ募集中です]コメントでお寄せください。
【ご提案のあったテーマ】
(1)「ワード」と「エクセル」の基本
(2)ブログ作成に使われるコンピュータ言語の基本
(3)ブログ投稿のマナー
(4)パソコンのメンテナンス

# by pc-otasukeman | 2010-10-21 09:59 | Comments(3)